マツダが「デミオ」のガソリンエンジンを1.5リッター化

2018.08.31 自動車ニュース
「マツダ・デミオXDツーリングLパッケージ」
「マツダ・デミオXDツーリングLパッケージ」拡大

マツダは2018年8月30日、コンパクトカー「デミオ」に一部改良を実施するとともに、特別仕様車「Mist Maroon(ミストマルーン)」を設定し、販売を開始した。

 
マツダが「デミオ」のガソリンエンジンを1.5リッター化の画像拡大
 
マツダが「デミオ」のガソリンエンジンを1.5リッター化の画像拡大
「デミオXDミストマルーン」
「デミオXDミストマルーン」拡大
 
マツダが「デミオ」のガソリンエンジンを1.5リッター化の画像拡大
 
マツダが「デミオ」のガソリンエンジンを1.5リッター化の画像拡大

走りのよさはもちろん実燃費の改善にも寄与

今回の改良では、日常のさまざまな走行シーンにおいて「ゆとりのあるスムーズな走り」の実現を目指し、ガソリンエンジン車の排気量を1.3リッターから1.5リッターに拡大。アクセルの踏み込み量やシフトダウンの頻度を抑えることで、実用領域における燃費の向上にも貢献しているという。

また、フロントウィンドウには新たに紫外線および赤外線を遮断する「スーパーUVカットガラス・IRカットガラス」を採用。車内空間の快適性を向上させた。

価格は139万3200円から227万8800円。

個性的な内装が魅力の特別仕様車も

今回発売された特別仕様車のミストマルーンは、個性的なインテリアデザインを特徴とする「Style Collection(スタイルコレクション)」シリーズの第6弾であり、洗練された色とこだわりの素材を通して、上質な大人の世界観を表現したという。

ドアトリムやインストゥルメントパネルの助手席側、シートの表皮には、肌触りのよいスエード調人工皮革の「グランリュクス」を使用。シートにも肌触りのよいキルティングを施している。インテリアカラーはディープレッドで、各所にブルーグレーのステッチを採用している。

価格は以下の通り。

  • 15Sミストマルーン(FF):178万2000円
  • 15Sミストマルーン(4WD):198万7200円
  • XDミストマルーン(FF):206万2800円
  • XDミストマルーン(4WD):226万8000円

(webCG)

関連キーワード:
デミオ, マツダ, 自動車ニュース

マツダ デミオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • 日産が「GT-R NISMO」2020年モデルの価格を発表 「トラックエディション」もブラッシュアップされて登場 2019.7.25 自動車ニュース 日産自動車は2019年7月24日、「GT-R NISMO」と「GT-Rトラックエディションengineered by NISMO」の、2020年モデルの価格を発表した。トラックエディションは、標準車の「GT-R」ほぼそのままのフォルムに、GT-R NISMOの足まわりと高剛性ボディーを融合した仕様となる。
ホームへ戻る