マツダが「デミオ」のガソリンエンジンを1.5リッター化

2018.08.31 自動車ニュース
「マツダ・デミオXDツーリングLパッケージ」
「マツダ・デミオXDツーリングLパッケージ」拡大

マツダは2018年8月30日、コンパクトカー「デミオ」に一部改良を実施するとともに、特別仕様車「Mist Maroon(ミストマルーン)」を設定し、販売を開始した。

 
マツダが「デミオ」のガソリンエンジンを1.5リッター化の画像拡大
 
マツダが「デミオ」のガソリンエンジンを1.5リッター化の画像拡大
「デミオXDミストマルーン」
「デミオXDミストマルーン」拡大
 
マツダが「デミオ」のガソリンエンジンを1.5リッター化の画像拡大
 
マツダが「デミオ」のガソリンエンジンを1.5リッター化の画像拡大

走りのよさはもちろん実燃費の改善にも寄与

今回の改良では、日常のさまざまな走行シーンにおいて「ゆとりのあるスムーズな走り」の実現を目指し、ガソリンエンジン車の排気量を1.3リッターから1.5リッターに拡大。アクセルの踏み込み量やシフトダウンの頻度を抑えることで、実用領域における燃費の向上にも貢献しているという。

また、フロントウィンドウには新たに紫外線および赤外線を遮断する「スーパーUVカットガラス・IRカットガラス」を採用。車内空間の快適性を向上させた。

価格は139万3200円から227万8800円。

個性的な内装が魅力の特別仕様車も

今回発売された特別仕様車のミストマルーンは、個性的なインテリアデザインを特徴とする「Style Collection(スタイルコレクション)」シリーズの第6弾であり、洗練された色とこだわりの素材を通して、上質な大人の世界観を表現したという。

ドアトリムやインストゥルメントパネルの助手席側、シートの表皮には、肌触りのよいスエード調人工皮革の「グランリュクス」を使用。シートにも肌触りのよいキルティングを施している。インテリアカラーはディープレッドで、各所にブルーグレーのステッチを採用している。

価格は以下の通り。

  • 15Sミストマルーン(FF):178万2000円
  • 15Sミストマルーン(4WD):198万7200円
  • XDミストマルーン(FF):206万2800円
  • XDミストマルーン(4WD):226万8000円

(webCG)

関連キーワード:
デミオ, マツダ, 自動車ニュース

マツダ デミオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
ホームへ戻る