ここ日本でも実はひそかに絶好調!
“C3景気”にわくシトロエンの次なる一手を探る

2018.09.03 デイリーコラム

いまや新しいシトロエンの顔

熱烈なファンを持つ一方で、あくまでニッチな存在だったフランス車が、このところ日本で販売好調だ。もっとも、ジャーマンブランドが幅を利かせるこの国の輸入車市場では、昨年(2017年)において“最も販売台数の多いフレンチ”だったプジョーでさえ、その数は1万台に満たない8242台。シェアは2.35%にすぎない。しかしながら、小さくとも台数を着実に増やしているのは確かなのだ。中でも特に大きな成長を見せたのがシトロエンで、前年比156.9%となる3152台を販売し、今年の1月~7月の成績も前年比127.9%の2051台と順調な推移を見せている。

シトロエンといえば、多くの人が「2CV」「DS」「BX」などといった、過去の個性派モデルたちを思い浮かべることだろう。現在はラインナップが絞られたこともあり、選択肢はコンパクトハッチバックの「C3」と「C4」、そして小型MPVの「C4ピカソ」「グランドC4ピカソ」のたった4車種しかない。それでありながら、近年急激に販売が上向いているのだ。そのけん引役が、昨年7月に販売を開始した新型C3だ。昨年の導入から今年7月までに2553台、今年1月~7月末までに1429台を販売している。今年だけの数字を見ると販売台数の71%をこのモデルが占めることになり、いまや日本での新たなシトロエンの顔となっているのだ。

2017年7月に催された、新型「シトロエンC3」発表会の様子。クルマの横に立つのは、プジョー・シトロエン・ジャポンのクリストフ・プレヴォ社長。
2017年7月に催された、新型「シトロエンC3」発表会の様子。クルマの横に立つのは、プジョー・シトロエン・ジャポンのクリストフ・プレヴォ社長。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る