「ルノー・トゥインゴGT」に日本専用の白い限定車

2018.09.06 自動車ニュース
「ルノー・トゥインゴGTブラン」
「ルノー・トゥインゴGTブラン」拡大

ルノー・ジャポンは2018年9月6日、「トゥインゴGT」に特別仕様車「ブラン」を設定し、販売を開始した。

 
「ルノー・トゥインゴGT」に日本専用の白い限定車の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴGT」に日本専用の白い限定車の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴGT」に日本専用の白い限定車の画像拡大

今回の特別仕様車は、109psのエンジンを搭載した「トゥインゴ」の高性能グレード、GTをベースに外装をドレスアップした限定モデルである。

ボディーカラーは「ブラン クリスタル」(ソリッドホワイト)で、各所にブラックのストライプやブラックデカールを採用。なお、このボディーカラーとデカールの組み合わせは、日本専用にデザインされたものとなっている。

このほかにも、特別装備として車線逸脱警報(LDW)が採用されている。

販売台数はMT仕様が50台、デュアルクラッチ式ATのEDC仕様が100台。価格は前者が229万円、後者が239万円。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
ホームへ戻る