自動車の“サービス化”はもはや必然!
変革の時代に完成車メーカーがとるべき戦略とは

2018.09.10 デイリーコラム

消費者のニーズに応えられていない“自家用車”

日本では、自動運転や電気自動車(EV)の企業間競争において、“技術力”こそが勝利するための最大の要素だと考えられているように見える。実際、「自動運転」「遅れ」などのキーワードでインターネット検索をすると、自動運転の技術レベルで日本が欧米に遅れているのではないか、と懸念する記事がいくつも出てくる。

しかし、次世代のモビリティーを考えるうえで、自動運転やEVなどの技術力は手段に過ぎない。本当に重要なのは、そうした技術を使って生み出す商品やサービスの“価値”であって、極端にいえば、自動運転車だろうとEVだろうと、消費者がその価値を認めなければ何の意味もない。詳しくは拙著『EVと自動運転 ~クルマをどう変えるか』をご覧いただきたいのだが、この“価値”を生み出す力という点において、現代のクルマ、そして自動車メーカーは消費者の要求にまったく応えられていない。

現代の消費者は、居ながらにして買い物ができるアマゾンの通販サービスや、レンタル店に足を運ぶことなく映画を視聴できるネットフリックスなどの動画配信サービスの便利さに慣れている。こうしたサービスが提供する「いつでも」「どこでも」「誰でも」「すぐに」「簡単に」「多様な選択肢の中から」「安く」といった価値に比べると、クルマは「いつでも」「どこでも」「すぐに」使えるわけではなく、「誰でも」「簡単に」扱えるわけでもなく、購入後は「多様な選択肢の中から」選ぶことができず、しかもデフレ経済の日本にあって年々価格が上昇するなど、「安く」という観点でも落第の商品である。

『EVと自動運転 ~クルマをどう変えるか』(鶴原吉郎著 岩波新書)
『EVと自動運転 ~クルマをどう変えるか』(鶴原吉郎著 岩波新書)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事