メルセデス、435psを誇る「AMG 53シリーズ」の受注を開始

2018.09.06 自動車ニュース
日本発売をアナウンスした会場「メルセデス ミー東京」に展示された「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」
日本発売をアナウンスした会場「メルセデス ミー東京」に展示された「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2018年9月6日、最高出力435psの新型直列6気筒ターボエンジンを搭載した新シリーズを、「Eクラス セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ」と「CLS」に設定。同日、注文受け付けを開始した。

エクステリアにも専用デザインを数多く採用する「53シリーズ」。フロントバンパー後方のエアアウトレットや固定式のリアスポイラーなども専用装備となる(写真は「CLS53 4MATIC+」)。
エクステリアにも専用デザインを数多く採用する「53シリーズ」。フロントバンパー後方のエアアウトレットや固定式のリアスポイラーなども専用装備となる(写真は「CLS53 4MATIC+」)。拡大
大型メーターには、前後/横方向の加速度表示、エンジン出力やトルク表示、過給圧などのAMG専用メニューも表示される。
大型メーターには、前後/横方向の加速度表示、エンジン出力やトルク表示、過給圧などのAMG専用メニューも表示される。拡大
「CLS53 4MATIC+」は、ハイグロスブラックの20インチAMG 5ツインスポークアルミホイールを採用。タイヤサイズは前:245/35R20、後ろ:275/30R20。
「CLS53 4MATIC+」は、ハイグロスブラックの20インチAMG 5ツインスポークアルミホイールを採用。タイヤサイズは前:245/35R20、後ろ:275/30R20。拡大
発表会にはメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎 代表取締役社長兼CEOが登壇。新導入の「53シリーズ」の紹介とともに、今年導入した新型車や「シェアカー・プラス」などの顧客サービスが好調であることを紹介した。
発表会にはメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎 代表取締役社長兼CEOが登壇。新導入の「53シリーズ」の紹介とともに、今年導入した新型車や「シェアカー・プラス」などの顧客サービスが好調であることを紹介した。拡大

イリジウムシルバーの「E53 4MATIC+」。E53では全7色が用意され、スタンダードなメタリックペイントも無償となる。

 


	イリジウムシルバーの「E53 4MATIC+」。E53では全7色が用意され、スタンダードなメタリックペイントも無償となる。

	 
	拡大

「S450」比で+68psを達成

今回日本に導入された「メルセデスAMG 53シリーズ」は、今年のNAIAS(北米国際自動車ショー=通称デトロイトモーターショー)で発表されたばかりの新しい3リッター直6エンジンを搭載するラインナップだ。従来の「同43シリーズ」(3リッターV6)と「同63シリーズ」(4リッターV8)の間を埋めるシリーズとして開発された。53シリーズのパワーユニットのベースとされたのは約20年ぶりに復活したメルセデスの新世代直6。ちなみにこのベースエンジン、ひと足先に日本でも発売された「S450」に搭載済みだ。

社内で「M256」と呼ばれる、53シリーズのベースとなった直6ターボエンジンは、電動化を前提に開発。モジュール化も進んでおり、同じハイブリッドシステムを採用した直4エンジンや、排気量の異なる直6エンジンも容易に開発できるなど、拡張性の高さも注目のポイントだ。

そのスペックも申し分ない。「ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)」と48V電気システム、さらには電動スーパーチャージャーを組み合わせ、S450に68ps、20Nm上乗せした435psの最高出力と、520Nmの最大トルクを発生する。このプラス分が「AMG」を名乗る根拠である。同時にメルセデスAMGのエンジンとしては、初めてハイブリッドシステムを搭載したパワーユニットでもあることもセリングポイントとなる。

エンジンとトランスミッションの間に配置されたISGは、最高出力16kW、最大トルク250Nmを発生する48Vシステムの電気モーターで、その名称からもわかるように、オルタネーターとスターターの機能を兼ねている。さらにこのエンジンには電動スーパーチャージャーも組み込まれており、特に低速域でターボチャージャーを補完する働きを電動スーパーチャージャーが行うことによって、全域で俊敏なエンジンレスポンスが味わえるという。

シャシーでは、可変トルク配分を行う四輪駆動システム「AMG 4MATIC+」を採用。前後トルク配分は50:50から0:100の範囲で可変し、0:100の状態ではFRモデルのような走りが味わえるという。さらに「AMG RIDE CONTROL+」と呼ばれるエアサスペンションも搭載。シチュエーションを選ぶことなく、快適な乗り心地とスポーティーさを両立させたとメルセデスは説明する。

インテリアでは、Eクラスや「Sクラス」の63シリーズにも採用されている「AMGパフォーマンスステアリングホイール」が装備される。ステアリングから手を放さずに、ナビゲーション の操作や車両の設定などが行える、「タッチコントロールボタン」や、「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付き)」のスイッチも備えられ、操作性や実用性を向上させている。

12.3インチのワイドディスプレイを採用したメーターでは、エンジンオイル温度やトランスミッションオイル温度、前後に加え横方向の加速度表示、エンジン出力やトルク表示、過給圧など、スポーツ走行を念頭に置いたAMG専用メニューも表示される。

ほかのメルセデスAMGモデルと同様に、自動で車線変更を行う(諸条件あり)アクティブレーンチェンジアシストや、衝突の危険を検知するとドライバーのステアリング操作をアシストし、危険回避後の車線復帰もサポートする「緊急回避補助システム」などを搭載するメルセデス自慢の運転支援システム「インテリジェントドライブ」も標準装備。「レーダーセーフティパッケージ」も最新バージョンが採用されている。

メルセデスAMG 53シリーズのラインナップと価格は以下の通り。

  • E53 4MATIC+:1202万円 
  • E53 4MATIC+ステーションワゴン:1239万円
  • E53 4MATIC+クーペ:1213万円 
  • E53 4MATIC+カブリオレ:1268万円 
  • CLS53 4MATIC+:1274万円

(webCG)
 

関連キーワード:
Eクラス カブリオレ, Eクラス クーペ, Eクラス ステーションワゴン, Eクラス セダン, CLSクーペ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス カブリオレ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.9.3 試乗記 2ドアクーペに続く、メルセデスAMGの独自開発モデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に公道で試乗。5mを超える大柄なボディーに、最高出力639PSの4リッターV8ツインターボを搭載した高性能4ドアモデルは、どんな走りを見せるのか。その出来栄えを確かめた。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
  • スズキ・カタナ(MR/6MT)【レビュー】 2019.8.21 試乗記 2018年にドイツで発表されるや、世界中のベテランライダーをアッと驚かせた新生「スズキ・カタナ」。その走りは、「カタナ」を名乗るのにふさわしいものなのか? オリジナルにも詳しい後藤 武が、新型の仕上がりを報告する。
ホームへ戻る