「スバルXV」のハイブリッドモデルが復活

2018.09.11 自動車ニュース
「スバルXVアドバンス」
「スバルXVアドバンス」拡大

スバルは2018年9月11日、同年10月に発表を予定している「XV」の改良モデルにマイルドハイブリッド機構「e-BOXER」を搭載した新グレード「アドバンス」を追加すると発表した。同日、アドバンスに関する情報を掲載する特設ウェブサイトを開設したほか、先行予約受注を開始した。

 
「スバルXV」のハイブリッドモデルが復活の画像拡大
 
「スバルXV」のハイブリッドモデルが復活の画像拡大

新グレードのアドバンスは、2リッター水平対向4気筒直噴自然吸気エンジン(最高出力145ps/最大トルク188Nm)をモーター(同13.6ps/同65Nm)でアシストするe-BOXERを搭載。JC08モードの燃費値は19.2km/リッターとなっている。

このほかアドバンス専用装備として、ブルーの内装や「ラグーンブルーパール」のボディーカラーを採用した。

(webCG)

関連キーワード:
XV, スバル, 自動車ニュース

スバル XV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】 2018.10.23 試乗記 現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • 新型「スバル・アウトバック」を写真で紹介 2014.4.18 画像・写真 ニューヨークで世界初公開された、新型「スバル・アウトバック」の姿を紹介する。
  • 「スバル・フォレスター」に特別仕様車「Xエディション」登場 アウトドアなどで役立つ装備が充実 2019.11.26 自動車ニュース スバルがフォレスターに特別仕様車「Xエディション」を設定。ガンメタリックのホイールやダークメッキの装飾パーツが採用されたエクステリアが特徴で、インテリアにもはっ水加工のシートやラゲッジフロアボードなどが採用されている。
ホームへ戻る