おめでとう25周年!
「スズキ・ワゴンR」の栄光の軌跡

2018.09.17 デイリーコラム

背の高い軽自動車のパイオニア

2018年8月30日、「スズキ・ワゴンR」に特別仕様車「25周年記念車」が設定された。その名が示すとおり、初代ワゴンRが発売されてから、25年が経過したことになる。

今は新車として売られるクルマの35%以上を軽自動車が占め、このうちの75%が、全高を1600mm以上に設定した背の高い車種だ。ワゴンRと同じスズキの「スペーシア」、そして「ホンダN-BOX」などは、国内販売の主力車種になる。特にN-BOXは、目下のところ国内販売の総合1位だ。

この今に通じる背の高い軽自動車の先駆けが、25年前、つまり1993年に発売された初代ワゴンRであった。

さらに過去にまでさかのぼると、1990年に「三菱ミニカトッポ」が発売されている。これも「トッポBJ」「トッポ」と車名を変えながら発展したが、車内の造りはベース車の「ミニカ」に近い。着座位置の高さも同程度で、背が高い割には低い位置に座ることになる。

したがって頭上に大きな空間のできる個性的な軽自動車ではあったが、座る位置が低いと、足が前方へ伸びてしまう。短い室内長でゆったり座ることはできなかった。

しかし、初代ワゴンRは、軽自動車の背を高くしたというより、ミニバンのサイズを小さくしたようなクルマであった。床と座面の間隔を大きく確保したから、座った時に乗員の足が前側へ伸びない。手前に引き寄せられ、短い室内長でも快適に座ることができた。

この室内設計はミニカトッポとは本質的に異なり、今の背の高い軽自動車やコンパクトカー、ミニバンと共通だ。

2018年8月30日に発売された「スズキ・ワゴンR」の「25周年記念車」。
2018年8月30日に発売された「スズキ・ワゴンR」の「25周年記念車」。拡大
1993年9月3日に発売された初代「ワゴンR」。
1993年9月3日に発売された初代「ワゴンR」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 「スズキ・ワゴンR」の安全装備が充実 新開発エンジン搭載車も登場 2019.12.25 自動車ニュース スズキが、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」の一部仕様を変更。衝突を回避する安全装備を充実させた。自然吸気モデルには新型「ハスラー」にも採用されている新開発エンジンを搭載し、2020年1月20日に発売する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • 後編:燃費自慢の“走り”を検証! ~エコな軽とコンパクト、その実像に迫る 2015.9.18 実力チェック! 人気の軽とコンパクト 先進的な環境技術が続々と開発され、クルマの燃費性能は日々進化。日本の軽自動車やコンパクトカーには、30km/リッターを超える燃費性能を有するものも少なくない。では、そうしたモデルの走りや乗り心地は、どうなのだろうか? 今回は“燃費自慢”の3台に試乗し、クルマとしての基本性能を確かめた。
ホームへ戻る