クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

実はF1への挑戦が目的だった!?
ルノー・スポールの歴史を振り返る

2018.09.24 デイリーコラム

ルノー・スポールの源流にある2つのチューナー

日本を代表するホットハッチ「ホンダ・シビック タイプR」と“ニュルFF市販車最速”の座をかけて競う「ルノー・メガーヌ ルノースポール(R.S.)」。その存在は、今や日本の自動車ファンの間でも広く知られている。「メガーヌ4」ベースの新型が登場したことで、心中穏やかではないホンダファンもいるに違いない。

昨年(2017年)の年間販売台数は7121台(日本自動車輸入組合発表値)と、ルノーにとって日本は依然としてニッチで小さな市場だが、それがハイパフォーマンスモデル「R.S.」に限ると話は一変。日本の販売実績は世界5位へと躍り出る。ルノーのハイパフォーマンスモデルが日本で高い人気を誇るのは、日本人好みのコンパクトで高性能なホットハッチであることも大きいのだろう。それらを送り出しているのが、同社のモータースポーツ活動や高性能モデルの開発を担う「ルノー・スポール」である。

ルノー・スポール誕生には、フランスのチューナーであるゴルディーニとアルピーヌの買収が、深く関係している。それぞれについて簡単に紹介すると、1937年にアメデ・ゴルディーニにより創業されたゴルディーニは、フランスを拠点にシムカと提携してモータースポーツ活動を行っていたチューナーであり、結果こそ残せなかったがF1参戦の経験も持つ。1956年にルノーと提携してからは、「ドーフィン ゴルディーニ」を皮切りに、代表作である「8ゴルディーニ」などを世に送り出した。ルノー傘下に収まったのは1969年のことである。

一方アルピーヌは、レーシングドライバーでルノーディーラーの経営者でもあったジャン・レデレにより、1955年に設立。自動車メーカー色が強く、ルノー車をベースとした独自のマシンを製作、販売していた。代表作はラリーで圧巻の強さを見せた「A110」である。このクルマが、このほどアルピーヌブランド復活の第1弾としてよみがえったことは、皆さんもよくご存じだろう。こちらも1973年にルノーの傘下へと収まり、ルノー・アルピーヌとなった。ルノーは、関係性の深い2社を傘下に収めることで、独立したモータースポーツ部門の設立を目指したのである。

現行型「ルノー・メガーヌ ルノースポール(R.S.)」。2017年9月のフランクフルトショーで世界初公開され、日本では2018年8月に発売された。
現行型「ルノー・メガーヌ ルノースポール(R.S.)」。2017年9月のフランクフルトショーで世界初公開され、日本では2018年8月に発売された。拡大
「メガーヌR.S.」のリアバッジ。ルノー・スポールはルノーの中でもモータースポーツ活動と高性能車の開発を担ってきた組織である。
「メガーヌR.S.」のリアバッジ。ルノー・スポールはルノーの中でもモータースポーツ活動と高性能車の開発を担ってきた組織である。拡大
1968年のモンテカルロラリーより、「ルノー8ゴルディーニ」。
1968年のモンテカルロラリーより、「ルノー8ゴルディーニ」。拡大
「アルピーヌA110」はラリーで無類の強さを発揮。1973年には、同年初開催された世界ラリー選手権において年間タイトルに輝いている。写真は同年のアクロポリスラリーでのもの。
「アルピーヌA110」はラリーで無類の強さを発揮。1973年には、同年初開催された世界ラリー選手権において年間タイトルに輝いている。写真は同年のアクロポリスラリーでのもの。拡大
ジャン・レデレ(左)とアメデ・ゴルディーニ(右)。
ジャン・レデレ(左)とアメデ・ゴルディーニ(右)。拡大
ルノー の中古車

F1の歴史を変えたルノーのターボエンジン

1976年に設立されたルノー・スポールには、ルノー・アルピーヌとゴルディーニでレースやラリーに関わった人々が集められており、これによりルノーのあらゆるモータースポーツ活動を統括する組織が生まれた。

設立の翌年、彼らは一気にモータースポーツの頂点であるF1世界選手権に挑む。当時のF1参戦チームは“レーシングコンストラクター”が中心で、すべてを自前でまかなうルノーのような例は、フェラーリと並んで珍しい存在だった。そんなルノーが武器として選び、メーカーのプライドをかけて取り組んだのがターボ技術である。3リッターの自然吸気エンジンを搭載していたライバルに対し、コンパクトで軽量、パワー面でも有利な1.5リッターのV6ターボで挑んだのだ。

ルノー初のF1マシンであり、当時誰も手をつけていなかったターボエンジンを搭載したマシン「RS01」は、1977年7月のイギリスGPでデビュー。ターボラグや耐久性などの問題から苦戦を強いられた当初は、白煙を吐く姿から「イエローティーポット」とやゆされた。しかしながら、次第にルノーのターボ技術は磨き上げられ、翌年に投入した「RS10」で初入賞、1979年には母国開催のフランスGPで初優勝を飾る。このシーズンのルノーの活躍こそが、F1ターボ時代の幕開けとなった。この間、1978年にはルマン24時間レースでもターボエンジンを積んだ「アルピーヌ・ルノーA442B」で優勝を果たしている。

このように、当初はルノーのモータースポーツ部門として発足したルノー・スポールだが、一方で高性能な市販車の開発にもしっかりと携わってきた。しかしながら、その名を掲げたモデルが登場するのは、実は割と最近のことである。彼らの名を冠した最初の市販車は、1995年に発表された「ルノースポール・スピダー」だ。ゴルディーニやアルピーヌに代わる新たなハイパフォーマンスモデルの名として、「ルノースポール」が採用されたのである。

F1参戦のために開発されたレーシングカーのプロトタイプ「アルピーヌ・ルノーA500」。1976年の写真である。
F1参戦のために開発されたレーシングカーのプロトタイプ「アルピーヌ・ルノーA500」。1976年の写真である。拡大
1977年のF1世界選手権に投入された「ルノーRS01」。類例のないターボ車での参戦は、当初はなかなか結果を残せなかった。
1977年のF1世界選手権に投入された「ルノーRS01」。類例のないターボ車での参戦は、当初はなかなか結果を残せなかった。拡大
1979年のフランスGPにおいて、表彰台の中央に立つジャン-ピエール・ジャブイーユ。
1979年のフランスGPにおいて、表彰台の中央に立つジャン-ピエール・ジャブイーユ。拡大
1980年のF1マシンに搭載された1.5リッターV6ターボエンジン。ヘッドに「RENAULT GORDINI」と書かれている。
1980年のF1マシンに搭載された1.5リッターV6ターボエンジン。ヘッドに「RENAULT GORDINI」と書かれている。拡大
1978年のルマン24時間レースで優勝した「アルピーヌ・ルノーA442B」。
1978年のルマン24時間レースで優勝した「アルピーヌ・ルノーA442B」。拡大

脈々と受け継がれるアグレッシブなクルマづくり

スピダーはピュアなオープン2シーターというユーザーを選ぶクルマだったが、2000年には「クリオ(日本名:ルーテシア)」にも、ルノースポールの名を冠した初のホットハッチ「R.S. 2.0」が登場。これにより、「実用的でありながら群を抜いた高性能車」という今のR.S.モデルの流れが誕生した。一方で、スピダーのように飛びぬけたモデルを投入することもままあり、同じく初代クリオをベースに、3リッターV6をミドシップ搭載した「クリオV6」などがその例にあたる。クリオV6は車名にこそ「R.S.」を含まないが、テールゲートにはその素性を示すべく、R.S.のエンブレムがしっかりと掲げられていた。

最後に、現在のルノー・スポールについて触れておこう。2016年、ルノー・スポールは組織の再編が行われ、モータースポーツ全般を受け持つ「ルノー・スポール・レーシング」と、市販車の開発を行う「ルノー・スポール・カーズ」の2つに分けられた。もちろん、モータースポーツ活動から市販車開発への技術フィードバックは、しっかりと行われている。そんなルノー・スポール・カーズが送り出す市販車は、ルノー・スポールによる独自開発が行われたコンプリートカー「R.S.」と、ルノー・スポールがチューニングを加えたスポーティーカー「GT」「GTライン」の大きく2つに分けられる。2017年の売上額は900万ユーロを超え、販売台数も5万台以上を記録。大メーカー、ルノーの中では小さな数字だが、しっかりと独立性を確保するだけの基盤は持っているといえるだろう。

ルノー・スポールの母体となったアルピーヌは、A110というピュアスポーツカーによりブランドが復活。現在のルノー・スポールの拠点であるディエップも、もともとはアルピーヌの本拠地だった。ゴルディーニについても、一時期「トゥインゴ」や「ウインド」などでグレードとして復活を果たした時期があるが、こうした例を挙げるまでもなく、彼らのチャレンジャースピリットが受け継がれていることは、ルノー・スポールのアグレッシブなクルマづくりに表れている。

(文=大音安弘/写真=ルノー/編集=堀田剛資)
 

「ルノースポール・スピダー」
「ルノースポール・スピダー」拡大
「ルノー・クリオR.S. 2.0」
「ルノー・クリオR.S. 2.0」拡大
「ルノー・クリオV6」
「ルノー・クリオV6」拡大
アルピーヌブランド復活の旗手となった新型「アルピーヌA110」(左)と、1960~1970年代にかけて活躍した“オリジナル”の「A110」(右)。
アルピーヌブランド復活の旗手となった新型「アルピーヌA110」(左)と、1960~1970年代にかけて活躍した“オリジナル”の「A110」(右)。拡大
ルノー・スポーツが拠点を構え、新型「アルピーヌA110」の生産も行われているディエップは、かつてアルピーヌが本拠地としていた場所である。
ルノー・スポーツが拠点を構え、新型「アルピーヌA110」の生産も行われているディエップは、かつてアルピーヌが本拠地としていた場所である。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ルノー の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。