クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ビューティフル&ダイナミック!
ボルボのデザインディレクターが新型「V60」を語る

2018.09.28 デイリーコラム

元は3ドアのデザインスタディー

「クルマに限らず、スプーンでもフォークでも椅子でも、プロダクトのデザインで大事なのはプロポーション。つまり“比率”なんです」と熱弁を振るうのは、新型「ボルボV60」のデザインを取りまとめたT.ジョン・メイヤー氏。誰の目にもハンサムに見える新型V60の、生みの親が言うのだから説得力もあるというものだ。

そのカッコよさの決め手はどこにあるのか? 氏によれば、典型的なFF車スタイルだった先代のプロポーションを捨て、新開発プラットフォームをベースによりFR車らしくしたこと――具体的にはフロントオーバーハングとホイールベースを長く取り、キャビンのポジションを後退させたのがポイント。これにより、やや“前のめり”な印象のあった先代に比べ、低い姿勢を保ちリラックスしているイメージも得られたという。

メイヤー氏は、米国フォード(2006-2011年)でカーデザイナーとしてのキャリアをスタートさせた。2011年にボルボに移籍してからは、デザインマネージャーあるいはリードデザイナーとして、7年間でコンセプトモデルを含む7車種の開発に関わった。新型V60の元となっているのは彼が2014年に描いた3ドアのデザインスタディー「ボルボ・コンセプト エステート」で、その流れをくむ2代目V60の取りまとめも必然的に担うことになった。

なるほど、道理でスタイリッシュなわけだ。いっそのことオリジナルの3ドア版をそのまま製品化する考えはなかったのですか? という意見に対しては、「そもそもコンセプト エステートは5ドアの新型V60を前提にしたものですから……」と困惑しながらも「3ドア、いいですよね。シューティングブレークの形でかっこいい! と言っていただけるのはありがたいです」と笑顔を見せた。

そう、ワゴンのV60では実用性も最重要課題だ。実際に新型は「先代V60よりもむしろ(大きくてワゴンらしいキャラクターの)『V70』の後を継ぐクルマ」とも説明されている。実用性とスポーティーさの両立。そのためにメイヤー氏は、荷室に近いリアクオーター部の面に「力いっぱい引かれた弓が放たれる際の、引っ張り感や緊張感」を表現したという。ボディーサイドのシャープなキャラクターラインや、ドアパネルの絞り込み、フロントのロワグリルも躍動感を生み出す意匠だが、このためリアのドアヒンジを下方に移設し、ラジエーターのレイアウトを工夫するなど、内部構造の設計変更に骨を折ったそうだ。

新型「ボルボV60」と、そのデザインを担当したT.ジョン・メイヤー氏。
新型「ボルボV60」と、そのデザインを担当したT.ジョン・メイヤー氏。拡大
新型「V60」のサイドビュー。ヘッドランプから後方に伸びるショルダーラインとリアフェンダー上部のキャラクターラインで躍動感が表現されている。
新型「V60」のサイドビュー。ヘッドランプから後方に伸びるショルダーラインとリアフェンダー上部のキャラクターラインで躍動感が表現されている。拡大
「V60」のデザインスタディーとなった成功作「コンセプト エステート」について解説するメイヤー氏。この時点では3ドアモデルとしてデザインスケッチが描かれていた。
「V60」のデザインスタディーとなった成功作「コンセプト エステート」について解説するメイヤー氏。この時点では3ドアモデルとしてデザインスケッチが描かれていた。拡大
2017年10月からボルボのデザイン部門のシニアディレクターを務めるT.ジョン・メイヤー氏。現在は世界3カ所(スウェーデン・ヨーテボリ、米国・カリフォルニア、中国・上海)にあるボルボのデザインセンターのうち、米国の施設に在籍している。
2017年10月からボルボのデザイン部門のシニアディレクターを務めるT.ジョン・メイヤー氏。現在は世界3カ所(スウェーデン・ヨーテボリ、米国・カリフォルニア、中国・上海)にあるボルボのデザインセンターのうち、米国の施設に在籍している。拡大
ボルボ V60 の中古車

デザイナーにとってチャレンジング

そうして完成した新型V60はパッと見、先行デビューした上級ワゴン「V90」によく似ている。もちろん違う車種である以上、フロントグリルやヘッドランプ、リアコンビランプ、サイドのキャラクターラインなど、ディテールの違いはたくさん挙げられるが……かくも見た目が“そっくりさん”だと、ユーザーから飽きられてしまう恐れはないだろうか?

「デザインランゲージを車種間で統一すべきか、それとも別々にするかということは、これまで常に考えられてきた大きな問題なんです」としながらも、メイヤー氏は、ことV60についてはネガティブな側面はないという。

「ボルボのようなさほど規模の大きくないメーカーにとって、それぞれの車種を兄弟のように見せて一貫したブランドイメージを構築するのは、大事なことなのです。現実には、V90は“子どもが独立した熟年層”、V60は“若い家族”というように、それぞれの客層やライフステージは異なりますから、個々のユーザーに飽きられてしまうということはないのです」

では、デザイナーであるメイヤー氏自身は? 退屈に感じたり、フラストレーションになるようなことは……?
「いえ、プラットフォームが同じで、しかもブラザーのように見せなければならないクルマ同士で違いを出すというのは、デザイナーとしてむしろチャレンジングなことですよ(笑)」

そんなメイヤー氏にとってのカーデザインの理想は、「ピュアで、シンプルで、ビューティフルで、かつダイナミックであること」。そしてそれは、目の前にある新型V60でもしっかり表現できているように思える。新型V60は、さぞや会心の作品なのでしょう、と思いきや、セダン「S60」の新型や電動車「ポールスター1」のほうがお気に入りであるらしい。ちなみに、メイヤー氏が一番好きなデザインのクルマは、“最後の空冷ポルシェ”となった「911カレラ」の「タイプ993」だそうだ。

「将来的な商品計画に関わることは何も言えない」と断りながらも、「これから電動化や自動運転といった課題に取り組む中で、自動車は変わっていくでしょう。そうした世の動きに合わせて、カーデザインも変化するはず」と語るメイヤー氏。これからどんな新型ボルボが出てくるのか、楽しみに待ちたい。

(文と写真=関 顕也)

「V90」(写真左)と「V60」(同右)のスライドを前に、デザインの共通点と相違点を解説するメイヤー氏。後発のV60の方がより洗練されていると説明する。
「V90」(写真左)と「V60」(同右)のスライドを前に、デザインの共通点と相違点を解説するメイヤー氏。後発のV60の方がより洗練されていると説明する。拡大
車体中央に向かってクサビ形の突起が設けられた「V60」のヘッドランプ。目頭を思わせるディテールで、より人間的なイメージが表現されている。
車体中央に向かってクサビ形の突起が設けられた「V60」のヘッドランプ。目頭を思わせるディテールで、より人間的なイメージが表現されている。拡大
ボルボのデザインスタジオにおける作業風景(説明用のスライド資料から)。かつてフォードにも在籍したメイヤー氏は、「デジタルでの設計が非常に進んでいる」とボルボの開発環境を評する。
ボルボのデザインスタジオにおける作業風景(説明用のスライド資料から)。かつてフォードにも在籍したメイヤー氏は、「デジタルでの設計が非常に進んでいる」とボルボの開発環境を評する。拡大
日本では2018年9月25日にデビューした2代目「ボルボV60」。本国では、これをベースとするクロスオーバーモデル「V60クロスカントリー」の新型も発表されている。
日本では2018年9月25日にデビューした2代目「ボルボV60」。本国では、これをベースとするクロスオーバーモデル「V60クロスカントリー」の新型も発表されている。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ V60 の中古車
関連キーワード
V60ボルボ
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。