ビューティフル&ダイナミック!
ボルボのデザインディレクターが新型「V60」を語る

2018.09.28 デイリーコラム

元は3ドアのデザインスタディー

「クルマに限らず、スプーンでもフォークでも椅子でも、プロダクトのデザインで大事なのはプロポーション。つまり“比率”なんです」と熱弁を振るうのは、新型「ボルボV60」のデザインを取りまとめたT.ジョン・メイヤー氏。誰の目にもハンサムに見える新型V60の、生みの親が言うのだから説得力もあるというものだ。

そのカッコよさの決め手はどこにあるのか? 氏によれば、典型的なFF車スタイルだった先代のプロポーションを捨て、新開発プラットフォームをベースによりFR車らしくしたこと――具体的にはフロントオーバーハングとホイールベースを長く取り、キャビンのポジションを後退させたのがポイント。これにより、やや“前のめり”な印象のあった先代に比べ、低い姿勢を保ちリラックスしているイメージも得られたという。

メイヤー氏は、米国フォード(2006-2011年)でカーデザイナーとしてのキャリアをスタートさせた。2011年にボルボに移籍してからは、デザインマネージャーあるいはリードデザイナーとして、7年間でコンセプトモデルを含む7車種の開発に関わった。新型V60の元となっているのは彼が2014年に描いた3ドアのデザインスタディー「ボルボ・コンセプト エステート」で、その流れをくむ2代目V60の取りまとめも必然的に担うことになった。

なるほど、道理でスタイリッシュなわけだ。いっそのことオリジナルの3ドア版をそのまま製品化する考えはなかったのですか? という意見に対しては、「そもそもコンセプト エステートは5ドアの新型V60を前提にしたものですから……」と困惑しながらも「3ドア、いいですよね。シューティングブレークの形でかっこいい! と言っていただけるのはありがたいです」と笑顔を見せた。

そう、ワゴンのV60では実用性も最重要課題だ。実際に新型は「先代V60よりもむしろ(大きくてワゴンらしいキャラクターの)『V70』の後を継ぐクルマ」とも説明されている。実用性とスポーティーさの両立。そのためにメイヤー氏は、荷室に近いリアクオーター部の面に「力いっぱい引かれた弓が放たれる際の、引っ張り感や緊張感」を表現したという。ボディーサイドのシャープなキャラクターラインや、ドアパネルの絞り込み、フロントのロワグリルも躍動感を生み出す意匠だが、このためリアのドアヒンジを下方に移設し、ラジエーターのレイアウトを工夫するなど、内部構造の設計変更に骨を折ったそうだ。

新型「ボルボV60」と、そのデザインを担当したT.ジョン・メイヤー氏。
新型「ボルボV60」と、そのデザインを担当したT.ジョン・メイヤー氏。拡大
新型「V60」のサイドビュー。ヘッドランプから後方に伸びるショルダーラインとリアフェンダー上部のキャラクターラインで躍動感が表現されている。
新型「V60」のサイドビュー。ヘッドランプから後方に伸びるショルダーラインとリアフェンダー上部のキャラクターラインで躍動感が表現されている。拡大
「V60」のデザインスタディーとなった成功作「コンセプト エステート」について解説するメイヤー氏。この時点では3ドアモデルとしてデザインスケッチが描かれていた。
「V60」のデザインスタディーとなった成功作「コンセプト エステート」について解説するメイヤー氏。この時点では3ドアモデルとしてデザインスケッチが描かれていた。拡大
2017年10月からボルボのデザイン部門のシニアディレクターを務めるT.ジョン・メイヤー氏。現在は世界3カ所(スウェーデン・ヨーテボリ、米国・カリフォルニア、中国・上海)にあるボルボのデザインセンターのうち、米国の施設に在籍している。
2017年10月からボルボのデザイン部門のシニアディレクターを務めるT.ジョン・メイヤー氏。現在は世界3カ所(スウェーデン・ヨーテボリ、米国・カリフォルニア、中国・上海)にあるボルボのデザインセンターのうち、米国の施設に在籍している。拡大
ボルボ V60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.27 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」のラインナップで、最も高性能な「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」に試乗。2リッター直4エンジンにターボとスーパーチャージャー、そして電動モーターを組み合わせた、“全部乗せ”400PSオーバーPHVの走りとは?
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボV60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.1 試乗記 ワゴンとしての魅力を磨いた現行型「ボルボV60」。そのプラグインハイブリッドモデルが、いよいよ日本の道を走り始めた。ボルボの世界戦略を担う電動パワートレインと伝統的なエステートスタイルとの組み合わせを、中間グレードの「T6インスクリプション」で試す。
  • 新型「シトロエンC4」がデビュー ピュアEVの「e-C4-100%エレクトリック」も登場 2020.6.30 自動車ニュース 仏シトロエンは2020年6月30日(現地時間)、Cセグメントハッチバック車の新型「C4」および100%電気自動車(EV)の「e-C4-100%エレクトリック」を発表した。
  • ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.30 試乗記 順次、全モデルをモーター付きにするというボルボの電動化戦略。その意欲的な計画を支える一台が、セールス好調のSUV「XC60」にも設定された。最新のマイルドハイブリッドシステムを搭載する「XC60 B5」、その走りやいかに?
ホームへ戻る