ビューティフル&ダイナミック!
ボルボのデザインディレクターが新型「V60」を語る

2018.09.28 デイリーコラム

元は3ドアのデザインスタディー

「クルマに限らず、スプーンでもフォークでも椅子でも、プロダクトのデザインで大事なのはプロポーション。つまり“比率”なんです」と熱弁を振るうのは、新型「ボルボV60」のデザインを取りまとめたT.ジョン・メイヤー氏。誰の目にもハンサムに見える新型V60の、生みの親が言うのだから説得力もあるというものだ。

そのカッコよさの決め手はどこにあるのか? 氏によれば、典型的なFF車スタイルだった先代のプロポーションを捨て、新開発プラットフォームをベースによりFR車らしくしたこと――具体的にはフロントオーバーハングとホイールベースを長く取り、キャビンのポジションを後退させたのがポイント。これにより、やや“前のめり”な印象のあった先代に比べ、低い姿勢を保ちリラックスしているイメージも得られたという。

メイヤー氏は、米国フォード(2006-2011年)でカーデザイナーとしてのキャリアをスタートさせた。2011年にボルボに移籍してからは、デザインマネージャーあるいはリードデザイナーとして、7年間でコンセプトモデルを含む7車種の開発に関わった。新型V60の元となっているのは彼が2014年に描いた3ドアのデザインスタディー「ボルボ・コンセプト エステート」で、その流れをくむ2代目V60の取りまとめも必然的に担うことになった。

なるほど、道理でスタイリッシュなわけだ。いっそのことオリジナルの3ドア版をそのまま製品化する考えはなかったのですか? という意見に対しては、「そもそもコンセプト エステートは5ドアの新型V60を前提にしたものですから……」と困惑しながらも「3ドア、いいですよね。シューティングブレークの形でかっこいい! と言っていただけるのはありがたいです」と笑顔を見せた。

そう、ワゴンのV60では実用性も最重要課題だ。実際に新型は「先代V60よりもむしろ(大きくてワゴンらしいキャラクターの)『V70』の後を継ぐクルマ」とも説明されている。実用性とスポーティーさの両立。そのためにメイヤー氏は、荷室に近いリアクオーター部の面に「力いっぱい引かれた弓が放たれる際の、引っ張り感や緊張感」を表現したという。ボディーサイドのシャープなキャラクターラインや、ドアパネルの絞り込み、フロントのロワグリルも躍動感を生み出す意匠だが、このためリアのドアヒンジを下方に移設し、ラジエーターのレイアウトを工夫するなど、内部構造の設計変更に骨を折ったそうだ。

新型「ボルボV60」と、そのデザインを担当したT.ジョン・メイヤー氏。
新型「ボルボV60」と、そのデザインを担当したT.ジョン・メイヤー氏。拡大
新型「V60」のサイドビュー。ヘッドランプから後方に伸びるショルダーラインとリアフェンダー上部のキャラクターラインで躍動感が表現されている。
新型「V60」のサイドビュー。ヘッドランプから後方に伸びるショルダーラインとリアフェンダー上部のキャラクターラインで躍動感が表現されている。拡大
「V60」のデザインスタディーとなった成功作「コンセプト エステート」について解説するメイヤー氏。この時点では3ドアモデルとしてデザインスケッチが描かれていた。
「V60」のデザインスタディーとなった成功作「コンセプト エステート」について解説するメイヤー氏。この時点では3ドアモデルとしてデザインスケッチが描かれていた。拡大
2017年10月からボルボのデザイン部門のシニアディレクターを務めるT.ジョン・メイヤー氏。現在は世界3カ所(スウェーデン・ヨーテボリ、米国・カリフォルニア、中国・上海)にあるボルボのデザインセンターのうち、米国の施設に在籍している。
2017年10月からボルボのデザイン部門のシニアディレクターを務めるT.ジョン・メイヤー氏。現在は世界3カ所(スウェーデン・ヨーテボリ、米国・カリフォルニア、中国・上海)にあるボルボのデザインセンターのうち、米国の施設に在籍している。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2018.11.26 試乗記 2代目「S60」のステーションワゴン版として登場したボルボの「V60」がフルモデルチェンジを果たした。スポーツワゴン的な性格を持っていた初代に対し、こちらは「V90」の血筋を色濃く感じる内外装デザインが特徴だ。日本向けにこだわりをもって開発したという最新モデルの実力を探る。
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボV60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.1 試乗記 ワゴンとしての魅力を磨いた現行型「ボルボV60」。そのプラグインハイブリッドモデルが、いよいよ日本の道を走り始めた。ボルボの世界戦略を担う電動パワートレインと伝統的なエステートスタイルとの組み合わせを、中間グレードの「T6インスクリプション」で試す。
  • ボルボV90 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.8.27 試乗記 クリーンディーゼルを搭載するボルボの大型ワゴン「V90」で、600kmオーバーのロングドライブへ。そのステアリングを握った筆者の目には、家族や友人と過ごす豊かなライフスタイルのイメージが鮮やかに浮かんできた。
  • PHVの「ボルボV60」に100万円安の新グレード登場 2019.6.11 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2019年6月11日、ミッドサイズワゴン「ボルボV60」のラインナップにプラグインハイブリッド車のエントリーグレード「V60 T6 Twin Engine AWDモメンタム」を追加。同日、販売を開始した。
ホームへ戻る