宝石をイメージした「フィアット500」限定発売

2018.10.04 自動車ニュース
「フィアット500ザッフィロ」
「フィアット500ザッフィロ」拡大

FCAジャパンは2018年10月3日、「フィアット500」「フィアット500C」の限定車「Zaffiro(ザッフィロ)」を発表した。同月13日に販売を開始する。

「500Cザッフィロ」
「500Cザッフィロ」拡大
茶系のフラウ社製レザーで仕立てられたシート。
茶系のフラウ社製レザーで仕立てられたシート。拡大
 
宝石をイメージした「フィアット500」限定発売の画像拡大

今回の500ザッフィロ/500Cザッフィロは、イタリア語でサファイアを意味するザッフィロを車名に採用した限定車。いずれも、ベースモデルは875cc/2気筒ターボエンジンを搭載する「ツインエア ラウンジ」で、エピックブルーの専用ボディーカラーやフラウ社製レザーシートが醸し出す、エレガントな雰囲気がセリングポイントとなっている。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー(エピックブルー)
  • フラウ社製レザーシート
  • 24スポークXデザインの16インチアルミホイール
  • クローム仕上げのエクステリアミラーハウジング

それぞれの価格と販売台数は以下の通り。

  • 500ザッフィロ:269万円(100台)
  • 500Cザッフィロ:289万円(30台)

(webCG)

関連キーワード:
500, 500C, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 地球滅亡の日まで生き残る 新型「トヨタ・ランドクルーザー」のメカニズムを読み解く 2021.6.16 デイリーコラム 生誕70周年のアニバーサリーに新型が発表された「トヨタ・ランドクルーザー」。ランクルの本質である“信頼性・耐久性・悪路走破性”を進化させつつ継承したというが、果たしてどんなメカニズムによって成し遂げているのだろうか。
  • スバルが「フォレスター」を大幅改良 新世代の「アイサイト」を搭載 2021.6.14 自動車ニュース スバルは2021年6月14日、「フォレスター」の大幅改良モデル(日本仕様)を初公開し、先行予約注文受け付けを開始した。正式発表は同年8月の予定。フロントマスクなどに新デザインを採用したほか、全モデルで足まわりのセッティングを変更している。
ホームへ戻る