宝石をイメージした「フィアット500」限定発売

2018.10.04 自動車ニュース
「フィアット500ザッフィロ」
「フィアット500ザッフィロ」拡大

FCAジャパンは2018年10月3日、「フィアット500」「フィアット500C」の限定車「Zaffiro(ザッフィロ)」を発表した。同月13日に販売を開始する。

「500Cザッフィロ」
「500Cザッフィロ」拡大
茶系のフラウ社製レザーで仕立てられたシート。
茶系のフラウ社製レザーで仕立てられたシート。拡大
 
宝石をイメージした「フィアット500」限定発売の画像拡大

今回の500ザッフィロ/500Cザッフィロは、イタリア語でサファイアを意味するザッフィロを車名に採用した限定車。いずれも、ベースモデルは875cc/2気筒ターボエンジンを搭載する「ツインエア ラウンジ」で、エピックブルーの専用ボディーカラーやフラウ社製レザーシートが醸し出す、エレガントな雰囲気がセリングポイントとなっている。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー(エピックブルー)
  • フラウ社製レザーシート
  • 24スポークXデザインの16インチアルミホイール
  • クローム仕上げのエクステリアミラーハウジング

それぞれの価格と販売台数は以下の通り。

  • 500ザッフィロ:269万円(100台)
  • 500Cザッフィロ:289万円(30台)

(webCG)

関連キーワード:
500, 500C, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「フィアット・パンダ」 2013.5.21 画像・写真 2013年6月1日に発売される、新型「フィアット・パンダ」のディテールを写真で紹介。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 第575回:イタリアのコンパクトSUVで試す
    コンチネンタルの最新タイヤ「エココンタクト6」の実力
    2019.6.18 エディターから一言 ドイツのコンチネンタルタイヤから、第6世代の最新エコタイヤ「エココンタクト6」が登場。低燃費タイヤでありながら、高いコンフォート性能も特徴とされる新製品の出来栄えを、長年にわたりwebCGの社用車として活躍してきた「フィアット・パンダ4×4」で試す。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
ホームへ戻る