トヨタとソフトバンクが戦略的提携
時価総額トップ2が手を組んだワケ

2018.10.15 デイリーコラム

トヨタ自動車とソフトバンクが、モビリティーサービスの分野で共同記者会見を開く――衝撃の第一報が駆け巡ったのは2018年10月4日朝のことだった。その日の午後、東京都内のホテルで、トヨタ自動車の豊田章男社長と友山茂樹副社長、ソフトバンクの孫 正義代表と宮川潤一副社長が勢ぞろいして共同記者会見を開催。前半は新会社「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」(以下MONET)の設立について発表し、後半は豊田社長と孫代表のトークセッションという力の入った会見だった。

日本経済をけん引する大企業が提携

トヨタとソフトバンクが戦略的提携と聞いて、「トヨタとKDDIの間違いでは?」と思った人は少なくないだろう。トヨタは電気通信事業者KDDIの大株主で、ディーラーではauのスマホやケータイを扱っている。「組むならKDDI」と考えたくもなるのだが、今回、トヨタが選んだのはソフトバンクだった。

経済誌的に言えば、時価総額1位のトヨタと2位グループのソフトバンクという、日本経済を代表する大企業同士の提携である。

その両社、最初の接点は20年も前にさかのぼる。当時、ベンチャーの旗手と呼ばれていた若き孫代表がインターネット関連事業でトヨタに協業を申し入れるも、課長だった豊田社長と同じく係長だった友山副社長が出向いて丁重にお断りしていたのだという。これが火種なのか、両社は相性が悪いとのうわさがまことしやかに流れていた。今回の提携話に驚きの声が多く上がったのは、以前から不仲説が出ていた影響もあったのかもしれない。

しかし、時代は変わった。今回の提携はトヨタからソフトバンクにラブコールを送ったことが始まりだ。共同出資で立ち上げる新会社MONETの出資比率はわずかながらソフトバンクが多く、社長にはソフトバンクの宮川副社長が就任する。

戦略的提携を発表し、ステージ上で握手をするトヨタ自動車の豊田章男社長(右)とソフトバンクの孫代表(左)。
戦略的提携を発表し、ステージ上で握手をするトヨタ自動車の豊田章男社長(右)とソフトバンクの孫代表(左)。拡大
ソフトバンクの宮川潤一副社長が新会社「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」の社長兼CEOに就任する。
ソフトバンクの宮川潤一副社長が新会社「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」の社長兼CEOに就任する。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事