「メルセデス・ベンツAクラス」がフルモデルチェンジ

2018.10.18 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツA180スタイル」
「メルセデス・ベンツA180スタイル」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2018年10月18日、フルモデルチェンジした新型「Aクラス」を国内で発表し、注文受け付けを開始した。

「A180エディション1」
「A180エディション1」拡大
 
「メルセデス・ベンツAクラス」がフルモデルチェンジの画像拡大
 
「メルセデス・ベンツAクラス」がフルモデルチェンジの画像拡大
 
「メルセデス・ベンツAクラス」がフルモデルチェンジの画像拡大
 
「メルセデス・ベンツAクラス」がフルモデルチェンジの画像拡大
 
「メルセデス・ベンツAクラス」がフルモデルチェンジの画像拡大
 
「メルセデス・ベンツAクラス」がフルモデルチェンジの画像拡大
 
「メルセデス・ベンツAクラス」がフルモデルチェンジの画像拡大
 
「メルセデス・ベンツAクラス」がフルモデルチェンジの画像拡大
 
「メルセデス・ベンツAクラス」がフルモデルチェンジの画像拡大
 
「メルセデス・ベンツAクラス」がフルモデルチェンジの画像拡大

メルセデスのコンパクトスポーツが4代目に進化

メルセデス・ベンツの販売拡大に貢献する、FF系モデルの代表であるAクラスが、フルモデルチェンジによって4代目に進化。いよいよ日本でも販売がスタートする。

新型Aクラスは、先代モデルと同様、2ボックスのハッチバックスタイルを採用するが、その印象は大きく異なっている。最新のデザイン思想「Sensual Purity(官能的純粋)」により、無駄なラインやエッジを減らすことで、よりスポーティーかつエモーショナルなフォルムを手に入れているのだ。

切り立ったフロントエンドは、同社の4ドアクーペ「CLS」を彷彿(ほうふつ)とさせるデザインで、“スリーポインテッドスター”とダイヤモンドパターン、シルバーのルーバーを配したラジエーターグリルが存在感を強めている。一方、リアエンドは、2分割式のテールライトを採用することで、豊かな表情を実現するとともに、テールゲートの開口部が広くなり、荷室へのアクセス性が向上している。

エクステリア以上に新しさを感じさせるのがインテリアだ。水平基調の上下2分割式ダッシュボードは、メーター部の庇(ひさし)を廃止し、ワイドスクリーンを配置。さらにタービンを模したエアベントやアンビエントライトなどにより、斬新なデザインに仕立てられている。室内空間については、先代に比べて全長が120mm、ホイールベースが30mm延ばされたおかげで、後席スペースが拡大。また、ラゲッジスペースも従来型比で29リッター増の370リッターになるなど、空間効率の向上が図られたのが見逃せない。

そして、新型Aクラスのハイライトとして注目したいのが、対話型インフォテインメントシステムの「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」だ。音声認識機能を備えており、「ハイ、メルセデス」と声を掛けると起動。ナビゲーションシステムの目的地入力をはじめ、通話やオーディオの選曲、メッセージ入力、エアコンの温度設定などを音声で行うことができる。さらに、自然言語認識機能により、例えばエアコンの設定温度を変更したい場合には「暑い」と言えば温度を下げてくれる。

この自然言語認識機能は車載コンピューターとクラウドを併用することで、より確かな応答を可能としている。さらに、人工知能を活用することで、ユーザーの行動を予測し、よく通行するルートに入った際には、よく使う目的地をおすすめ目的地として表示したり、渋滞を警告したりといったことを可能にする。また、テレマティクスサービスの「Mercedes me connect」も標準装備となる。

新型Aクラスのシャシーは、先代の基本設計を受け継ぎながら、各部の剛性を強化。サスペンションはフロントがマクファーソンストラット、リアがトーションビームとマルチリンクの2種類を設定。カタログモデルの「A180」と「A180スタイル」ではトーションビーム式、後述する限定車「A180エディション1」ではマルチリンク式となる。

導入時のパワーユニットは1.3リッター直列4気筒ターボエンジンのみの設定。従来型のベーシックグレードに積まれていた1.6リッターに対して最高出力を14psアップの136psとした一方で、7段デュアルクラッチトランスミッションの採用などにより、効率性を高めている。

運転支援システムの充実も新型Aクラスの特徴のひとつだ。衝突回避および被害軽減ブレーキシステム「アクティブブレーキアシスト」を標準装備するとともに、上級グレードのA180スタイルには、「レーダーセーフティーパッケージ」をオプション設定。これには、アダプティブクルーズコントロール機能の「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付き)」をはじめ、車線や先行車を認識してステアリング操作をアシストする「アクティブステアリングアシスト」や高速道路でウインカーを操作するだけで自動的に車線を変更する「アクティブレーンチェンジングアシスト」など、フラッグシップセダン「Sクラス」と同等の機能が含まれている。

A180とA180スタイルのほかに、新型の発売を記念した特別仕様車A180エディション1が限定発売される。このエディション1は、イエローグリーンのアクセントが入った19インチAMGホイールやエアロパーツのAMGスタイリングパッケージ、グリーンステッチ入りのスポーツシートやドアパネルなどによる、よりスポーティーなスタイリングが特徴。ボディーカラーは「ポーラーホワイト」(限定150台)、「マウンテングレー」(同250台)に加え、専用色となる「designoマウンテングレーマグノ」(同100台)が用意される。

いずれも納車は2018年12月以降となる予定で、価格は以下の通り。

  • A180:322万円
  • A180スタイル:362万円
  • A180エディション1:479万円

(文=生方 聡)

関連キーワード:
Aクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Aクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+エディション1/CLA45 S 4MATIC+【試乗記】 2019.12.18 試乗記 最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGのホットハッチ「A45 S 4MATIC+」と4ドアクーペ「CLA45 S 4MATIC+」に富士スピードウェイで国内初試乗。“クラス最強”をうたうパワーユニットの実力と、異なるボディー形状がもたらすハンドリングの違いを確かめた。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
  • 「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+/AMG CLA45 S 4MATIC+シューティングブレーク」が日本上陸 2019.11.12 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年11月12日、「メルセデス・ベンツCLA」と「CLAシューティングブレーク」のモデルラインナップに「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+」および「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+シューティングブレーク」を追加設定すると発表した。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+【海外試乗記】 2019.8.13 試乗記 最高出力421ps、最大トルク500Nmという“世界最強”の2リッター直4ターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+」。セグメントの枠を超えたその走りを、スペイン・マドリードのワインディングロードとサーキットで試した。
ホームへ戻る