トヨタが「ミライ」を一部改良 「Toyota Safety Sense」を標準装備

2018.10.30 自動車ニュース

トヨタ自動車は2018年10月30日、燃料電池自動車「ミライ」を一部改良し、販売を開始した。

今回の一部改良では、昼夜の歩行者や昼間の自転車運転者を検知可能とした「Toyota Safety Sense」を標準装備。さらに道路標識を認識するロードサインアシスト機能、先行車発進をブザーとディスプレイ表示で知らせる先行車発進告知機能、駐車場などでのブレーキの踏み間違いやアクセルの踏みすぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)も搭載している。

価格は727万4880円。

(webCG)

「トヨタ・ミライ」
「トヨタ・ミライ」拡大

関連キーワード:
ミライ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ミライ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モデルチェンジで生産台数が10倍に!?
    「ミライ」は燃料電池車の未来を変えるか?
    2019.10.18 デイリーコラム トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」が、フルモデルチェンジで4ドアクーペに!? 大胆なデザインをまとう新型には、見た目ではわからない“重要な役割”があるというのだが……。真相を開発責任者に聞いた。
  • トヨタ・ミライ(FF)【試乗記】 2015.4.20 試乗記 トヨタの量産型燃料電池車「ミライ」に、公道で試乗。走りに乗り心地、使い勝手、さらに燃料の補給まで、次世代型エコカーの“実際”をリポートする。
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.10.7 試乗記 コンパクトでキュートなデザインや都市型EVとして割り切った航続距離、発売を前にしての受注ストップなど、話題に事欠かない「ホンダe」。今回は上級グレード「アドバンス」に試乗し、過熱する人気の秘密を探った。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
ホームへ戻る