オープントップもいつか出る?
最新の「NSX」について開発者に聞く

2018.11.02 デイリーコラム

誰もが気持ちいいと思えるように

「時代とともに進化するのが『NSX』の宿命。今回の“エボリューショナルNSX”では、ドライバーとクルマとの一体感を向上させつつ、限界領域でのコントロール性を高め、それらを表現できるようデザインも磨き上げました」

2019年5月に発売されるマイナーチェンジ版ホンダNSXの説明会で、開発責任者の水上 聡さんは、最新型の特徴について熱く語った。

「インテグレーテッドダイナミクスシステムの各走行モードの制御最適化」に「アクティブダンパーシステムおよびVSA、ESPの制御や、スポーツハイブリッドSH-AWDの駆動配分制御の熟成」――手元の資料にはリファインのポイントとして、いかにもサーキットやワインディングロードで強みを発揮しそうな専門用語が並ぶ。

とはいえ、実際のNSXユーザーはさまざま。今回の改良に際しては、スポーツ走行のレベルアップだけを考えたわけではない。「マイナーチェンジ前からの変化は、近所の街乗り程度でも感じられるはずです」と、水上さんも強調する。
「走りだしから違いがわかります。今回は『形はいままでと変わらないが中身は違う』という進化を提案したかったのです」

その進化を説明するにあたっては「最適化」という抽象的な言葉が多用されるのだが、つまりは、駆動力の伝わり方などドライバーのフィーリングに直接関わるところをトライ&エラーで煮詰め、運転する誰もが「気持ちいい」と思えるように仕立て直したということだ。

そうした改良は、ユーザーの要求や市場からのフィードバックによるものではなく、純粋にホンダからの提案なのだという。NSXのようなスーパースポーツでは、お客さんの「もっとこうしてほしい」という評判だけを元にあれこれ変更すると、まとまりのない“ヘンな方向”に行ってしまう恐れがあるそうだ。

マイナーチェンジ後の「ホンダNSX」と、その開発責任者である本田技術研究所 四輪R&Dセンターの水上 聡さん。
マイナーチェンジ後の「ホンダNSX」と、その開発責任者である本田技術研究所 四輪R&Dセンターの水上 聡さん。拡大

水上さんはホンダに1986年に入社後、「インテグラ タイプR」2005年モデルや「アコード/インスパイア」2008年モデルの車体研究開発責任者を歴任。2014年からはマイスターとしてダイナミック性能の統括責任者も務めている。


	水上さんはホンダに1986年に入社後、「インテグラ タイプR」2005年モデルや「アコード/インスパイア」2008年モデルの車体研究開発責任者を歴任。2014年からはマイスターとしてダイナミック性能の統括責任者も務めている。
	拡大
ホンダ NSX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(その1) 2016.8.25 画像・写真 ホンダの新型「NSX」を発表。専用設計の3.5リッターV6ツインターボエンジンと3基のモーターからなるハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載し、11年ぶりに復活した高性能スポーツモデルの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • 第82回:スーパーカーを革新した「NSX」
    常に変化を志向するホンダイズムの体現者
    2020.8.27 自動車ヒストリー スーパーカーの在り方を根底から覆したホンダの名車「NSX」。高い動力性能と快適さを両立する“人間中心のスーパースポーツ”は、どのような経緯で誕生したのか? 衝撃をもって迎えられた和製スーパーカーの歴史を振り返る。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
ホームへ戻る