オープントップもいつか出る?
最新の「NSX」について開発者に聞く

2018.11.02 デイリーコラム

誰もが気持ちいいと思えるように

「時代とともに進化するのが『NSX』の宿命。今回の“エボリューショナルNSX”では、ドライバーとクルマとの一体感を向上させつつ、限界領域でのコントロール性を高め、それらを表現できるようデザインも磨き上げました」

2019年5月に発売されるマイナーチェンジ版ホンダNSXの説明会で、開発責任者の水上 聡さんは、最新型の特徴について熱く語った。

「インテグレーテッドダイナミクスシステムの各走行モードの制御最適化」に「アクティブダンパーシステムおよびVSA、ESPの制御や、スポーツハイブリッドSH-AWDの駆動配分制御の熟成」――手元の資料にはリファインのポイントとして、いかにもサーキットやワインディングロードで強みを発揮しそうな専門用語が並ぶ。

とはいえ、実際のNSXユーザーはさまざま。今回の改良に際しては、スポーツ走行のレベルアップだけを考えたわけではない。「マイナーチェンジ前からの変化は、近所の街乗り程度でも感じられるはずです」と、水上さんも強調する。
「走りだしから違いがわかります。今回は『形はいままでと変わらないが中身は違う』という進化を提案したかったのです」

その進化を説明するにあたっては「最適化」という抽象的な言葉が多用されるのだが、つまりは、駆動力の伝わり方などドライバーのフィーリングに直接関わるところをトライ&エラーで煮詰め、運転する誰もが「気持ちいい」と思えるように仕立て直したということだ。

そうした改良は、ユーザーの要求や市場からのフィードバックによるものではなく、純粋にホンダからの提案なのだという。NSXのようなスーパースポーツでは、お客さんの「もっとこうしてほしい」という評判だけを元にあれこれ変更すると、まとまりのない“ヘンな方向”に行ってしまう恐れがあるそうだ。

マイナーチェンジ後の「ホンダNSX」と、その開発責任者である本田技術研究所 四輪R&Dセンターの水上 聡さん。
マイナーチェンジ後の「ホンダNSX」と、その開発責任者である本田技術研究所 四輪R&Dセンターの水上 聡さん。拡大

水上さんはホンダに1986年に入社後、「インテグラ タイプR」2005年モデルや「アコード/インスパイア」2008年モデルの車体研究開発責任者を歴任。2014年からはマイスターとしてダイナミック性能の統括責任者も務めている。


	水上さんはホンダに1986年に入社後、「インテグラ タイプR」2005年モデルや「アコード/インスパイア」2008年モデルの車体研究開発責任者を歴任。2014年からはマイスターとしてダイナミック性能の統括責任者も務めている。
	拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(その1) 2016.8.25 画像・写真 ホンダの新型「NSX」を発表。専用設計の3.5リッターV6ツインターボエンジンと3基のモーターからなるハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載し、11年ぶりに復活した高性能スポーツモデルの姿を写真で紹介する。
  • ホンダNSX(その2) 2016.8.25 画像・写真 「ホンダNSX」のグレードは1種類のみだが、カーボンファイバーの内外装パーツや電動調整機構付きのセミアニリンレザーシートなど、さまざまなオプションが用意されている。カーボンパーツでドレスアップされたNSXの姿を写真で紹介する。
  • ホンダNSX(2019年モデル) 2018.10.25 画像・写真 デビューから2年がたち、ダイナミクス性能のさらなる熟成を目指してマイナーチェンジが施された「ホンダNSX」。「クルバレッド」と新色「サーマルオレンジ・パール」をまとう最新型の姿を写真で紹介する。
  • 第573回:「アルピーヌの基本原則を突き詰める」
    アルピーヌの魔術師ジャン‐パスカル・ドゥースに聞く
    2019.6.6 エディターから一言 当初、ルノーとケータハムカーズのジョイントベンチャーとしてスタートした新生アルピーヌのスポーツカー開発計画。初期段階からプロジェクトに関わっていたチーフ・ビークル・エンジニアのジャン‐パスカル・ドゥース氏に、開発の裏側とアルピーヌの未来を聞いてみた。
  • 第116回:思えば初代NSXは爆安だった 2018.12.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第116回は「思えば初代NSXは爆安だった」。2370万円で登場した新型「NSX」。この値付けは高い!? 安い!? 中古フェラーリとの比較を交えながら、カーマニアの支持を集めた、初代NSXに思いをはせる。
ホームへ戻る