ファストバックスタイルの新型「プジョー508」が日本上陸

2018.11.20 自動車ニュース
新型「プジョー508」
新型「プジョー508」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年11月19日、プジョーのフラッグシップサルーン「508」の新型を発売した。納車開始は2019年春からとなる見込み。

 
ファストバックスタイルの新型「プジョー508」が日本上陸の画像拡大
 
ファストバックスタイルの新型「プジョー508」が日本上陸の画像拡大
 
ファストバックスタイルの新型「プジョー508」が日本上陸の画像拡大
 
ファストバックスタイルの新型「プジョー508」が日本上陸の画像拡大
 
ファストバックスタイルの新型「プジョー508」が日本上陸の画像拡大
 
ファストバックスタイルの新型「プジョー508」が日本上陸の画像拡大
 
ファストバックスタイルの新型「プジョー508」が日本上陸の画像拡大

プジョー508の新型は、2018年3月のジュネーブモーターショーでデビュー。日本市場には、今回のカタログモデルに先駆け、限定車「ファーストエディション」が先行導入されていた。

新型のエクステリアでは、伝統的なセダンスタイルを改め、新たになだらかなルーフラインを持つファストバックスタイルを採用。ドアはサッシュレス構造となる。フロントまわりでは、切り立ったグリルとフルLEDライトでアグレッシブさを表現したほか、ボンネットの先端には往年の「504」などと同様に「508」ロゴをレイアウト。リアではライオンの3本の爪あとをモチーフとしたというLEDテールライトが印象的だ。ボディーのスリーサイズは全長×全幅×全高=4750×1847×1404mmで、ホイールベースは2793mm(欧州参考値)。

インテリアにはプジョー車ではおなじみとなった、ステアリングホイールの上からメーターパネルを見渡すスタイルのi-Cockpitを採用。プジョーが“ヘッドアップディスプレイ”と呼ぶこのメーターパネルは、新世代化により12.3インチのフル液晶スクリーンとされており、全6タイプの表示モードが用意される。また、8インチのセンタースクリーンの下には、7つのトグルスイッチがピアノのキーのように並べられており、ナビゲーションや空調、ラジオといった主要な機能にダイレクトにアクセスできる。

シャシーにはグループPSAの基幹プラットフォームである「EMP2」を採用。新たな溶接技術の導入や構造用接着剤の併用、トランクフロアとテールゲート下部への複合素材の使用、フロントフェンダー、フロントサスペンション、リアシート骨格へのアルミ素材の採用といった施策により、同等装備の従来型と比べた場合で約70kgの軽量化を実現したという。このほか、プジョー車では初となる電子制御式アクティブサスペンションも備えており、走行状況や路面に応じて減衰力をリアルタイムに制御する。

パワーユニットは、プジョー車ではおなじみとなっている最高出力177ps、最大トルク400Nmの2リッターディーゼルターボエンジンと、同180ps、同250Nmの1.6リッターガソリンターボエンジンの2タイプを設定。いずれも最新の8段ATユニットと組み合わされる。

先進安全装備の拡充も図られており、二輪車も検知可能な緊急自動ブレーキやストップ&ゴー機能を備えたアダプティブクルーズコントロール、車線の中央を維持するレーンキープアシストなどを装備する。

ラインナップと価格は以下の通り。なお、「ステーションワゴン」については、2019年にあらためて発表される予定となっている。

  • 508アリュール:417万円
  • 508 GTライン:459万円
  • 508 GT:492万円

(webCG)

関連キーワード:
508, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 508 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「プジョー508/508SW」の特別仕様車「プレミアムレザーエディション」発売 2020.10.16 自動車ニュース グループPSAジャパンは2020年10月16日、プジョーブランドのフラッグシップサルーン「508」およびそのステーションワゴン版である「508SW」に特別仕様車「プレミアムレザーエディション」を設定し、販売を開始した。
  • プジョー508 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
  • プジョーの高性能ハイブリッドモデル「508プジョースポールエンジニアード」がデビュー 2020.9.25 自動車ニュース グループPSAは2020年9月24日(現地時間)、「508プジョースポールエンジニアード」を発表した。プジョーの歴史上最もパワフルというハイブリッドカーで、システム最高出力360PS、最大トルク520N・mを発生する。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る