クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

これから売れる新ジャンル!?
「レクサスUX」について企画担当者に聞く

2018.11.30 デイリーコラム

たまたま時代にマッチした

2018年3月のジュネーブモーターショーに出展されてから半年と少々。レクサスのニューモデル「UX」が、世界に先駆けて日本で発売された。

現在レクサスの売れ筋となっているのは、SUVの「RX」に「NX」。“X”付きのコンパクトモデルであるUXもそれらの弟分として……と思ったら、そもそもこのクルマ、「SUVではない」らしい。

「SUVとは言いたくないんです。クロスオーバーモデルという位置づけでして」と照れ笑いするのは、製品企画を担当する江本光輝さん。一体何のクロスオーバー(=交差、越境、混在)かといえば、いわゆるハッチバック車とSUVのよさを併せ持つ、というのが真意だそうだ。

トヨタでは、2014年ごろから市場のリサーチを始め、ほそぼそとUXの開発を進めてきた。

「そもそもマーケットにないところ、つまり新ジャンルを開拓したいという思いで取り組んできました。そして、それがちょうど時代にマッチしてきた。今後はこういったところがトレンドになってくるのかな、という考えはありますね」

直接のライバルはいないのかといえば、そんなこともない。市場ではBMWの「X1」や「X2」、アウディの「Q3」、そしてメルセデスの「GLA」など、比較的コンパクトで背の低いSUV系と争うことになる。

たしかにレクサスには「背の低いコンパクト」はなかったような……。「いやいや、ハッチバックの『CT200h』がありますからね」と江本さんはおっしゃるが、事実上“終了”へと向かっていやしないか……。それに、今回クロスオーバーの要素とされているSUVでは、「高いところから周囲が見える」のが大事なセリングポイントになるはず。

「その通りです。“低さ”は視界のよさに影響してしまう。ですが、新開発プラットフォームのおかげでUXはインストゥルメントパネルも低くできた。着座位置は低めでも、意外に視界がいい。つまり”見晴らしのよさ”は確保されているんです」と、江本さんは、わが意を得たりの様子。乗り降りのしやすさや、小回り性、取り回し性もUXのセリングポイントだ。5.2mの最小回転半径は、前述のCT200hと同じ値である。

新型クロスオーバー「レクサスUX」の開発コンセプトは“Creative Urban Explorer”。ユーザーの新たなライフスタイルを探求するきっかけ=「CUE(キュー)」になることが目標とされている。
新型クロスオーバー「レクサスUX」の開発コンセプトは“Creative Urban Explorer”。ユーザーの新たなライフスタイルを探求するきっかけ=「CUE(キュー)」になることが目標とされている。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4495×1840×1540mmで、ホイールベースは2640mm。最低地上高は160mmが確保されている。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4495×1840×1540mmで、ホイールベースは2640mm。最低地上高は160mmが確保されている。拡大
前方への“抜けのよさ”を意識してデザインされたインテリア。インフォテインメントシステムの操作デバイス開発については、「スマートフォン全盛の時代、何をやっても社内で賛否両論」だとか。
前方への“抜けのよさ”を意識してデザインされたインテリア。インフォテインメントシステムの操作デバイス開発については、「スマートフォン全盛の時代、何をやっても社内で賛否両論」だとか。拡大
今回お話を伺った、レクサスインターナショナルの製品企画担当者、江本光輝さん。レクサスの重要な市場でもあるアメリカに2011年から2015年まで駐在した経験があり、かの地におけるクルマの使われ方は熟知しているという。
今回お話を伺った、レクサスインターナショナルの製品企画担当者、江本光輝さん。レクサスの重要な市場でもあるアメリカに2011年から2015年まで駐在した経験があり、かの地におけるクルマの使われ方は熟知しているという。拡大
レクサス UX の中古車

誰にでも受け入れてもらえるように

そんなUXには「C-HR」という兄弟もいる。同じプラットフォームを使って開発されたトヨタブランドのSUVである。両車はどう違うのだろうか?

「それは、もう何百回も聞かれました(笑)。あえて言うならホイールベースが同じというだけなんですよ。車高もヒップポイントも低いし……」

もちろん、根本的な違いは数値で示されない別のところにある。

「一番気を使っているのは、コンパクトであってもレクサスらしい“すっきりと奥深い”クルマに仕上がっているかという点です。メルセデスならこう、BMWならこうという味を、レクサスでも表現したかった。新たなレクサスの象徴として生まれた『LC』に始まるその味を、FFベースの小さなSUVでも出そうとしたわけです。そのために、乗って乗って乗りまくり、雑味を取り除きました(笑)」

一方、デザインにおけるレクサスらしさはどうか? いまやメルセデスやBMWはエッジを減らしたプレーンなデザインに向かっていて、レクサスの形が一番エッジーであるともいわれているが、やはり江本さんは「スピンドルグリルをはじめとする、彫りの深い、エッジの効いた形」を挙げる。今回のUXではさらに、レーシングカーのリアスポイラーに着想を得たリアコンビランプなど、デザインに機能を持たせることを意識しているという。

デザインといえば、インテリアの開発をバックグラウンドとする女性(トヨタ自動車常務役員の加古 慈さん)がチーフエンジニアを務めている点も、UXのトピックだ。

「彼女がこだわった内装系の工夫、小柄な方でも使いやすいつくりなどは、乗ればわかっていただけると思っています。だからといってUXは、女性ユーザーばかりを意識しているわけではないんですよ。UXには、男女比の目標設定もないんです。こうした特徴は、幅広いユーザーに選んでいただくためにあるもの。初めてのお客さまにもまずは触れてもらい、レクサスらしさを味わっていただけたらと思っています」

販売台数の点では、これからレクサスの柱になっていくはずのUX。主に400万~500万円台となる価格はやや高いという印象だけれど、実車を見るに、うまくいきそうな予感がする。日本と、世界の約80カ国でどう受け入れられるのか、注目したい。

(文と写真=関 顕也)

エクステリアでは、レーシングカーのリアスポイラーをイメージしたというフィン形状のリアコンビランプも見どころ。機能美を持たせたデザインが採用されている。
エクステリアでは、レーシングカーのリアスポイラーをイメージしたというフィン形状のリアコンビランプも見どころ。機能美を持たせたデザインが採用されている。拡大
シートの表皮には、日本伝統の刺し子をモチーフとしたキルティングが用いられている。
シートの表皮には、日本伝統の刺し子をモチーフとしたキルティングが用いられている。拡大
「レクサスUX」は、2018年11月27日の発売までに、国内で月間目標販売台数のおよそ6倍にあたる5500台を受注。セールスは好調と伝えられる。
「レクサスUX」は、2018年11月27日の発売までに、国内で月間目標販売台数のおよそ6倍にあたる5500台を受注。セールスは好調と伝えられる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

レクサス UX の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。