ルノー・メガーヌ ルノースポール(前編)

2018.12.13 谷口信輝の新車試乗 “最速のFF車”を目指すハイパフォーマンスモデル「ルノー・メガーヌ ルノースポール」の実力やいかに? ワインディングロードでむちを入れたレーシングドライバー谷口信輝が、その印象を報告する。

ビックリするほどよく曲がる!

ルノー・メガーヌ ルノースポール(以下、R.S.)といえば、「ああ、『ホンダ・シビック タイプR』や『フォルクスワーゲン・ゴルフGTI』とニュルブルクリンクでのFF最速の座を賭けて競い合った、あのスポーツモデルね?」と皆さんはピンとくるはず。今回、谷口信輝に試乗してもらったのは、そのメガーヌR.S.のフルモデルチェンジ版。ちなみに、新型ではまだニュルブルクリンク・チャレンジを行っていないため、どの程度のタイムをたたき出すかはわかっていない。

そんな新型メガーヌR.S.から降り立った途端、まだ私がなにも尋ねていないのに、谷口は自ら進んで「もう、サイコーです!」と宣言したものだから、私たちスタッフ一同は意外に思った。私が記憶する限り、こんなことは過去に一度もなかったはずだ。
「いやあ、素晴らしい運動性能ですね」

谷口の言葉は止まらない。
「エンジンパワーも結構あるし、旋回性能が高くてすごくよく曲がる。前輪駆動なのに、アクセルを踏んだままグイグイと曲がっていけるところもすごい。ドライビングモードの切り替えでは、ノーマルより1段階上のスポーツが一番いいですね。それより上のレースにすると電子デバイスがほとんど効かなくなって、より高いドライビングスキルが要求されるようになります。例えば、前輪に無理にパワーをかけたらトルク・アンダーステアになるし、限界付近ではリアもちょっとふらつき気味になったりする。まあ、サーキットでちょっと無理をさせながら走るときにはレースモードが都合いいのかもしれないけれど、公道を走るんだったらスポーツがちょうどいいでしょうね。それにしても、このスポーツとレースのすみ分けがきっちりできているところも、素晴らしいと思います」

谷口は、ここまでの言葉をほとんど一気にまくしたてたのである。それどころか、話したいことがもっともっとありそうな感じだったが、聞き手としてはもっと掘り下げたい部分もあったので、まずは「スポーツモードが気に入ったということは、スタビリティーコントロールの介入の仕方がイヤじゃなかったという意味ですね?」と逆に質問してみることにした。

 
ルノー・メガーヌ ルノースポール(前編)の画像拡大
 
ルノー・メガーヌ ルノースポール(前編)の画像拡大
 
ルノー・メガーヌ ルノースポール(前編)の画像拡大
 
ルノー・メガーヌ ルノースポール(前編)の画像拡大

【ルノー・メガーヌ ルノースポールのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1875×1435mm/ホイールベース:2670mm/車重:1480kg/駆動方式:FF/エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:279ps(205kW)/6000rpm/最大トルク:390Nm(39.8kgm)/2400rpm/タイヤ:(前)245/35R19 93Y XL/(後)245/35R19 93Y XL(ブリヂストン・ポテンザS001)/ 燃費:13.3km/リッター(JC08モード)/ 価格:440万円


【取材時の燃費データ】
テスト距離:213.6km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:17.6リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:燃費 12.1km/リッター(満タン法)/9.6リッター/100km(約10.4km/リッター、車載燃費計計測値)


	【ルノー・メガーヌ ルノースポールのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1875×1435mm/ホイールベース:2670mm/車重:1480kg/駆動方式:FF/エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:279ps(205kW)/6000rpm/最大トルク:390Nm(39.8kgm)/2400rpm/タイヤ:(前)245/35R19 93Y XL/(後)245/35R19 93Y XL(ブリヂストン・ポテンザS001)/ 燃費:13.3km/リッター(JC08モード)/ 価格:440万円

	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:213.6km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:17.6リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:燃費 12.1km/リッター(満タン法)/9.6リッター/100km(約10.4km/リッター、車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール カップ(FF/6MT)【試乗記】 2019.3.19 試乗記 レーシングドライバー谷口信輝が、100台限定販売の「ルノー・メガーヌ ルノースポール(R.S.)カップ」に試乗。かつてカタログモデルを「メチャクチャいいですよ」と激賞した谷口は、6段MTとよりハードなサスを備えた辛口仕様をどうジャッジする!?
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール カップ(FF/6MT)【試乗記】 2019.3.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」に、辛口バージョン「カップ」が登場。日本ではわずか100人の幸せなファン(マニア!?)のみが楽しめるハードな乗り味を、発売に先駆けてテストした。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール カップ(FF/6MT)【試乗記】 2019.5.9 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール」に、6段マニュアルトランスミッションとよりハードなシャシーを備えた限定車「カップ」が用意された。“MT車保存会の会員”を自認する下野康史は、その出来栄えをどうジャッジする?
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.11.6 試乗記 FF市販車ニュル最速の座を奪還すべく、新たなエンジンやデュアルクラッチ式AT、4輪操舵システムなどを手にした新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。富士山麓のワインディングロードで、その進化のほどを探った。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
ホームへ戻る