「メルセデス・ベンツSクラス」にPHEVの「S560eロング」登場

2018.12.13 自動車ニュース
メルセデス・ベンツS560eロング
メルセデス・ベンツS560eロング拡大

メルセデス・ベンツ日本は2018年12月13日、「メルセデス・ベンツSクラス」のモデルラインナップに「S560eロング」を追加し、販売を開始した。

 
「メルセデス・ベンツSクラス」にPHEVの「S560eロング」登場の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツSクラス」にPHEVの「S560eロング」登場の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツSクラス」にPHEVの「S560eロング」登場の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツSクラス」にPHEVの「S560eロング」登場の画像拡大

今回追加されたメルセデス・ベンツS560eロングは、ガソリンエンジンに走行用の電気モーターを組み合わせた、メルセデスが「EQパワー」と呼ぶプラグインハイブリッド車(PHEV)である。実質的な先代モデルにあたる「S550eロング」(2014~2017年)に比べて、バッテリー容量やモーター出力が強化されているのが特徴だ。

パワープラントは最高出力360ps、最大トルク500Nmの3リッターV6ツインターボエンジン「M276」ユニットに、同122ps、同440Nmの電気モーターという組み合わせ。システム総合では同476ps、同700Nmを生み出すほか、130km/hまではモーターのみでの走行もできる。

走行用リチウムイオンバッテリーの容量は、S550eロング比で約55%増となる13.5kWh。ダイムラーの完全子会社であるDeutsche ACCUMOTIVE(ドイッチェ アキュモーティブ)によって生産されるこのバッテリーは、6.0kW充電にも対応している。

アクセルペダルには2つの専用制御が加えられている。ひとつは「プレッシャーポイント機能」で、こちらはこれ以上アクセルを踏むとエンジンがかかるという限界点でペダルの抵抗を増し、ドライバーにエネルギー消費を抑えたドライブを促すというもの。一方の「ダブルパルス機能」は、レーダーによって先行車両との車間距離と速度差を測定し、ドライバーが不要な加速操作を行っている場合にはノックパルスを2度発生させ、こちらもドライバーにエコドライブを促す。

価格は1697万円。

(webCG)

関連キーワード:
Sクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.10 試乗記 2種類の過給機とマイルドハイブリッドシステムを搭載する、メルセデスの新型セダン「AMG E53」。その走りは極めてスポーティーでありながら、昔ながらのやんちゃな高性能モデルとは違った楽しさに満ちたものだった。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツE350deアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2019.12.20 試乗記 乗用車では日本初となる、ディーゼルエンジンベースのプラグインハイブリッドモデル「メルセデス・ベンツE350de」に試乗。燃費性能に優れるディーゼルと、ゼロエミッションを掲げるEVのいいとこ取りとうたわれるパワーユニットの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る