クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)

威風堂々 2021.03.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。

世界的な“高級車”のベンチマーク

メルセデスがSクラスという名を使い始めてから、この「W223」型は7代目にあたるという。が、市場でのステータスたるやそんなものではないだろうと歴史をさかのぼってみると、団塊世代には懐かしい“縦目”や“ハネベン”“ポントン”、それ以前にもSクラスに通ずる存在のモデルはある。

ともあれ言えるのは、民主主義的な価値観が浸透した第2次大戦後の世界において、メルセデスは“性能”という平等な評価軸のもとに、高級車の範であり続けてきたことだ。時の移ろいに沿ってメルセデスもコストダウンや多車種展開など、変節を経てきたが、それでも最も揺らぐことなくそのポジションを守り続けてきたのがSクラスなのだと思う。

果たして、山は動いたのだろうか。

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」や「BMW 3シリーズ」も然(しか)りだが、それにも増して、新しいSクラスの試乗には毎度そういう気持ちで臨むことになる。

日本市場での新型Sクラスのバリエーションは、「S500」と「S400d」の2つとなり、おのおのに標準ボディーとロングボディーが用意される。そしてドライブトレインは「4MATIC」、つまり4輪駆動のみ。FRが姿を消したのはクルマ好きにとっては衝撃的な出来事かもしれない。

S500に搭載されるのは先代Sクラスのモデルレンジ後半から投入された「M256」型直列6気筒直噴ガソリンターボ。これにISG(インテグレートスタータージェネレーター/モーター機能付き発電機)を組み込んだ48Vマイルドハイブリッドとなる。また、タービンに送り込む圧縮空気を生成する電動コンプレッサーも組み合わせて、低回転域でのターボの効率を高めている。最高出力は435PS、最大トルクは520N・mを発生し、9段ATとの組み合わせで0-100km/hは4.9秒をマークする。

一方、S400dに搭載されるのは、これも先代Sクラスのモデルレンジ後半に投入された「OM656」型直列6気筒直噴ディーゼルターボだ。こちらはISGなどのアシストデバイスはない純然たる内燃機となるが、WLTC複合モードは12.5km/リッターと、S500に対して約1割の低燃費となっている。最高出力は330PS、最大トルクは700N・mを発生し、S500同様9段ATとの組み合わせで0-100km/h加速は5.4秒となる。

全長×全幅×全高=5210×1930×1505mmと、標準ボディーでも堂々としたサイズを誇る新型「Sクラス」。シンプルなその意匠は、「Sensual Purity(官能的純粋)」と呼ばれるデザインコンセプトにのっとったものだ。
全長×全幅×全高=5210×1930×1505mmと、標準ボディーでも堂々としたサイズを誇る新型「Sクラス」。シンプルなその意匠は、「Sensual Purity(官能的純粋)」と呼ばれるデザインコンセプトにのっとったものだ。拡大
機械式スイッチを極力排したインテリア。エアコンやインフォテインメントシステムなどの操作は、いずれもタッチスクリーンや音声入力システムが担うかたちとなった。
機械式スイッチを極力排したインテリア。エアコンやインフォテインメントシステムなどの操作は、いずれもタッチスクリーンや音声入力システムが担うかたちとなった。拡大
エンジンは3リッター直6ガソリンターボと、2.9リッター直6ディーゼルターボ(写真)の2種類。後者にはディーゼルパティキュレートフィルターと2つのSCR触媒を備えた、最新の排ガス浄化システムが組み合わされる。
エンジンは3リッター直6ガソリンターボと、2.9リッター直6ディーゼルターボ(写真)の2種類。後者にはディーゼルパティキュレートフィルターと2つのSCR触媒を備えた、最新の排ガス浄化システムが組み合わされる。拡大
駆動方式は全車共通でフルタイム4WD。今のところFRの設定はない。
駆動方式は全車共通でフルタイム4WD。今のところFRの設定はない。拡大
燃費は「S500 4MATIC」が11.2km/リッター、「S400d 4MATIC」が12.5km/リッターと公称されている(いずれもWLTCモード、標準ボディーの数値)。
燃費は「S500 4MATIC」が11.2km/リッター、「S400d 4MATIC」が12.5km/リッターと公称されている(いずれもWLTCモード、標準ボディーの数値)。拡大

ADASについては“通信アップデート”に期待

車台は先代Sクラスが採用した「MRA」の流れをくみながらも、各部を大幅にリファインした第2世代のアーキテクチャーとなり、剛性向上と軽量化を両立したものとなっている。構造部位の中空部には発泡ウレタンを充塡(じゅうてん)させているが、これは剛性うんぬんよりも共振を抑えて静粛性を向上させる狙いだ。ほかにもキャビンと外部との貫通孔のシーリングや、ウィンドウまわりのストリップモールの形状などにも工夫を施し、遮音対策を徹底している。

足まわりは前:4リンク、後ろ:マルチリンクと先代の形式を踏襲しながら、新しいメカニズムとの親和性を高めるべく設計を改めている。日本仕様はエアサスペンションの「エアマチック」が標準となり、本国仕様ではオプションで用意される電動アクティブサス「E-ABC」は選択できない。また、新型Sクラスの目玉である4WS(4輪操舵)も標準装備となるが、後輪の切れ角は60km/h以下では逆位相で最大4.5°、60km/h以上では同位相で最大2.5°と、本国仕様に対して大きく規制されている。これはシュトゥットガルト空港などで実証が進む“レベル4”相当の自動駐車システムに対応した「インテリジェント・パーク・パイロット」が選択できないことも関係しているのだろう。裏返せばメルセデス側も、最大10°の後輪逆相角は狭所の駐車時など限定された状況でしか威力を発揮しないとみているのではないだろうか。

ちなみに先進運転支援機能(ADAS)関連では、ドイツ国内で認可待ちとなる“レベル3”相当のドライブ・パイロットも日本仕様には搭載されていない。LiDARや高精度GPS、ダイナミックマップなどのデータを連携させるこれは、当面はアウトバーンでの渋滞時のハンズオフドライブを実現させるためのシステムとなるだろう。車両側のデジタライズ化に伴い、こういったローカライズにまつわる課題は増えてくることになるだろうが、新型Sクラスでは通信機能を標準装備し、OTAアップデートにも柔軟に対応していく姿勢をみせている。

ボディーシェルの一部に遮音発泡材を採用したり、ダッシュパネルまわりの遮音材をAピラーの側面やフロア部まで延長したりと、新型「Sクラス」では静粛性のさらなる向上も図られている。
ボディーシェルの一部に遮音発泡材を採用したり、ダッシュパネルまわりの遮音材をAピラーの側面やフロア部まで延長したりと、新型「Sクラス」では静粛性のさらなる向上も図られている。拡大
足まわりについては、リア・アクスルステアの採用により、大柄なボディーや4WDシステムの採用に伴う取りまわし性の悪化を解消。同時に、高速走行時の走行安定性も高めている。
足まわりについては、リア・アクスルステアの採用により、大柄なボディーや4WDシステムの採用に伴う取りまわし性の悪化を解消。同時に、高速走行時の走行安定性も高めている。拡大
ADASも従来モデルより進化しており、アダプティブクルーズコントロールや車線維持支援機能の精度が向上したほか、自動緊急ブレーキや衝突回避支援システムといった、予防安全装置の危機検知機能も強化されている。
ADASも従来モデルより進化しており、アダプティブクルーズコントロールや車線維持支援機能の精度が向上したほか、自動緊急ブレーキや衝突回避支援システムといった、予防安全装置の危機検知機能も強化されている。拡大
開発に際しては、再生プラスチック製のケーブルダクトや再生ナイロン糸でつくられたフロアカーペットを採用するなど、サスティナビリティーにも配慮。生産設備の省エネルギー化も図っている。
開発に際しては、再生プラスチック製のケーブルダクトや再生ナイロン糸でつくられたフロアカーペットを採用するなど、サスティナビリティーにも配慮。生産設備の省エネルギー化も図っている。拡大

ライバルの先を行くユーザーインターフェイス

前型では2画面液晶パネルによって推し進められたコックピットのデジタル化は、さらに加速。あらかたの操作は、有機ELを採用した12.8インチタッチパネルモニターを軸とするかたちで集約された。各機能へのアクセスは、直接画面をタッチするほか、ステアリングのサムスイッチを介しても可能だ。もちろんAIボイスコントロールの「MBUX」も多くの機能に連携している。さすがに使用頻度の高い空調系のコントロールパネルは常時表示されているが、「暑い/寒い」と口で言えば、それに応じて温度設定が変わるわけで、ここにきてクルマの多機能化とAIまで持ち出して育ててきたボイスコントロールの存在意義が、いよいよリンクするようになってきた感がある。

ほかにも、内装の全周に張り巡らされるアンビエントライトがMBUXやADASと連動し、機能のオン/オフや衝突警告などを視覚的に伝えてくれる機能や、メーターパネルの疑似的3D表示機能、現実の景色にARナビの案内指示を重ねてHUDに表示する機能など、新型Sクラスに搭載される新デバイスは、枚挙にいとまがない。デジタル的な先進性で言えば、ライバルにまた一歩差をつけたという印象だ。

試乗に供されたのは標準ボディーのS400d。実は少なくはないオーナードリブンに最も向くグレードということになるだろうか。オプションのAMGラインは、内外装のドレスアップとともに機能面では強化ブレーキやドリルドディスクを装着、そしてタイヤは標準の18インチから前後異幅の20インチへと変更される。

そのタイヤサイズに見覚えがあるなぁと思い起こせば、「日産GT-R」のそれとピタリ同じ。よもやSクラスにそんな物騒なイチモツが充てがわれるようになろうとは……と、乗り心地をある程度覚悟して走り始めると、その先入観はあっさりと覆された。路面補修やマンホールなど一般道にありがちな凹凸や首都高速の目地段差くらいでは痛い応答をみせることはまったくない。表層が柔らかく沈み込み、奥で体をむっちりと支える低反発タッチのシートも衝撃吸収に一役かっているのだろう。ショックといえば、微(かす)かなコツンコツンというバネ下のフィードバックがステアリングホイールを介して手のひらに伝わるくらいで、街なかをたゆたうように走りゆく。

奥行き感のある表示が特徴の「3Dコックピットディスプレイ」。「ジェントル」「スポーティー」「エクスクルーシブ」「クラシック」の4つの表示デザインが用意されるほか、モニター全体にナビゲーションと連動した地図画面や、ドライビングアシストの作動状態を表示することもできる。
奥行き感のある表示が特徴の「3Dコックピットディスプレイ」。「ジェントル」「スポーティー」「エクスクルーシブ」「クラシック」の4つの表示デザインが用意されるほか、モニター全体にナビゲーションと連動した地図画面や、ドライビングアシストの作動状態を表示することもできる。拡大
車載されるほとんどの機能のインターフェイスとなっている、12.8インチの縦型有機EL(OLED)ディスプレイ。「3Dコックピットディスプレイ」の表示を切り替えると、こちらのデザインも連動して変化する。
車載されるほとんどの機能のインターフェイスとなっている、12.8インチの縦型有機EL(OLED)ディスプレイ。「3Dコックピットディスプレイ」の表示を切り替えると、こちらのデザインも連動して変化する。拡大
今回の試乗車は標準ボディーの「S400d 4MATIC」。現時点における新型「Sクラス」のラインナップの中で、最も廉価なモデルとなる。
今回の試乗車は標準ボディーの「S400d 4MATIC」。現時点における新型「Sクラス」のラインナップの中で、最も廉価なモデルとなる。拡大
「AMGライン」に含まれる20インチのフィンホイール。タイヤサイズは標準仕様が前・後ろともに255/50R18であるのに対し、AMGライン装着車は前:255/40R20、後ろ:285/35R20となる。
「AMGライン」に含まれる20インチのフィンホイール。タイヤサイズは標準仕様が前・後ろともに255/50R18であるのに対し、AMGライン装着車は前:255/40R20、後ろ:285/35R20となる。拡大

快適性はさらなる高みへ

先代との大きな違いとして挙げられるのは、認証タイヤが「MOE」から「MO」、つまりランフラットから通常のラジアルに変更されたことだ。これによって、タイヤ由来の縦バネ感の強さが大きく緩和されている。そこにサス本体のリファイン効果も相まって、ダイナミックセレクトで「コンフォート」モードを選んだ際の乗り味は、はっきりと小入力時の緩さを高めている。

オーナードリブン的にはもう少し引き締まった乗り味を好む向きもあるかもしれないが、走行モードを個別調整できる「インディビジュアル」を使えば、サスセットのみを「スポーツ」モードにすることも可能だ。その状態でさえ、先代のコンフォートモードに近いアタリの優しさが感じられる。そしてこのまろやかな乗り心地にあわせて静粛性も大きく向上しているなど、新型Sクラスの快適性ははっきりと一段上のステージに引き上げられていた。

この常速域でのイメージからしてみれば、高負荷域での姿勢変化は意外なほど少ない。コーナリングでのフラット感や回頭性のよさに大きく寄与しているのは4WSだろう。30年以上前に日本が世界に先駆けて実用化した技術が、自動運転の実現に向かうにつれ、不快なゲインやロールの抑制にも一定の効果をもたらすようになったことを実感する。もしここにE-ABCが加われば、恐らく今までとはちょっと次元の違う姿勢制御をみせてくれるのだろう。

「ダイナミックセレクト」に用意される走行モードは「エコ」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」「インディビジュアル」の5種類。選択されたモードに応じて、エンジンやトランスミッション、サスペンション、ステアリングアシストなどの制御が切り替わる。
「ダイナミックセレクト」に用意される走行モードは「エコ」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」「インディビジュアル」の5種類。選択されたモードに応じて、エンジンやトランスミッション、サスペンション、ステアリングアシストなどの制御が切り替わる。拡大
新型「Sクラス」には、顔や指紋、声、あるいはPINコードによる認証機能が備わっており、乗員に応じてシートやステアリング、ドアミラーのポジション、コックピットディスプレイの表示スタイル、ペアリングした携帯情報端末、ナビゲーションのお気に入り設定などが自動で読み込まれる。
新型「Sクラス」には、顔や指紋、声、あるいはPINコードによる認証機能が備わっており、乗員に応じてシートやステアリング、ドアミラーのポジション、コックピットディスプレイの表示スタイル、ペアリングした携帯情報端末、ナビゲーションのお気に入り設定などが自動で読み込まれる。拡大
試乗車にはクロスステッチ入りのナッパレザーシートや、ブルメスターの3Dサラウンドサウンドシステムなどからなる「レザーエクスクルーシブパッケージ」が採用されていた。
試乗車にはクロスステッチ入りのナッパレザーシートや、ブルメスターの3Dサラウンドサウンドシステムなどからなる「レザーエクスクルーシブパッケージ」が採用されていた。拡大

“慣れ”を求められる箇所はある

そうした姿勢制御を、物理的違和感としてステアリングを握るドライバーに一切伝えないかについては、さすがに完璧とはいえない一面も感じられた。自分の経験値にある質量に応じたクルマの動き方と真剣に比較し始めると、交差点でのターンやコーナーでの頭の入り方など、微妙に唐突さを感じる箇所はやはり現れる。恐らく余計なことを考えなければ時とともに慣れてしまう程度のものだろう。が、人間の感覚と自然に呼応することに対しての期待値が高いブランドゆえ、一層の洗練を期待したい。

くだんのタッチパネルだけでなく、ドアノブはフラッシュサーフェス化され、ミラーやシートの調整もタッチが変わり……と、新しいSクラスには以前から親しんできたものに対して、新たな慣れを要する部位が先代以上に多い。ステアリングの両脇にレバーが残ったことが奇跡のようでもある。これを時代の変化に同調できるかの関門だと前向きに捉えられるか否かは乗る人次第だろう。

それでも座った瞬間から、走り始めた瞬間から、「あぁ……Sに乗ってるわ自分」と実感される気配づくりや触感づくりにはいささかのブレもない。このあたりは見事なもんだと思う。

(文=渡辺敏史/写真=郡大二郎/編集=堀田剛資)

「S400d 4MATIC」のトランクルーム容量は505リッター。後席には長尺物の積載に便利な、スルーローディング機能が備わっている。
「S400d 4MATIC」のトランクルーム容量は505リッター。後席には長尺物の積載に便利な、スルーローディング機能が備わっている。拡大
メルセデス・ベンツ車として初めて採用された、格納式のアウタードアハンドル。リモコンキーを持った人が近づくと、自動でせり出してくる。
メルセデス・ベンツ車として初めて採用された、格納式のアウタードアハンドル。リモコンキーを持った人が近づくと、自動でせり出してくる。拡大
よりコンフォート寄りとなった乗り味や、デジタル化が一気に進んだユーザーインターフェイスなど、従来モデルから大きく変化・進化した新型だが、乗ればすぐに「Sクラス」だと分かる空気感は健在だった。
よりコンフォート寄りとなった乗り味や、デジタル化が一気に進んだユーザーインターフェイスなど、従来モデルから大きく変化・進化した新型だが、乗ればすぐに「Sクラス」だと分かる空気感は健在だった。拡大

テスト車のデータ

メルセデス・ベンツS400d 4MATIC

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5210×1930×1505mm
ホイールベース:3105mm
車重:2180kg
駆動方式:4WD
エンジン:2.9リッター直6 DOHC 24バルブ ディーゼル ターボ 
トランスミッション:9段AT
最高出力:330PS(243kW)/3600-4200rpm
最大トルク:700N・m(71.4kgf・m)/1200-3200rpm
タイヤ:(前)255/40R20 101Y/(後)285/35R20 104Y(ブリヂストン・トランザT005 MO-S)
燃費:12.5km/リッター(WLTCモード)
価格:1293万円/テスト車=1541万8000円
オプション装備:ベーシックパッケージ(70万円)/レザーエクスクルーシブパッケージ(66万円)/AMGライン(99万8000円)/3Dコックピットディスプレイ(13万円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:334km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(5)/高速道路(5)/山岳路(0)
テスト距離:131.4km
使用燃料:--リッター(軽油)
参考燃費:--km/リッター(満タン法)/11.4km/リッター(車載燃費計計測値)

メルセデス・ベンツS400d 4MATIC
メルセデス・ベンツS400d 4MATIC拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。