プジョーが「308」を改良 新型ディーゼルと8段ATを搭載

2018.12.17 自動車ニュース
新たに1.5リッター直4ディーゼルエンジン+8段ATを搭載する「308」シリーズ。
新たに1.5リッター直4ディーゼルエンジン+8段ATを搭載する「308」シリーズ。拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年12月17日、「プジョー308」に新型1.5リッタークリーンディーゼルエンジンと8段AT、アクティブクルーズコントロールなどを採用したモデルを導入すると発表し、同日に販売を開始した。

8段AT+シフトパドルを採用する「308」シリーズのインテリア。
8段AT+シフトパドルを採用する「308」シリーズのインテリア。拡大
新採用の1.5リッター直4ディーゼルエンジン。最高出力130ps/3750rpm、最大トルク300Nm/1750rpmを発生。8段ATと組み合わせられている。
新採用の1.5リッター直4ディーゼルエンジン。最高出力130ps/3750rpm、最大トルク300Nm/1750rpmを発生。8段ATと組み合わせられている。拡大
導入特別仕様車「308 GTライン」が採用する17インチアロイホイール+225/45R17サイズのタイヤ。
導入特別仕様車「308 GTライン」が採用する17インチアロイホイール+225/45R17サイズのタイヤ。拡大
新しい「308」の導入特別仕様車「GTライン」が採用するサイドスカート。
新しい「308」の導入特別仕様車「GTライン」が採用するサイドスカート。拡大

新たな1.5リッタークリーンディーゼルエンジンは、今後グループPSAの主力となるとうたわれるパワーユニットで、現状の排ガス規制ユーロ6.2をクリアしている。ダウンサイジング化しながら従来の1.6リッターディーゼルに比べ、+10psとなる最高出力130psをマーク。低回転から高回転域に至る全域で従来型エンジンを上回るパワー/トルクを発生しながら、燃費はJC08モードにおいて従来型の「308アリュールBlueHDi」(21.0km/リッター)よりも+15.7%良好な24.3km/リッターを実現している。

1.2リッターガソリンエンジンも排ガス規制ユーロ6.2に対応し、インジェクションシステムやターボチャージャー制御などを改良しているが、最高出力や最大トルクの数値に変更はない。

トランスミッションは、「308 GT BlueHDi」に先行採用されていた電子制御8段AT(EAT8)を全車に拡大採用した(「GTi」:6段MTを除く)。8段AT搭載モデルでは、エコモード/通常モード/スポーツモードという3つのドライブモードが選択可能となっている。エコモードではエアコンの最適化やフリーホイール機能により燃費走行に貢献。通常モードではシフトタイミングやドライバビリティー、快適性の最適化を図り、スポーツモードではシフトアップポイントの高速化とアクセルレスポンスの向上、ステアリングフィールの変更などを行うという。

なお308シリーズの新エンジン導入特別仕様車として、ディーゼル/ガソリンエンジンそれぞれに「GTライン」を設定。以下の装備を採用する。

  • チェッカータイプフロントグリル&リアアンダーガーニッシュ
  • 17インチアロイホイール+225/45R17タイヤ
  • アクティブクルーズコントロール(標準)
  • アクティブセーフティーブレーキ(標準)
  • アクティブブラインドスポットモニターシステム
  • パークアシスト
  • GTラインエクステリア(サイドスカート)&レッドステッチインテリア(革巻き小径スポーツステアリング/シート/ドアトリム/アームレスト/フロアマット)
  • ドライバースポーツパック
  • アルミペダル

ディーゼルエンジン搭載車のラインナップと価格は以下の通り。

  • 308 アリュールBlueHDi(5ドアハッチバック):304万9000円
  • 308SWアリュールBlueHDi(4ドアステーションワゴン):329万7000円
  • 308 GTラインBlueHDi(5ドアハッチバック):329万9000円
  • 308SW GTラインBlueHDi(4ドアステーションワゴン):354万7000円

ガソリンエンジン搭載車のラインナップと価格は以下の通り。

  • 308アリュール(5ドアハッチバック):283万9000円
  • 308SWアリュール(4ドアステーションワゴン):308万7000円
  • 308 GTライン(5ドアハッチバック):308万9000円

(webCG)

関連キーワード:
308, 308SW, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 308 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
  • ジュネーブショー2019の会場から(プジョー) 2019.3.13 画像・写真 プジョーは第89回ジュネーブモーターショーに、コンパクトハッチバック「208」の新型や、そのEVバージョン「e-208」、ワゴン「508SWハイブリッド」などを出展した。同ブランドのブースを写真で紹介する。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
ホームへ戻る