プジョーが「308」を改良 新型ディーゼルと8段ATを搭載

2018.12.17 自動車ニュース
新たに1.5リッター直4ディーゼルエンジン+8段ATを搭載する「308」シリーズ。
新たに1.5リッター直4ディーゼルエンジン+8段ATを搭載する「308」シリーズ。拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年12月17日、「プジョー308」に新型1.5リッタークリーンディーゼルエンジンと8段AT、アクティブクルーズコントロールなどを採用したモデルを導入すると発表し、同日に販売を開始した。

8段AT+シフトパドルを採用する「308」シリーズのインテリア。
8段AT+シフトパドルを採用する「308」シリーズのインテリア。拡大
新採用の1.5リッター直4ディーゼルエンジン。最高出力130ps/3750rpm、最大トルク300Nm/1750rpmを発生。8段ATと組み合わせられている。
新採用の1.5リッター直4ディーゼルエンジン。最高出力130ps/3750rpm、最大トルク300Nm/1750rpmを発生。8段ATと組み合わせられている。拡大
導入特別仕様車「308 GTライン」が採用する17インチアロイホイール+225/45R17サイズのタイヤ。
導入特別仕様車「308 GTライン」が採用する17インチアロイホイール+225/45R17サイズのタイヤ。拡大
新しい「308」の導入特別仕様車「GTライン」が採用するサイドスカート。
新しい「308」の導入特別仕様車「GTライン」が採用するサイドスカート。拡大

新たな1.5リッタークリーンディーゼルエンジンは、今後グループPSAの主力となるとうたわれるパワーユニットで、現状の排ガス規制ユーロ6.2をクリアしている。ダウンサイジング化しながら従来の1.6リッターディーゼルに比べ、+10psとなる最高出力130psをマーク。低回転から高回転域に至る全域で従来型エンジンを上回るパワー/トルクを発生しながら、燃費はJC08モードにおいて従来型の「308アリュールBlueHDi」(21.0km/リッター)よりも+15.7%良好な24.3km/リッターを実現している。

1.2リッターガソリンエンジンも排ガス規制ユーロ6.2に対応し、インジェクションシステムやターボチャージャー制御などを改良しているが、最高出力や最大トルクの数値に変更はない。

トランスミッションは、「308 GT BlueHDi」に先行採用されていた電子制御8段AT(EAT8)を全車に拡大採用した(「GTi」:6段MTを除く)。8段AT搭載モデルでは、エコモード/通常モード/スポーツモードという3つのドライブモードが選択可能となっている。エコモードではエアコンの最適化やフリーホイール機能により燃費走行に貢献。通常モードではシフトタイミングやドライバビリティー、快適性の最適化を図り、スポーツモードではシフトアップポイントの高速化とアクセルレスポンスの向上、ステアリングフィールの変更などを行うという。

なお308シリーズの新エンジン導入特別仕様車として、ディーゼル/ガソリンエンジンそれぞれに「GTライン」を設定。以下の装備を採用する。

  • チェッカータイプフロントグリル&リアアンダーガーニッシュ
  • 17インチアロイホイール+225/45R17タイヤ
  • アクティブクルーズコントロール(標準)
  • アクティブセーフティーブレーキ(標準)
  • アクティブブラインドスポットモニターシステム
  • パークアシスト
  • GTラインエクステリア(サイドスカート)&レッドステッチインテリア(革巻き小径スポーツステアリング/シート/ドアトリム/アームレスト/フロアマット)
  • ドライバースポーツパック
  • アルミペダル

ディーゼルエンジン搭載車のラインナップと価格は以下の通り。

  • 308 アリュールBlueHDi(5ドアハッチバック):304万9000円
  • 308SWアリュールBlueHDi(4ドアステーションワゴン):329万7000円
  • 308 GTラインBlueHDi(5ドアハッチバック):329万9000円
  • 308SW GTラインBlueHDi(4ドアステーションワゴン):354万7000円

ガソリンエンジン搭載車のラインナップと価格は以下の通り。

  • 308アリュール(5ドアハッチバック):283万9000円
  • 308SWアリュール(4ドアステーションワゴン):308万7000円
  • 308 GTライン(5ドアハッチバック):308万9000円

(webCG)

関連キーワード:
308, 308SW, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 308 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208GTライン/208アリュール/e-208GTライン【海外試乗記】 2019.11.6 試乗記 フルモデルチェンジした“プジョーブランドの柱”「208」に試乗。ガソリンエンジン車に加えて電気自動車もそろえる2代目は、最新コンパクトカーの中でも特に注目すべき、完成度の高さをみせてくれた。
  • ホンダ・フィット プロトタイプ【試乗記】 2019.12.16 試乗記 2020年2月の発売が予告されている、4代目「ホンダ・フィット」。メーカーの期待を背負うコンパクトカーは、ユーザーを満足させるクルマに仕上がっているか? 開発用のテストコースで、その実力を確かめた。
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る