「プジョー2008」の特別仕様車「クロスシティー」発売

2018.12.18 自動車ニュース
プジョー2008クロスシティー
プジョー2008クロスシティー拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年12月18日、プジョーブランドのコンパクトSUV「2008」に特別仕様車「CROSSCITY(クロスシティー)」を設定し、販売を開始した。

 
「プジョー2008」の特別仕様車「クロスシティー」発売の画像拡大
 
「プジョー2008」の特別仕様車「クロスシティー」発売の画像拡大
 
「プジョー2008」の特別仕様車「クロスシティー」発売の画像拡大
 
「プジョー2008」の特別仕様車「クロスシティー」発売の画像拡大

プジョー2008クロスシティーは、1.2リッター直3ターボエンジン(110ps/205Nm)を搭載した「アリュール」をベースに、装備内容の強化を図った特別仕様車である。2015年から2017年にかけても同名の特別仕様車が販売されているほか、「3008クロスシティー」「5008クロスシティー」も設定されるなど、プジョーのSUVではおなじみのモデルとなっている。

今回の2018年仕様は、2017年仕様の装備内容にバックアイカメラを加えながら、価格が据え置きの269万9000円となっているのもセリングポイントだ。

ボディーカラーは「アルタンスグレー」「パールホワイト」「アルティメットレッド」「エメラルドクリスタル」「ビアンカホワイト」の全5色展開となっている。

主な装備内容は以下の通り。

  • グリップコントロール&16インチ4シーズンタイヤ(195/60R16)
  • CROSSCITYコンパスロゴ(左右フロントドア前部バッジ/左右Bピラーステッカー/専用フロアマット)
  • リアサイドウィンドウ上部&リアスポイラーアクセント(ペルラネラブラック)
  • インテリアグリーン系ステッチ(シート/ドアトリム/ステアリング/パーキングブレーキレバーなど)
  • アルカンターラ&テップレザーシート(ダークグレー)&シートヒーター
  • 上級革巻きステアリングホイール(「GTライン」タイプ)
  • バックアイカメラ(2008クロスシティー初)
  • プジョーミラースクリーン(Apple CarPlay対応)
  • パノラミックガラスルーフ(オプション)

(webCG)

関連キーワード:
2008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 2008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.20 試乗記 プジョーの人気SUV「3008」にプラグインハイブリッドモデルの「GTハイブリッド4」が登場。プジョー史上最強をうたう最高出力300PS、最大トルク520N・mの電動4WDパワートレインの仕上がりを試してみた。
  • プジョーSUV 2008アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.29 試乗記 新型「プジョーSUV 2008」には、ねっとりとした“フランス車”らしさが乏しい。ではつまらないクルマなのかというと真逆で、実はとてもいいクルマである。そこがプジョーのうまいところだ。エントリーグレード「アリュール」の仕上がりを報告する。
  • 静かなクルマには静かなタイヤを 「TOYO TIRES PROXES CL1 SUV」で快適ドライブ 2021.4.27 藤島知子が語る「TOYO TIRES PROXES CL1 SUV」の魅力<AD> トーヨータイヤがSUV向けにリリースした「プロクセスCL1 SUV」は、ロングライフ性能や低燃費性能とともに、静粛性の高さにも注力されているのが特徴だ。電気自動車に装着してドライブした印象を、藤島知子がリポートする。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
ホームへ戻る