「プジョー2008」の特別仕様車「クロスシティー」発売

2018.12.18 自動車ニュース
プジョー2008クロスシティー
プジョー2008クロスシティー拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年12月18日、プジョーブランドのコンパクトSUV「2008」に特別仕様車「CROSSCITY(クロスシティー)」を設定し、販売を開始した。

 
「プジョー2008」の特別仕様車「クロスシティー」発売の画像拡大
 
「プジョー2008」の特別仕様車「クロスシティー」発売の画像拡大
 
「プジョー2008」の特別仕様車「クロスシティー」発売の画像拡大
 
「プジョー2008」の特別仕様車「クロスシティー」発売の画像拡大

プジョー2008クロスシティーは、1.2リッター直3ターボエンジン(110ps/205Nm)を搭載した「アリュール」をベースに、装備内容の強化を図った特別仕様車である。2015年から2017年にかけても同名の特別仕様車が販売されているほか、「3008クロスシティー」「5008クロスシティー」も設定されるなど、プジョーのSUVではおなじみのモデルとなっている。

今回の2018年仕様は、2017年仕様の装備内容にバックアイカメラを加えながら、価格が据え置きの269万9000円となっているのもセリングポイントだ。

ボディーカラーは「アルタンスグレー」「パールホワイト」「アルティメットレッド」「エメラルドクリスタル」「ビアンカホワイト」の全5色展開となっている。

主な装備内容は以下の通り。

  • グリップコントロール&16インチ4シーズンタイヤ(195/60R16)
  • CROSSCITYコンパスロゴ(左右フロントドア前部バッジ/左右Bピラーステッカー/専用フロアマット)
  • リアサイドウィンドウ上部&リアスポイラーアクセント(ペルラネラブラック)
  • インテリアグリーン系ステッチ(シート/ドアトリム/ステアリング/パーキングブレーキレバーなど)
  • アルカンターラ&テップレザーシート(ダークグレー)&シートヒーター
  • 上級革巻きステアリングホイール(「GTライン」タイプ)
  • バックアイカメラ(2008クロスシティー初)
  • プジョーミラースクリーン(Apple CarPlay対応)
  • パノラミックガラスルーフ(オプション)

(webCG)

関連キーワード:
2008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 2008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第2回:Vector 4Seasons 雪の霧ヶ峰を行く 2017.12.25 四季の国に“4Seasons”という提案を<PR> 話題のオールシーズンタイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の走りを試すべく、モータジャーナリストの藤島知子が、「プジョー2008」で雪の霧ヶ峰に挑戦! 東京からのドライブの様子を、写真でリポートする。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 プジョー2008の魅力と実力<PR> 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • 新しくなったルノー・トゥインゴを知る、試す 2019.8.22 ボンジュール ルノー・トゥインゴ!<PR> “パリが仕立てたコンパクト”こと「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ。人気を博した従来モデルからどのような進化を遂げたのか? 普段使いで想定されるさまざまシーンを試し、新しくなったフレンチコンパクトの出来栄えを確かめた。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
ホームへ戻る