世界を飛び回ったこの一年
塩見 智の2018年私的10大ニュース

2018.12.19 デイリーコラム
2018年に発売された三菱車はそれぞれ魅力的な出来栄えだった。とりわけ「デリカD:5」の新しい顔には驚いた。
2018年に発売された三菱車はそれぞれ魅力的な出来栄えだった。とりわけ「デリカD:5」の新しい顔には驚いた。拡大

いろいろあった2018年もいよいよ大詰め。中国・北京にサウジアラビアに、取材で世界中を飛び回ったモータージャーナリスト塩見 智にとってはどんな一年だったのか。私的10大ニュースを発表!

筆者が日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員となったのは2018年が初めて。悩んだ末に「トヨタ・カローラ スポーツ」に10点を投じた。
筆者が日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員となったのは2018年が初めて。悩んだ末に「トヨタ・カローラ スポーツ」に10点を投じた。拡大
トヨタが悲願のルマン優勝! 通算20度目の挑戦での偉業達成だった。
トヨタが悲願のルマン優勝! 通算20度目の挑戦での偉業達成だった。拡大
新型「ジープ・ラングラー」でルビコントレイルに挑む。この様子はwebCGでも試乗記でお届けした。
新型「ジープ・ラングラー」でルビコントレイルに挑む。この様子はwebCGでも試乗記でお届けした。拡大
ラグジュアリーEVが相次いでデビューした2018年。「ジャガーIペース」(写真)も「アウディe-tron」もクルマの出来はいいが、日本ではまだ充電環境が万全とはいえない。
ラグジュアリーEVが相次いでデビューした2018年。「ジャガーIペース」(写真)も「アウディe-tron」もクルマの出来はいいが、日本ではまだ充電環境が万全とはいえない。拡大

ブランニューモデルに感激

10位:三菱復権!? 「エクリプス クロス」と「アウトランダーPHEV」、そして「デリカD:5」の顔
今年出たこれらの3モデルはそれぞれに狙いが明確で、ハード的にもその狙い通りにできていて魅力的でした。デリカD:5の新しい顔についてはそうですね……、2019年の中頃にはすっかり見慣れていると思います。

9位:シオミ、日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)初投票! 「カローラ スポーツ」に10点、「ボルボXC40」に6点 
どちらに最高点の10点を入れるか最後まで迷いましたが、いつまでたっても決められず、最後は自国のクルマを応援したいという気持ちでトヨタ・カローラ  スポーツに決めました。

8位:トヨタ、ルマン優勝
アウディ、ポルシェとの三つどもえの時代に勝ってほしかったというのが本音ですが、勝たないよりはいいですよね。

7位:クロカンの両雄、「メルセデス・ベンツGクラス」と「ジープ・ラングラー」が新型に
プラグインハイブリッド車も電気自動車(EV)も魅力的ですが、友達と話していて盛り上がるのはこっちですよね。

6位:テスラ包囲網! 「ジャガーIペース」と「アウディe-tron」がデビュー
“テスライーター”といえる2種のラグジュアリーEVが相次いで登場し、乗る機会を得ました。どちらもクルマ本体の出来はすばらしく、未来ってこんな感じなのかとワクワクします。しかし、日本国内での充電環境が万全とはいえず、現状では相談されてもただし書き付きでしか勧められません。

あなたにおすすめの記事
新着記事