第117回:いぶし銀の中年男

2018.12.25 カーマニア人間国宝への道

初代NSXは縁の下の力持ち

初代「NSX」は、90年代後半から00年代にかけて、フェラーリを買うところまでは行けないカーマニアにとって、なくてはならない噛ませ犬、いや「格好のステップ」だった。なにしろ安くて安心だったので! ともに中古車という前提だけど。

一方で初代NSXは、フェラーリ社にとっても、操縦性や信頼性を含め、製品の品質を向上させる大きなきっかけになったので、そっちの面でも貢献は大きかった。

つまり、フェラーリ崇拝者である私にすれば、「初代NSXは、フェラーリの縁の下の力持ちになってくれたなぁ」と思うのです。ホンダ様にはそんなつもりコレッポッチもなかったでしょうが。

そんなありがたい初代NSXですが、実際乗ってどう思ったかというと、

「え!?」

でした。正直、これのどこがいいんだろう、全然面白くないし、全然気持ちよくないじゃん、と。カッコもフェラーリの亜流でイマイチだし。

当時私は、池沢早人師先生の「テスタロッサ」で雷に打たれて間もない頃で、頭の中はフェラーリ一色。ミドシップのスーパーカーといえば、評価基準はフェラーリ以外にありえなかったので、それに比べてエンジンの色気がまるでないことに衝撃を受けたのです。

確かに8000rpmまでまわるけど、文字通り「まわるだけ」で、全然気持ちよくない。これだったら「シビック」のVTECのほうが気持ちいいんじゃないか……。

初代NSXといえば、ウリはハンドリング。しかしハンドリングなんてよくわかんなかった。同じ頃登場した「フェラーリ348tb」がまっすぐ走らないことはわかったけど、NSXのハンドリングの良さはサッパリ響かなかった。

初代「ホンダNSX」。
初代「ホンダNSX」。拡大
フェラーリ・テスタロッサ
フェラーリ・テスタロッサ拡大
筆者のかつての愛車「フェラーリ348tb」。
筆者のかつての愛車「フェラーリ348tb」。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(2019年モデル) 2018.10.25 画像・写真 デビューから2年がたち、ダイナミクス性能のさらなる熟成を目指してマイナーチェンジが施された「ホンダNSX」。「クルバレッド」と新色「サーマルオレンジ・パール」をまとう最新型の姿を写真で紹介する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2019.1.22 試乗記 3.5リッターV6ツインターボエンジン+トリプルモーターを搭載したホンダのスーパースポーツ「NSX」が、デビュー以来初のマイナーチェンジを受けた。新たに開発責任者に日本人を据えたことで、走りの味付けはどのように変化したのだろうか。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 3基のモーターと3.5リッターツインターボエンジンからなる、独自のハイブリッドシステムを搭載した新型「ホンダNSX」。開発テーマである「New Sport eXperience=新たな走りの喜び」とはどんなものなのか。その出来栄えを、オープンロードで確かめた。
  • カワサキW800ストリート(MR/5MT)【レビュー】 2019.11.5 試乗記 一度はカタログから消えた「カワサキW800」が、大がかりな仕様変更を受けてカムバック。カスタムバイクを思わせるクールな「ストリート」モデルは、その乗り味も若々しさにあふれていた。
  • メルセデス・ベンツA250 4MATICセダン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.31 試乗記 メルセデス・ベンツのエントリーモデル「Aクラス」に、オーセンティックないでたちの「セダン」が登場。FFベースならではの高効率なパッケージを持つニューモデルは、FRセダン「Cクラス」に迫る実力の持ち主だった。
ホームへ戻る