今年もいよいよ大詰め!
河村康彦の2018年私的10大ニュース

2018.12.26 デイリーコラム

“期待値MAX”だったあのクルマが……

長年“家族”として一緒に暮らしてきたおネコさまが亡くなってしまったり、身内が入院・手術をやむなしに至ってしまったりと、振り返れば必ずしも“平穏無事”とは言い切れなかった2018年。

本来そうした項目も避けられないものの、あまりに私的にすぎる(!?)というわけで、取りあえずプライベートな出来事は脇に置いて考え直した今年の10大ニュースは、以下の10個。

10位:レクサスLSにがっかり!
いきなりネガティブな話題で恐縮ながら、どうにも忘れられないのが2018年に入ってからの初試乗となった「レクサスLS」。「11年ぶりのフルチェンジ」というタイミングや直前にデビューした「LC」の出来の良さから“期待値MAX”だったのに、いざ走り始めてみれば何とも質感の低い乗り味にがっかり。当然のごとく海外でも、「Sクラス」や「7シリーズ」に遠く及ばずという評価が続出。どうしてこうなった!?

9位:驚天動地のトップ逮捕劇
ディーゼル不正に関する証拠隠滅の恐れありと、現役だったアウディのCEOがよもやの逮捕(9月)。一方、こちらもまさに寝耳に水だった前日産会長の逮捕劇(11月)は、本来ならば擁護に当たるべき現社長までもがあからさまな攻撃を行うという、ドラマ以上にドラマチックな展開で現在も進行中……。

8位:WLTP対応で欧州メーカー大混乱
認可作業の煩雑さや試験装置の不足などから、量販メーカーのハイパフォーマンスバージョンを筆頭に、多くのモデルが対応待ちのためにカタログ落ちという憂き目に。マイナーチェンジを受けた「ポルシェ・マカン」も、自社製エンジンを積む8気筒モデルはお預け中……。

7位:コルシカ島は試乗会天国
主要空港からのアクセスの悪さや試乗車搬入の難しさゆえか、なぜかこれまで訪れる機会のなかったフランス領コルシカ島。いざ上陸してみると、ワインディングロードの宝庫で交通量も極端に少なく、実は“試乗会天国”といえる環境! 「ジャガーEペース」の試乗会で初訪問して大発見。

6位:初代NSXに“温故知新”を実感
取材で久々に乗った個体は、「もともとホンダの北海道テストコースの連絡車だった」という履歴の持ち主に、純正用品メーカーであるホンダアクセスが手を加えた、いわば“純正レストア車”。さまざまな規制が今ほどうるさくない、まだバブルの余韻が残る時代に、世界の頂点を目指して開発された日の丸スポーツカーは、現代でも十分に魅力的なテイストを備えていることをあらためて実感。

11年ぶりのフルモデルチェンジに大きな期待を寄せていた「レクサスLS」だったが、その出来栄えには満足できず……。
11年ぶりのフルモデルチェンジに大きな期待を寄せていた「レクサスLS」だったが、その出来栄えには満足できず……。拡大
今なお世間を騒がせている、日産のトップ逮捕劇。アウディのCEO逮捕にもビックリ!
今なお世間を騒がせている、日産のトップ逮捕劇。アウディのCEO逮捕にもビックリ!拡大
スペイン・マヨルカ島で試乗した改良型「ポルシェ・マカン」だったが、自社製V8エンジンを積んだハイパフォーマンスモデルのドライブはお預けを食らってしまった。
スペイン・マヨルカ島で試乗した改良型「ポルシェ・マカン」だったが、自社製V8エンジンを積んだハイパフォーマンスモデルのドライブはお預けを食らってしまった。拡大
フランス領コルシカ島は、ご覧の通りワインディングロードの宝庫だった。
フランス領コルシカ島は、ご覧の通りワインディングロードの宝庫だった。拡大
“純正レストア車”といえる初代「NSX」にも試乗する機会を得た。その上質なテイストは、現代でも十分に通用するものだった。
“純正レストア車”といえる初代「NSX」にも試乗する機会を得た。その上質なテイストは、現代でも十分に通用するものだった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事