ノート、キューブ、ティーダに車内快適モデル

2011.06.30 自動車ニュース

「ノート」「キューブ」「ティーダ」に快適車内の特別仕様車

日産自動車は、「ノート」「キューブ」「ティーダ」の3車種それぞれに、特別仕様車「+プラズマ(プラスプラズマ)」を設定し、2011年6月30日に発売した。

今回の特別仕様車「+プラズマ」は、保湿・脱臭・除菌などの効果があるとされる「プラズマクラスター」搭載フルオートエアコンが与えられたモデルだ。

そのうち「キューブ」は、エアコン以外もグレードアップ。インディゴブルーのシート地や本革巻きステアリングホイール、メッキインナードアハンドルなどで内装が飾られ、インテリジェントキー、プッシュエンジンスターター、エンジンイモビライザーといった機能装備も追加される。

価格は、以下のとおり。(カッコ内はベースモデルとその差額)

ノート
・「15X SV+プラズマ」(「15X SV」+4万950円):133万9800円
・「15X FOUR SV+プラズマ」(「15X FOUR SV」+4万950円):154万6650円

キューブ
・「15X インディゴ+プラズマ」(「15X」−3150円):152万9850円
・「15X FOUR インディゴ+プラズマ」(「15X FOUR」−3150円):175万7700円

ティーダ
・「15M SV+プラズマ」(「15M」−7万8750円):159万6000円
・「15M FOUR SV+プラズマ」(「15M FOUR」−7万8750円):177万9750円

(webCG 関)

「ノート15X SV+プラズマ」
「ノート15X SV+プラズマ」 拡大
「キューブ15X インディゴ+プラズマ」
「キューブ15X インディゴ+プラズマ」 拡大
「ティーダ15M SV+プラズマ」
「ティーダ15M SV+プラズマ」 拡大

関連キーワード:
ノート, キューブ, ティーダ, 日産, 自動車ニュース

日産 ノート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2018.9.27 試乗記 2017年に登場した、ニスモの名を冠する「日産ノートe-POWER NISMO」。そのハイパワーバージョンとして「e-POWER NISMO S」が追加された。ガソリンエンジンモデルの「ノートNISMO」(98ps)と「ノートNISMO S」(140ps)の関係と同様に、末尾にある「S」の文字がハイパワーバージョンの証しとなる。
  • 日産ノートe-POWER AUTECHスポーツスペック(FF)【試乗記】 2018.11.1 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」を手がけたオーテックが、もうひとつのスペシャルバージョン「ノートe-POWER AUTECH」を開発。その走りにはどのような違いがあるのか、「スポーツスペック」と名付けられた上級グレードで確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • ホンダ・ヴェゼル モデューロX【試乗記】 2019.12.23 試乗記 「どんな道でも、誰もが楽しく運転できるコンプリートカー」を目指して開発される「モデューロX」シリーズ。コンパクトSUV「ホンダ・ヴェゼル」をベースとする最新型は、その理想を実現するクルマに仕上がっているか?
ホームへ戻る