【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場

2019.01.11 自動車ニュース
ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー アクラポヴィッチ
ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー アクラポヴィッチ拡大

ルノー・ジャポンは2019年1月11日、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール」に特別仕様車「トロフィー アクラポヴィッチ」を設定し、100台限定で販売を開始した。

 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大

アクラポヴィッチ製のマフラーを備えた100台の限定モデル

今回の特別仕様車は、ルーテシア ルノースポールの中でも、専用チューニングのシャシーや220psの1.6リッター直4ターボエンジンの採用などによって運動性能を高めたグレード「トロフィー」をベースとした限定モデルであり、欧州最大級のマフラーメーカー、アクラポヴィッチと共同開発したマフラーが標準装備されている。このマフラーはチタンとステンレスで製作されており、標準マフラーより3kg軽量なだけでなく、最高回転領域で約2psの出力向上を実現しているという。

また、エクステリアにはブラックのF1タイプエアインテークブレードやサイドプロテクションモールフィニッシャー、リアエアディフューザー、「RENAULT SPORT」のエンブレムなどを装備。標準車との差異化が図られている。

特別装備の内容は以下の通り。

  • アクラポヴィッチ製チタン×ステンレスコンポジットマフラー+「AKRAPOVIC」ロゴ入りカーボン製テールパイプトリム
  • F1タイプエアインテークブレード「TROPHY」デカール
  • ブラックパック(ブラックサイドプロテクションモールフィニッシャー+ブラックF1タイプエアインテークブレード+ブラックリアエアディフューザー+ブラック「RENAULT SPORT」エンブレム)

ボディーカラーは「ジョン シリウスM」と「ブラン グラシエ」の2色。価格は344万円。

(webCG)

関連キーワード:
ルーテシアR.S., ルノー, 東京オートサロン2019, モーターショー, 自動車ニュース

ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ! フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に5段MTを搭載した新グレード登場 2020.2.3 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年2月3日、コンパクトハッチバック車「トゥインゴ」のモデルラインナップに新グレード「S」を追加設定し、販売を開始した。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」の限定モデル「ルコックスポルティフ」登場 2020.1.30 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に200台の限定モデル「ルコックスポルティフ」が登場。スポーツ用品メーカー ルコックスポルティフとのコラボレーションモデルの第2弾にあたり、専用のエクステリアデザインや充実した装備を特徴としている。
  • メルセデス・ベンツE350deアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.2.4 試乗記 ディーゼルエンジンにプラグインハイブリッドシステムを組み合わせた「メルセデス・ベンツE350de」。「Eクラス」に初搭載されたこのパワーユニットの実力を確かめるべく、東京・都心から郊外へと、休日の使い方を想定したロングドライブに連れ出してみた。
ホームへ戻る