【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場

2019.01.11 自動車ニュース
ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー アクラポヴィッチ
ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー アクラポヴィッチ拡大

ルノー・ジャポンは2019年1月11日、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール」に特別仕様車「トロフィー アクラポヴィッチ」を設定し、100台限定で販売を開始した。

 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大

アクラポヴィッチ製のマフラーを備えた100台の限定モデル

今回の特別仕様車は、ルーテシア ルノースポールの中でも、専用チューニングのシャシーや220psの1.6リッター直4ターボエンジンの採用などによって運動性能を高めたグレード「トロフィー」をベースとした限定モデルであり、欧州最大級のマフラーメーカー、アクラポヴィッチと共同開発したマフラーが標準装備されている。このマフラーはチタンとステンレスで製作されており、標準マフラーより3kg軽量なだけでなく、最高回転領域で約2psの出力向上を実現しているという。

また、エクステリアにはブラックのF1タイプエアインテークブレードやサイドプロテクションモールフィニッシャー、リアエアディフューザー、「RENAULT SPORT」のエンブレムなどを装備。標準車との差異化が図られている。

特別装備の内容は以下の通り。

  • アクラポヴィッチ製チタン×ステンレスコンポジットマフラー+「AKRAPOVIC」ロゴ入りカーボン製テールパイプトリム
  • F1タイプエアインテークブレード「TROPHY」デカール
  • ブラックパック(ブラックサイドプロテクションモールフィニッシャー+ブラックF1タイプエアインテークブレード+ブラックリアエアディフューザー+ブラック「RENAULT SPORT」エンブレム)

ボディーカラーは「ジョン シリウスM」と「ブラン グラシエ」の2色。価格は344万円。

(webCG)

関連キーワード:
ルーテシアR.S., ルノー, 東京オートサロン2019, モーターショー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシアR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
ホームへ戻る