【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場

2019.01.11 自動車ニュース
ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー アクラポヴィッチ
ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー アクラポヴィッチ拡大

ルノー・ジャポンは2019年1月11日、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール」に特別仕様車「トロフィー アクラポヴィッチ」を設定し、100台限定で販売を開始した。

 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大

アクラポヴィッチ製のマフラーを備えた100台の限定モデル

今回の特別仕様車は、ルーテシア ルノースポールの中でも、専用チューニングのシャシーや220psの1.6リッター直4ターボエンジンの採用などによって運動性能を高めたグレード「トロフィー」をベースとした限定モデルであり、欧州最大級のマフラーメーカー、アクラポヴィッチと共同開発したマフラーが標準装備されている。このマフラーはチタンとステンレスで製作されており、標準マフラーより3kg軽量なだけでなく、最高回転領域で約2psの出力向上を実現しているという。

また、エクステリアにはブラックのF1タイプエアインテークブレードやサイドプロテクションモールフィニッシャー、リアエアディフューザー、「RENAULT SPORT」のエンブレムなどを装備。標準車との差異化が図られている。

特別装備の内容は以下の通り。

  • アクラポヴィッチ製チタン×ステンレスコンポジットマフラー+「AKRAPOVIC」ロゴ入りカーボン製テールパイプトリム
  • F1タイプエアインテークブレード「TROPHY」デカール
  • ブラックパック(ブラックサイドプロテクションモールフィニッシャー+ブラックF1タイプエアインテークブレード+ブラックリアエアディフューザー+ブラック「RENAULT SPORT」エンブレム)

ボディーカラーは「ジョン シリウスM」と「ブラン グラシエ」の2色。価格は344万円。

(webCG)

関連キーワード:
ルーテシアR.S., ルノー, 東京オートサロン2019, モーターショー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.11.6 試乗記 FF市販車ニュル最速の座を奪還すべく、新たなエンジンやデュアルクラッチ式AT、4輪操舵システムなどを手にした新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。富士山麓のワインディングロードで、その進化のほどを探った。
  • 6段MTの「ルノー・メガーヌR.S.カップ」限定発売 2019.2.21 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2019年2月21日、「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」のハイパフォーマンスバージョン「メガーヌR.S.カップ」を、100台の台数限定で導入すると発表した。同年3月22日に発売する。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール カップ(FF/6MT)【試乗記】 2019.3.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」に、辛口バージョン「カップ」が登場。日本ではわずか100人の幸せなファン(マニア!?)のみが楽しめるハードな乗り味を、発売に先駆けてテストした。
  • マツダCX-8 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.1.25 試乗記 「マツダCX-8」に追加された、2.5リッターダウンサイジングターボエンジン搭載の新グレード「25T」。新エンジンの出来栄えを確かめるべく試乗に臨んだのだが、このクルマにはパワープラントとは別に気にかかる課題が潜んでいた。
  • メガーヌ ルノー・スポール 2019.1.17 実力検証! 新型メガーヌR.S.<PR> “最速のFF車”を目指して開発された、ルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノー・スポール」。その走りを、第一線で活躍するレーシングドライバー谷口信輝はどう評価するのか? ワインディングロードにおける印象を報告する。
ホームへ戻る