【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場

2019.01.11 自動車ニュース
ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー アクラポヴィッチ
ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー アクラポヴィッチ拡大

ルノー・ジャポンは2019年1月11日、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール」に特別仕様車「トロフィー アクラポヴィッチ」を設定し、100台限定で販売を開始した。

 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大

アクラポヴィッチ製のマフラーを備えた100台の限定モデル

今回の特別仕様車は、ルーテシア ルノースポールの中でも、専用チューニングのシャシーや220psの1.6リッター直4ターボエンジンの採用などによって運動性能を高めたグレード「トロフィー」をベースとした限定モデルであり、欧州最大級のマフラーメーカー、アクラポヴィッチと共同開発したマフラーが標準装備されている。このマフラーはチタンとステンレスで製作されており、標準マフラーより3kg軽量なだけでなく、最高回転領域で約2psの出力向上を実現しているという。

また、エクステリアにはブラックのF1タイプエアインテークブレードやサイドプロテクションモールフィニッシャー、リアエアディフューザー、「RENAULT SPORT」のエンブレムなどを装備。標準車との差異化が図られている。

特別装備の内容は以下の通り。

  • アクラポヴィッチ製チタン×ステンレスコンポジットマフラー+「AKRAPOVIC」ロゴ入りカーボン製テールパイプトリム
  • F1タイプエアインテークブレード「TROPHY」デカール
  • ブラックパック(ブラックサイドプロテクションモールフィニッシャー+ブラックF1タイプエアインテークブレード+ブラックリアエアディフューザー+ブラック「RENAULT SPORT」エンブレム)

ボディーカラーは「ジョン シリウスM」と「ブラン グラシエ」の2色。価格は344万円。

(webCG)

関連キーワード:
ルーテシアR.S., ルノー, 東京オートサロン2019, モーターショー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシアR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • 第145回:欲望の縮小限定化 2019.10.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第145回は「欲望の縮小限定化」。マイナーチェンジを受けた新型「ルノー・トゥインゴ」にプチ試乗。新旧乗り比べた印象は? 「足グルマなら断然小型車!」を主張する筆者が、トゥインゴの走りをジャッジする。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 第180回:新型コロナ下にクルマを買ふということ 2020.6.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第180回は「新型コロナ下にクルマを買ふということ」。メジャーなブランドが大幅に新車の販売台数を減らすなか、目立った動きを見せたブランドがあった! コロナ後の中古車市場に期待がふくらむ、注目のモデルとは?
ホームへ戻る