【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場

2019.01.11 自動車ニュース
ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー アクラポヴィッチ
ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー アクラポヴィッチ拡大

ルノー・ジャポンは2019年1月11日、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール」に特別仕様車「トロフィー アクラポヴィッチ」を設定し、100台限定で販売を開始した。

 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】「ルノー・ルーテシアR.S.」に高性能マフラーを装備した限定モデルが登場の画像拡大

アクラポヴィッチ製のマフラーを備えた100台の限定モデル

今回の特別仕様車は、ルーテシア ルノースポールの中でも、専用チューニングのシャシーや220psの1.6リッター直4ターボエンジンの採用などによって運動性能を高めたグレード「トロフィー」をベースとした限定モデルであり、欧州最大級のマフラーメーカー、アクラポヴィッチと共同開発したマフラーが標準装備されている。このマフラーはチタンとステンレスで製作されており、標準マフラーより3kg軽量なだけでなく、最高回転領域で約2psの出力向上を実現しているという。

また、エクステリアにはブラックのF1タイプエアインテークブレードやサイドプロテクションモールフィニッシャー、リアエアディフューザー、「RENAULT SPORT」のエンブレムなどを装備。標準車との差異化が図られている。

特別装備の内容は以下の通り。

  • アクラポヴィッチ製チタン×ステンレスコンポジットマフラー+「AKRAPOVIC」ロゴ入りカーボン製テールパイプトリム
  • F1タイプエアインテークブレード「TROPHY」デカール
  • ブラックパック(ブラックサイドプロテクションモールフィニッシャー+ブラックF1タイプエアインテークブレード+ブラックリアエアディフューザー+ブラック「RENAULT SPORT」エンブレム)

ボディーカラーは「ジョン シリウスM」と「ブラン グラシエ」の2色。価格は344万円。

(webCG)

関連キーワード:
ルーテシアR.S., ルノー, 東京オートサロン2019, モーターショー, 自動車ニュース

ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴ 2016.7.15 画像・写真 2016年7月13日、ルノー・ジャポンが新型「ルノー・トゥインゴ」の日本導入を発表した。発表会場に展示されたカタログモデルの「インテンス」「インテンス キャンバストップ」、50台限定の特別仕様車「パックスポール」の姿を、写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツA200d(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.18 試乗記 スタイリッシュなデザインや、AI技術を使ったインフォテインメントシステムで話題の4代目「メルセデス・ベンツAクラス」。最新のディーゼルモデルを走らせてみると、既存のガソリンターボ車とは異なる“オトナ”なドライブフィールが伝わってきた。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • 後編:「ルーテシア ルノー・スポール」と「トゥインゴGT」で駆ける 2018.2.28 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> レース活動を通じて磨かれてきたルノー・スポールのスポーツマインド。そのノウハウはサーキットでも、そしてストリートでも光り輝く。同社が手がけた「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」と「トゥインゴGT」に試乗し、その実力を堪能した。
ホームへ戻る