【東京オートサロン2019】最高出力436psの「ロータス・エキシージ カップ430」限定発売

2019.01.11 自動車ニュース
ロータス・エキシージ カップ430
ロータス・エキシージ カップ430拡大

ロータス車の正規輸入元であるエルシーアイは2019年1月11日、「ロータス・エキシージ」のハイパフォーマンスモデル「エキシージ カップ430」を日本に導入すると発表し、10台の台数限定で発売した。

エキシージ カップ430は「エキシージ史上最強のプロダクションモデル」とうたわれるハイパフォーマンスモデルである。パワートレインや空力性能の強化により、実質的な先代モデルにあたる「エキシージ カップ380」から大きな進化を遂げている。

パワーユニットには、フラッグシップモデルの「エヴォーラGT430」譲りとなる3.5リッターV6インタークーラー付きスーパーチャージドエンジンを採用。エキシージ カップ380よりも56psと30Nm強力な、最高出力436ps、最大トルク440Nmを発生する。組み合わされるトランスミッションは6段MTのみとなっており、エンジンのパワーアップに合わせて、エキシージ カップ380よりもクラッチの表面積が11%拡大されている。0-100km/h加速のタイムは3.3秒で、最高速は290km/h。

パワーアップに応じて空力性能も見直されており、フロントには新設計のスプリッターとエアブレードを備えたフロントクラムパネルを、リアにはストレートタイプの大型リアウイングを採用。最高速時に生み出すダウンフォースは220kgに達する。このダウンフォースについては、エキシージ カップ380よりも車両全体のバランスが重視されており、フロントにかかる割合を36%から45%へと増強。高速走行時のコーナリング性能強化が図られている。フロントスプリッターやアクセスパネル、ルーフ、リアウイングなどにはカーボン複合素材が用いられており、後述するインテリア装備などともあわせて、車両の乾燥重量が1059kg(カップ380から2kg増)に抑えられている。

ブレーキ性能も強化されており、直径332mmのブレーキディスク、APレーシング製4ピストン鍛造キャリパーとも、ロータスの公道仕様車としては最大サイズを採用(前後とも)。サーキットの周回を重ねても一貫したペダルフィールと制動力を発揮するという。

インテリアでは計器パネルカバーやシート&シートレール、ドアシルなどにカーボン素材を採用。室内装備のみで2.5kgの軽量化を実現している。

ボディーカラーは「ビビッドグリーン」(限定4台)と「デイトナブルー」(同4台)、「バトルシップグレー」(同2台)の、いずれも特別限定色となる3色をラインナップ。価格は1728万円で、デリバリー開始は2019年2月が予定されている。

(webCG)

関連キーワード:
エキシージ, ロータス, 東京オートサロン2019, モーターショー, 自動車ニュース

ロータス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • ロータス・エキシージS(MR/6MT)【試乗記】 2013.8.24 試乗記 1.2トンのボディーに350psのV6スーパーチャージドエンジンを搭載した新型「ロータス・エキシージS」が日本上陸。その走りを箱根で試した。
  • 目指すは世界最高のパフォーマンス
    「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由
    2019.5.6 デイリーコラム まさかのミドシップ化に加え、DOHCエンジンやハイブリッド機構の採用などもウワサされている8代目「シボレー・コルベット」。“コルベット史上最大”とも評される、こうした“革新”の狙いとは? GMの思惑をさまざまな視点から探った。
ホームへ戻る