【東京オートサロン2019】最高出力436psの「ロータス・エキシージ カップ430」限定発売

2019.01.11 自動車ニュース
ロータス・エキシージ カップ430
ロータス・エキシージ カップ430拡大

ロータス車の正規輸入元であるエルシーアイは2019年1月11日、「ロータス・エキシージ」のハイパフォーマンスモデル「エキシージ カップ430」を日本に導入すると発表し、10台の台数限定で発売した。

エキシージ カップ430は「エキシージ史上最強のプロダクションモデル」とうたわれるハイパフォーマンスモデルである。パワートレインや空力性能の強化により、実質的な先代モデルにあたる「エキシージ カップ380」から大きな進化を遂げている。

パワーユニットには、フラッグシップモデルの「エヴォーラGT430」譲りとなる3.5リッターV6インタークーラー付きスーパーチャージドエンジンを採用。エキシージ カップ380よりも56psと30Nm強力な、最高出力436ps、最大トルク440Nmを発生する。組み合わされるトランスミッションは6段MTのみとなっており、エンジンのパワーアップに合わせて、エキシージ カップ380よりもクラッチの表面積が11%拡大されている。0-100km/h加速のタイムは3.3秒で、最高速は290km/h。

パワーアップに応じて空力性能も見直されており、フロントには新設計のスプリッターとエアブレードを備えたフロントクラムパネルを、リアにはストレートタイプの大型リアウイングを採用。最高速時に生み出すダウンフォースは220kgに達する。このダウンフォースについては、エキシージ カップ380よりも車両全体のバランスが重視されており、フロントにかかる割合を36%から45%へと増強。高速走行時のコーナリング性能強化が図られている。フロントスプリッターやアクセスパネル、ルーフ、リアウイングなどにはカーボン複合素材が用いられており、後述するインテリア装備などともあわせて、車両の乾燥重量が1059kg(カップ380から2kg増)に抑えられている。

ブレーキ性能も強化されており、直径332mmのブレーキディスク、APレーシング製4ピストン鍛造キャリパーとも、ロータスの公道仕様車としては最大サイズを採用(前後とも)。サーキットの周回を重ねても一貫したペダルフィールと制動力を発揮するという。

インテリアでは計器パネルカバーやシート&シートレール、ドアシルなどにカーボン素材を採用。室内装備のみで2.5kgの軽量化を実現している。

ボディーカラーは「ビビッドグリーン」(限定4台)と「デイトナブルー」(同4台)、「バトルシップグレー」(同2台)の、いずれも特別限定色となる3色をラインナップ。価格は1728万円で、デリバリー開始は2019年2月が予定されている。

(webCG)

関連キーワード:
エキシージ, ロータス, 東京オートサロン2019, モーターショー, 自動車ニュース

ロータス エキシージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エリーゼ スポーツ220 II(MR/6MT)【試乗記】 2021.5.28 試乗記 小型で軽量、そしてシンプルというロータス伝統の理念を究めた「エリーゼ」が、四半世紀の歴史の幕を閉じる。最後のスタンダード仕様ともいうべき「スポーツ220 II」に試乗し、エリーゼがこれまで歩んできた孤高のストーリーに思いをはせた。
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • フェラーリ812GTS(FR/7AT)【試乗記】 2021.6.11 試乗記 フェラーリのフラッグシップオープンスポーツ「812GTS」に試乗。最高出力800PSを誇る伝統のV12エンジンと、ワンタッチで開閉可能なリトラクタブルハードトップが織りなすオープンエアモータリングを、新緑のワインディングロードで味わった。
  • フェラーリ・ポルトフィーノM(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.21 試乗記 今や少数派となったリトラクタブルハードトップを採用する2+2シーター「フェラーリ・ポルトフィーノM」に試乗。マラネッロの開発陣が磨きをかけたパワートレインやシャシーの仕上がりを中心に、先代「ポルトフィーノ」からの進化を探ってみた。
ホームへ戻る