【デトロイトショー2019】トヨタが新型「スープラ」を世界初公開

2019.01.14 自動車ニュース
新型「トヨタ・スープラ」
新型「トヨタ・スープラ」拡大

トヨタ自動車は2019年1月14日、米デトロイトで開催中の北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー、開催期間:2019年1月27日まで)において、新型「スープラ」を世界初公開した。

 
【デトロイトショー2019】トヨタが新型「スープラ」を世界初公開の画像拡大
 
【デトロイトショー2019】トヨタが新型「スープラ」を世界初公開の画像拡大
 
【デトロイトショー2019】トヨタが新型「スープラ」を世界初公開の画像拡大
 
【デトロイトショー2019】トヨタが新型「スープラ」を世界初公開の画像拡大
 
【デトロイトショー2019】トヨタが新型「スープラ」を世界初公開の画像拡大
 
【デトロイトショー2019】トヨタが新型「スープラ」を世界初公開の画像拡大
 
【デトロイトショー2019】トヨタが新型「スープラ」を世界初公開の画像拡大
 
【デトロイトショー2019】トヨタが新型「スープラ」を世界初公開の画像拡大
先代にあたる4代目「スープラ」(左)と新型スープラ(右)。
先代にあたる4代目「スープラ」(左)と新型スープラ(右)。拡大

5代目「スープラ」はGRシリーズ初のグローバルモデル

トヨタのスポーツクーペであるスープラが17年ぶりに復活する。1978年に登場した初代スープラ(日本では「セリカXX(ダブルエックス)」として販売)から数えて5代目となる新型は、直列6気筒エンジンにこだわるFRスポーツという伝統を受け継ぎながら、TOYOTA GAZOO Racingが展開する「GR」シリーズ初のグローバルモデルとして、世に送り出されることになった。

新型スープラは、オープンカーとクーペという違いはあるものの、2018年9月にデビューした新型「BMW Z4」と基本設計を共有するのはご存じのとおり。Z4同様、2人乗りとすることで同社の「86」よりも100mm短い2470mmのホイールベースを実現するなど、ピュアスポーツカーとしての性格を強めたのが特徴だ。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4380×1865×1290mm(全高は「RZ」のみ1295mm)と比較的コンパクト。「Condensed Extreme L6 FR "TOYOTA" Sports」というコンセプトのもとに開発されたデザインは、直列6気筒エンジンを縦置きするロングノーズと短いキャビンの組み合わせ、フェンダーにまで回り込む“クラムシェル”タイプのボンネットなどが従来のスープラと異なるイメージを生む一方、「トヨタ2000GT」をほうふつとさせる“ダブルバブルルーフ”やヘッドライトを車両内側に寄せたフロントマスクなどに、トヨタのスポーツカーの伝統が息づいている。インテリアは、ドライバーを包み込むタイトなコックピットレイアウトを採用。液晶モニター式のメーターパネルやシフトバイワイヤ式のシフトレバーなどにより、現代的なデザインに仕上げられている。

パワフルな直6に加え 直4もラインナップ

86の約2.5倍のボディー剛性を実現したという新型スープラでは、ボディーにアルミニウムとスチールを用いた軽量構造を採用。サスペンションは、前がダブルジョイントスプリングストラット、後ろがマルチリンク式で、一部グレードには電子制御可変ダンパーを搭載するアダプティブバリアブルサスペンションを用意する。前述のとおり、ホイールベースは2470mmと短く、前1594/後1589mmというトレッドとの比率は1.55と小さい。「他の量産スポーツカーと比較してもトップレベルの小さい数値を達成しており、優れた回頭性に寄与」(プレスリリースより)。電子制御多板クラッチを用いたリアディファレンシャルの採用や、50:50という良好な前後重量バランスも見逃せない。

エンジンのラインナップはZ4と同様、スープラの伝統である直列6気筒エンジンに加えて、出力の異なる2つの直列4気筒エンジンを用意。トップグレードの「RZ」に搭載される3リッター直6ツインスクロールターボは、最高出力340ps(250kW)/5000-6500rpm、最大トルク500Nm(51.0kgm)/1600-4500rpmを発生する。一方、2リッター直4ツインスクロールターボは「SZ-R」用が258ps(190kW)/5000-6500rpm、400kW(40.8kgm)/1550-4400rpm、「SZ」用が197ps(145kW)/4500-6500rpm、320Nm(32.6kgm)/1450-4200rpm。いずれもZ4用と同じスペックとなっている。組み合わされるトランスミッションはいずれも8段ATである。

新型スープラの日本発売は、2019年春ごろの予定だ。

(文=生方 聡/写真=荒川正幸)

◆新型「トヨタ・スープラ」の詳細な写真はこちら(その1その2

関連キーワード:
スープラ, トヨタ, デトロイトモーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

トヨタ スープラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGR 86 2021.4.5 画像・写真 トヨタが「GR 86」を世界初公開。外装は「トヨタ86」の面影を残しつつパネル類を全面刷新。運転のしやすさに配慮してMT仕様とAT仕様でセンターコンソールの高さを変えるなど、内装にも工夫が凝らされている。2021年秋発売予定の新型スポーツカーを写真で紹介する。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
  • 新型「スバルBRZ」&「トヨタGR 86」の味つけの違いを読み解く 2021.4.14 デイリーコラム 新型「スバルBRZ」と「トヨタGR 86」がデビューした。よく知られている通り2台は基本コンポーネンツを共有する兄弟車だが、乗り味まで同じだったらどちらかが存在すれば十分だ。トヨタとスバル、それぞれの味つけの違いを読み解く。
  • トヨタがスポーツカー「GR 86」を世界初公開 「トヨタ86」の後継を担い2021年秋に登場 2021.4.5 自動車ニュース トヨタが「GR 86」を世界初公開した。スバルと共同開発した水平対向エンジンのスポーツカーで、従来型の「トヨタ86」より排気量を拡大した2.4リッターの新型エンジンを搭載。日本での発売時期は、2021年秋ごろの予定となっている。
  • モーガン・プラスフォー(FR/6MT)【試乗記】 2021.4.26 試乗記 “木とアルミのスポーツカー”ことモーガンから、ニューモデル「プラスフォー」が登場。新世代シャシーにモダンな2リッターターボを搭載したこのクルマは、モーガン伝統のドライブフィールと硬派なスポーツカーの魅力を併せ持つ、希有(けう)な一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る