【東京オートサロン2019】日産、“大坂なおみ選手バージョン”の「GT-R」を発売

2019.01.11 自動車ニュース
日産GT-R 大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル
日産GT-R 大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル拡大

日産自動車は2019年1月11日、千葉・幕張で開催中の「東京オートサロン2019」(開催期間:2019年1月13日まで)において「日産GT-R 大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル」を初公開するとともに、50台限定で販売を開始した。

 
【東京オートサロン2019】日産、“大坂なおみ選手バージョン”の「GT-R」を発売の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】日産、“大坂なおみ選手バージョン”の「GT-R」を発売の画像拡大
アンベールされる「日産GT-R 大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル」。
アンベールされる「日産GT-R 大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル」。拡大

今回の特別仕様車は、車名でも表されているとおり、テニスプレーヤーである大坂なおみ選手の、日産ブランドアンバサダー就任を記念した限定モデルであり、「GT-Rプレミアムエディション」をベースに、各所に大坂選手本人の着想が取り入れられている。

ボディーカラーは特別塗装色の「ミッドナイトオパール」を含む全3色で、インテリアの仕様については、新規の組み合わせとなる3種類のコーディネートから選択が可能。同車専用の仕様として、エンジンルーム内のモデルナンバープレートをゴールド色にするとともに、LEDハイマウントストップランプ付きのドライカーボン製リアスポイラーも装備している。

なお、同車については既に販売計画の50台を超える予約注文が入っており、今後はキャンセル待ちとして2月中旬まで予約受け付けを行うとしている。

価格は1260万4680円。

(webCG)

関連キーワード:
GT-R, 日産, 東京オートサロン2019, モーターショー, 自動車ニュース

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • 日産が「GT-R NISMO」2020年モデルの価格を発表 「トラックエディション」もブラッシュアップされて登場 2019.7.25 自動車ニュース 日産自動車は2019年7月24日、「GT-R NISMO」と「GT-Rトラックエディションengineered by NISMO」の、2020年モデルの価格を発表した。トラックエディションは、標準車の「GT-R」ほぼそのままのフォルムに、GT-R NISMOの足まわりと高剛性ボディーを融合した仕様となる。
  • レクサスRC F“パフォーマンスパッケージ”(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.23 試乗記 「限界走行性能の最大化」や「意のままに操れること」を目標に、徹底的に磨き込まれた「レクサスRC F」。その崇高な求道精神で“理想の走り”は実現できたのか? トップグレードの“パフォーマンスパッケージ”で確かめた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
ホームへ戻る