【デトロイトショー2019】STIのコンプリートカー「S209」が米国でデビュー

2019.01.15 自動車ニュース
S209
S209拡大

スバルのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)は2019年1月15日、北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー、開催期間:2019年1月14日~27日)において、北米市場向けの高性能モデル「S209」を世界初公開した。

 
【デトロイトショー2019】STIのコンプリートカー「S209」が米国でデビューの画像拡大
 
【デトロイトショー2019】STIのコンプリートカー「S209」が米国でデビューの画像拡大
 
【デトロイトショー2019】STIのコンプリートカー「S209」が米国でデビューの画像拡大
 
【デトロイトショー2019】STIのコンプリートカー「S209」が米国でデビューの画像拡大
 
【デトロイトショー2019】STIのコンプリートカー「S209」が米国でデビューの画像拡大

歴代STIモデル最高のパワー

今回のS209は、「スバルWRX STI」をベースにSTIがエンジンや足まわりを専用開発し、内外装にも専用装備を追加したコンプリートカー。STIが理想とする「ドライバーの意のままに操れる“速さ“」を実現すべく、ベースモデルに対し、大幅に性能を向上させているという。

米国向けのSTIチューンドモデルとしては、2018年に発売された「WRX STIタイプRA」と「BRZ tS」に次ぐ第3弾。STIコンプリートカーの最高峰「Sシリーズ」としては初となる。

エンジンはWRX STI(米国仕様車)専用の2.5リッター「EJ25」ユニットをベースに、あらゆるシチュエーションで安心して気持ち良くアクセルを踏むことができるよう専用チューニングを実施。高効率なエアインテークシステムや専用開発の大径ターボチャージャー、大口径テールパイプを備えた専用設計低背圧マフラー、専用のECUなどを採用することで、歴代STIモデルトップの最高出力341hp(開発目標値)を発生。さらに、インタークーラーウオータースプレーを装備することで熱による性能低下を抑制しながら、専用設計の鍛造ピストンや鍛造コンロッドにより、量産エンジンとしての信頼性も確保した。

足まわりには、歴代STIモデルで最大の幅を持つダンロップ製265/35R19ハイグリップタイヤを履いたBBS製19インチ鍛造ホイールや、専用開発のビルシュタインダンパー、専用コイルスプリング、強化ブッシュを採用。

さらに、ストラットタワーバーやドロースティフナーといったSTI独自のフレキシブルパーツに加え、軽量かつ車体剛性を高めるカーボンルーフを採用。そのほか、オーバーフェンダーを持つ専用ワイドボディーには、フロントアンダースポイラーやフロントバンパーサイドカナード、ドライカーボン製大型リアウイングなど、ダウンフォースを高めるエアロパーツが装着される。

S209は、2019年内に米国で発売される予定。ボディーカラーはWRブルー・パール(ホイール色:マットグレー)、クリスタルホワイト・パール(同:マットゴールド)の2色がラインナップされる。

主な装備は以下の通り。

【メカニズム】

  • STI製ビルシュタイン フロントストラット(倒立式)&コイルスプリング
  • STI製ビルシュタイン リアダンパー&コイルスプリング
  • STI製BBS19インチ×9.0J鍛造アルミホイール
  • ダンロップ製265/35R19タイヤ
  • ブレンボ製前後ベンチレーテッドディスクブレーキ(ドリルドディスクローター&モノブロックキャリパー<前:対向6ポット、後ろ:対向2ポット、シルバー塗装、STIロゴ入り、STIパフォーマンスパッド>)
  • STI製フレキシブルタワーバーフロント
  • STI製フレキシブルドロースティフナー(フロント/リアシートバック)
  • STI製ピロボールブッシュ・リアサスリンク(ラテラルリンク前後)
  • STI製サポートフロント
  • 鍛造ピストン
  • 鍛造コネクティングロッド
  • 強化バルブスプリング
  • 強化クラッチ
  • 大容量インジェクター&燃料ポンプ
  • 専用低圧損インテークダクト
  • 大型エアクリーナー&専用エアクリーナーボックス
  • 大径吸気パイプ
  • 低圧損ダクトブーツ
  • 大径ターボチャージャー
  • 低背圧パフォーマンスマフラー(STIロゴ入り)
  • 専用ECU
  • パフォーマンスシュラウド
  • インタークーラーウオータースプレー(パドルスイッチ付き)
  • モチュール製5W-40エンジンオイル
  • エンジンソレノイドブラケット(シリアルナンバー入り)
  • VDC(ビークルダイナミクスコントロール)
  • アクティブ・トルク・ベクタリング
  • STI製ショートストロークギアシフトレバー

【操作性・計器盤】

  • ルミネセントメーター(マルチインフォメーションディスプレイ付き、STIロゴ入り)
  • マルチファンクションディスプレイ(STIロゴウェルカム画面表示付き)
  • インパネセンターバイザー(レザー調素材巻き+シルバーステッチ)
  • ウルトラスエード巻きステアリングホイール(STIロゴオーナメント付き、シルバーステッチ)
  • STI製プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り、レッドタイプ)
  • STI製本革巻きMTシフトノブ(STIロゴ入り、ブラック)およびシフトブーツ(シルバーステッチ)

【オーディオ】

  • 6スピーカー(フロント4点+リア2点)
  • スターリンク7.0インチマルチメディアオーディオ
  • ブラックカラードルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)

【内装】

  • レカロフロントシート(シルバーステッチ+シルバーアクセント、STIロゴ+S209ロゴ入り、SRSサイドエアバッグ、シートヒーター付き)
  • シルバーステッチ+シルバーアクセント付きリアシート
  • インパネ加飾パネル(レッド、S209ロゴ入り)
  • サイドシルプレート(S209ロゴ入り)
  • ドアアームレスト(シルバーステッチ)
  • センターコンソール加飾パネル(シルバーステッチ)
  • シリアルナンバープレート(コンソール)
  • サブトランク(タイヤパンク修理キット付き)

【外装】

  • メッシュタイプフロントグリル(チェリーレッドストライプ、S209オーナメント付き)
  • フロントアンダースポイラー
  • サイドアンダースポイラー
  • リアサイドアンダースポイラー
  • バンパーサイドベゼル(スチールメッシュ&クロームメッキ加飾付き)
  • バンパーサイドカナード
  • ワイドフェンダー(フロント+リア)
  • フロントフェンダーエアアウトレット
  • S209ロゴ入りサイドガ―ニッシュ
  • リアバンパー(チェリーレッドストライプ、エアアウトレットグリル付き)
  • S209リアオーナメント
  • ドライカーボンルーフ
  • ブラックカラードドアミラー
  • ドライカーボンリアスポイラー(S209ロゴ入り)

(webCG)

関連キーワード:
WRX STI, スバル, デトロイトモーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

スバル WRX STI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STIタイプRA-R 2018.7.19 画像・写真 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念して登場したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。「軽さ」「速さ」「愉(たの)しさ」をテーマに掲げ、スポーティネスに特化した500台の限定モデルを、写真で紹介する。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • スバルWRX STIタイプRA-R(4WD/6MT)【試乗記】 2018.7.25 試乗記 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。“要らないものはそぎ落とす”という古式ゆかしき方法で調律された限定モデルの実力を、クローズドコースで試した。
  • 「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場 2018.7.19 自動車ニュース 「スバルWRX STI」をベースとしたコンプリートカー「タイプRA-R」が500台限定で登場。STIの創立30周年を祝う記念モデルで、最高出力を329psに高めたEJ20型エンジンの採用や、装備を簡素化してまでの軽量化などを通して車両運動性能が高められている。
  • スバルWRX STI S207(4WD/6MT)【試乗記】 2015.12.19 試乗記 高性能スポーツセダンの「スバルWRX STI」をベースに、エンジン、制御システム、ボディー、シャシー、内外装と、STIが余すところなく独自の改良を施したコンプリートカー「S207」。400台限定のスペシャルモデルならではの、“ツルシのWRX STI”との違いを明らかにする。
ホームへ戻る