月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』
徹底討論! 新型「スープラ」についてどう思う?

2019.01.25 From Our Staff
 
月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』徹底討論! 新型「スープラ」についてどう思う?の画像拡大

webCG執筆陣によるコラムや月間アクセスランキング、読者アンケートなど、さまざまなコンテンツを通して自動車業界の1カ月を振り返る『月刊webCG通信』。いよいよベールを脱いだA90型「トヨタ・スープラ」。2月号ではその新型の出来栄えについて、読者の皆さまからのご意見を大募集いたします。

それでは早速、今月号の内容をご紹介します。

「東京オートサロン2019」の会場風景。出展台数は全906台と、過去最高を記録した。
「東京オートサロン2019」の会場風景。出展台数は全906台と、過去最高を記録した。拡大
北米国際自動車ショーでは「レクサスLCコンバーチブルコンセプト」もお披露目された。
北米国際自動車ショーでは「レクサスLCコンバーチブルコンセプト」もお披露目された。拡大
発売から1カ月の時点で、月販目標の9.7倍にあたる8800台以上を受注したという「レクサスUX」。
発売から1カ月の時点で、月販目標の9.7倍にあたる8800台以上を受注したという「レクサスUX」。拡大
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ」の試乗記も登場。テストしたのは、全世界限定900台のうち、記念すべき第1号車である。
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ」の試乗記も登場。テストしたのは、全世界限定900台のうち、記念すべき第1号車である。拡大

------------------------------------

【今月の“私的”ビッグニュース】
自動車業界で幅広く活躍するジャーナリストやライターに、このひと月で特に印象に残ったエピソードを紹介してもらうこのコーナー。今回は“カバタ節”とも呼ばれる、名調子あふれる試乗記でおなじみの、下野康史<かばたやすし>さんにお話をうかがいました。クルマと同じくらい自転車が好きと公言してはばからない下野さんが、出掛けた先で目撃した驚くべき光景とは!?

【webCG月間アクセスランキング】
webCGのメインコンテンツである「試乗記」と「ニュース」のランキングを通して、この1カ月の自動車業界の動向をおさらいします。
お正月気分を満喫できたのもつかの間。例年通り、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン」に続いて「北米国際自動車ショー」(デトロイトショー)も開催され、これに関連したニュースが誌面を大いににぎわせたこの1月。デトロイトでは、ついに新型「トヨタ・スープラ」が姿を現しました。
一方の試乗記部門では、「UX」に「ES」、そして「RC」のマイナーチェンジモデルなど、レクサスが大攻勢。割って入るのは「ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ」「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ」といったスーパースポーツか!? はたまた「トヨタ・シエンタ」「ホンダCR-V」などの国産勢か!? 今月もアクセスランキングから目が離せません。

新型トヨタ・スープラ
新型トヨタ・スープラ拡大
 
月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』徹底討論! 新型「スープラ」についてどう思う?の画像拡大

【読者アンケートの広場】
2014年のデトロイトショーで発表されたコンセプトカー「FT-1」からはや5年。ついに新型「トヨタ・スープラ」が、今年のデトロイトでベールを脱ぎました。やれデザインがとか、やれBMWとの共同開発がとか、各媒体でさまざまな意見が飛び交っておりますが、読者の皆さまの抱いた印象は果たして!?

そこで皆さまに質問です。新型スープラ、ずばりアリですか、ナシですか? 投票の結果は、2月1日発行のメールマガジンでお知らせします。ページ下段のアンケートフォームから、ぜひご投票&ご意見をお寄せください。

あなたにおすすめの記事
新着記事