新型「アウディRS 4アバント」が日本上陸

2019.01.28 自動車ニュース
新型アウディRS 4アバント
新型アウディRS 4アバント拡大

アウディ ジャパンは2019年1月28日、ハイパフォーマンスワゴン「RS 4アバント」の新型を発表し、販売を開始した。

 
新型「アウディRS 4アバント」が日本上陸の画像拡大
 
新型「アウディRS 4アバント」が日本上陸の画像拡大
 
新型「アウディRS 4アバント」が日本上陸の画像拡大

アウディRS 4アバントは、アウディのハイパフォーマンスモデルの開発拠点であるアウディスポーツが手がけた、「A4」シリーズのトップパフォーマンスモデルである。

パワーユニットには2.9リッターV6ツインターボエンジンを採用。最高出力450ps、最大トルク600Nmを発生するこのユニットは、従来モデルが搭載していた4.2リッターV8自然吸気エンジンよりも最大トルクが170Nmアップしている。トランスミッションはトルコン式の8段AT、駆動方式は4WDのクワトロで、リアアクスルには左右の駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルも装備。0-100km/h加速のタイムは4.1秒と公表されている。その一方で、アウディが「Bサイクル」と呼ぶミラーサイクル燃焼方式を用いることで、11.2km/リッター(従来モデルは8.0km/リッター、ともにJC08モード)という燃費性能も実現している。

かつて北米のモータースポーツシーンをにぎわせた「アウディ90クワトロIMSA GTO」からインスピレーションを得たというエクステリアデザインは、RSモデル専用のシングルフレームグリルや大型エアインレット、専用の前後バンパー、リアディフューザーを採用し、スポーティーさを強調。「アウディ・クワトロ」を想起させるというブリスターフェンダーも特徴のひとつで、標準モデルの「A4アバント」よりも全幅が25mm拡大している。

水平基調のデザインとしたインテリアには、ファインナッパレザーのスポーツシートやフラットボトムタイプのRS革巻きマルチファンクションスポーツステアリングホイール、RS専用シフトゲート、イルミネーション付きドアシルトリムなどを採用。デジタルメーターパネルの「アウディバーチャルコックピット」も標準装備する。

このほか「アウディプレセンスシティ」(歩行者検知機能付き自動ブレーキ)をはじめとした、先進のアシスタンスシステムも搭載する。

ステアリング位置は左右とも選択可能で、価格は1196万円。

(webCG)

関連キーワード:
RS 4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ RS 4アバント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 6アバント 2021.2.15 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 最高出力600PS、最大トルク800N・mのV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 6アバント」は単なる高性能マシンではない。ひとたび手綱を緩めてやればその奥底に流れる血が騒ぐ。ラリーウエポンのれっきとした末裔(まつえい)であることをすぐに感じ取れることだろう。
  • アウディRS 4アバント 2021.2.1 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 最高出力450PSのパワフルなV6ツインターボとAWD「クワトロ」が織りなす走り、そしてワゴンのパッケージ。「アウディスポーツ」の始祖たる「RS2」のDNAを受け継ぐ「RS 4アバント」は、さまざまな要望に応えてくれるオールラウンダーと呼ぶにふさわしい存在に仕上がっていた。
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
  • アウディRS 7スポーツバック 2021.2.22 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 「アウディRS 7スポーツバック」は世のクルマ好きの理想を体現した一台と言えるだろう。美しいスタイリングと確かな実用性を持ち、何より踏めば恐ろしいほど速い。これらを同時に実現せしめているのは、もちろんアウディの信奉する「技術」である。
ホームへ戻る