新型「アウディRS 4アバント」が日本上陸

2019.01.28 自動車ニュース
新型アウディRS 4アバント
新型アウディRS 4アバント拡大

アウディ ジャパンは2019年1月28日、ハイパフォーマンスワゴン「RS 4アバント」の新型を発表し、販売を開始した。

 
新型「アウディRS 4アバント」が日本上陸の画像拡大
 
新型「アウディRS 4アバント」が日本上陸の画像拡大
 
新型「アウディRS 4アバント」が日本上陸の画像拡大

アウディRS 4アバントは、アウディのハイパフォーマンスモデルの開発拠点であるアウディスポーツが手がけた、「A4」シリーズのトップパフォーマンスモデルである。

パワーユニットには2.9リッターV6ツインターボエンジンを採用。最高出力450ps、最大トルク600Nmを発生するこのユニットは、従来モデルが搭載していた4.2リッターV8自然吸気エンジンよりも最大トルクが170Nmアップしている。トランスミッションはトルコン式の8段AT、駆動方式は4WDのクワトロで、リアアクスルには左右の駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルも装備。0-100km/h加速のタイムは4.1秒と公表されている。その一方で、アウディが「Bサイクル」と呼ぶミラーサイクル燃焼方式を用いることで、11.2km/リッター(従来モデルは8.0km/リッター、ともにJC08モード)という燃費性能も実現している。

かつて北米のモータースポーツシーンをにぎわせた「アウディ90クワトロIMSA GTO」からインスピレーションを得たというエクステリアデザインは、RSモデル専用のシングルフレームグリルや大型エアインレット、専用の前後バンパー、リアディフューザーを採用し、スポーティーさを強調。「アウディ・クワトロ」を想起させるというブリスターフェンダーも特徴のひとつで、標準モデルの「A4アバント」よりも全幅が25mm拡大している。

水平基調のデザインとしたインテリアには、ファインナッパレザーのスポーツシートやフラットボトムタイプのRS革巻きマルチファンクションスポーツステアリングホイール、RS専用シフトゲート、イルミネーション付きドアシルトリムなどを採用。デジタルメーターパネルの「アウディバーチャルコックピット」も標準装備する。

このほか「アウディプレセンスシティ」(歩行者検知機能付き自動ブレーキ)をはじめとした、先進のアシスタンスシステムも搭載する。

ステアリング位置は左右とも選択可能で、価格は1196万円。

(webCG)

関連キーワード:
RS 4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ RS 4アバント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6アバント40 TDIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.6.29 試乗記 “ドイツ御三家”がしのぎを削る欧州Eセグメント。そこで奮闘する「アウディA6」に、本命ともいえる2リッターディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」が追加された。新たなパワートレインを得たA6の走りを、幅広いシチュエーションでチェックした。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • アウディA7スポーツバック40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.7.6 試乗記 「アウディA7スポーツバック」に新たなエントリーグレード「40 TDIクワトロ」が追加された。豊かなトルクを供出する2リッターディーゼルターボユニットとラグジュアリーな4ドアクーペの組み合わせは、ドライバーにどんな世界を見せてくれるのだろうか。
  • ポルシェ911カレラ(後編) 2020.9.4 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画第2回は、「ポルシェ911カレラ」(992型)の試乗リポート後編。最新の911は、自然吸気フラット6を搭載する愛車「911カレラS」(991型前期)からどう進化していたのか。オーナーだからこその評価を聞いた。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
ホームへ戻る