新型「アウディRS 4アバント」が日本上陸

2019.01.28 自動車ニュース
新型アウディRS 4アバント
新型アウディRS 4アバント拡大

アウディ ジャパンは2019年1月28日、ハイパフォーマンスワゴン「RS 4アバント」の新型を発表し、販売を開始した。

 
新型「アウディRS 4アバント」が日本上陸の画像拡大
 
新型「アウディRS 4アバント」が日本上陸の画像拡大
 
新型「アウディRS 4アバント」が日本上陸の画像拡大

アウディRS 4アバントは、アウディのハイパフォーマンスモデルの開発拠点であるアウディスポーツが手がけた、「A4」シリーズのトップパフォーマンスモデルである。

パワーユニットには2.9リッターV6ツインターボエンジンを採用。最高出力450ps、最大トルク600Nmを発生するこのユニットは、従来モデルが搭載していた4.2リッターV8自然吸気エンジンよりも最大トルクが170Nmアップしている。トランスミッションはトルコン式の8段AT、駆動方式は4WDのクワトロで、リアアクスルには左右の駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルも装備。0-100km/h加速のタイムは4.1秒と公表されている。その一方で、アウディが「Bサイクル」と呼ぶミラーサイクル燃焼方式を用いることで、11.2km/リッター(従来モデルは8.0km/リッター、ともにJC08モード)という燃費性能も実現している。

かつて北米のモータースポーツシーンをにぎわせた「アウディ90クワトロIMSA GTO」からインスピレーションを得たというエクステリアデザインは、RSモデル専用のシングルフレームグリルや大型エアインレット、専用の前後バンパー、リアディフューザーを採用し、スポーティーさを強調。「アウディ・クワトロ」を想起させるというブリスターフェンダーも特徴のひとつで、標準モデルの「A4アバント」よりも全幅が25mm拡大している。

水平基調のデザインとしたインテリアには、ファインナッパレザーのスポーツシートやフラットボトムタイプのRS革巻きマルチファンクションスポーツステアリングホイール、RS専用シフトゲート、イルミネーション付きドアシルトリムなどを採用。デジタルメーターパネルの「アウディバーチャルコックピット」も標準装備する。

このほか「アウディプレセンスシティ」(歩行者検知機能付き自動ブレーキ)をはじめとした、先進のアシスタンスシステムも搭載する。

ステアリング位置は左右とも選択可能で、価格は1196万円。

(webCG)

関連キーワード:
RS 4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ RS 4アバント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6アバント55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.5.28 試乗記 世界的なSUVブームとなって久しいが、アウディは「アバント」の名称でスタイリッシュなワゴンを綿々とつくり続け進化させている。SUVに押され、このままワゴンは“オワコン”になってしまうのか? 新型「A6アバント」に乗り、ワゴンという選択肢をあらためて考えてみた。
  • スタイリッシュな4ドアクーペの高性能モデル 「アウディRS 5スポーツバック」発売 2019.8.24 自動車ニュース アウディ ジャパンは2019年8月24日、最高出力450PSのV6ツインターボエンジンを搭載した、4ドアクーペの高性能モデル「アウディRS 5スポーツバック」の日本導入を発表。同年8月27日に販売を開始する。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.31 試乗記 ポルシェファミリーの中で、いま最も売れている「マカン」。モデルライフ半ばのマイナーチェンジで持ち前の商品力はどのように高まったのか? ベーシックな2リッター直4モデルに試乗し、その完成度を確かめた。
  • 第39回:アウディA6 2019.7.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 アウディ伝統のEセグメントモデル「A6」が、5代目にモデルチェンジ。新世代のシャシーやパワートレインの採用など、その“中身”が話題を呼んでいる新型だが、“外見”=デザインの出来栄えはどうなのか? 現役のカーデザイナー明照寺彰が斬る。
  • 新型「アウディRS 4アバント」が日本上陸 2019.1.28 自動車ニュース アウディ ジャパンは2019年1月28日、ハイパフォーマンスワゴン「RS 4アバント」の新型を発表し、販売を開始した。アウディのハイパフォーマンスモデルの開発拠点アウディ スポーツが手がけた、「A4」シリーズのトップパフォーマンスモデルとなる。
ホームへ戻る