新型「アウディRS 4アバント」が日本上陸

2019.01.28 自動車ニュース
新型アウディRS 4アバント
新型アウディRS 4アバント拡大

アウディ ジャパンは2019年1月28日、ハイパフォーマンスワゴン「RS 4アバント」の新型を発表し、販売を開始した。

 
新型「アウディRS 4アバント」が日本上陸の画像拡大
 
新型「アウディRS 4アバント」が日本上陸の画像拡大
 
新型「アウディRS 4アバント」が日本上陸の画像拡大

アウディRS 4アバントは、アウディのハイパフォーマンスモデルの開発拠点であるアウディスポーツが手がけた、「A4」シリーズのトップパフォーマンスモデルである。

パワーユニットには2.9リッターV6ツインターボエンジンを採用。最高出力450ps、最大トルク600Nmを発生するこのユニットは、従来モデルが搭載していた4.2リッターV8自然吸気エンジンよりも最大トルクが170Nmアップしている。トランスミッションはトルコン式の8段AT、駆動方式は4WDのクワトロで、リアアクスルには左右の駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルも装備。0-100km/h加速のタイムは4.1秒と公表されている。その一方で、アウディが「Bサイクル」と呼ぶミラーサイクル燃焼方式を用いることで、11.2km/リッター(従来モデルは8.0km/リッター、ともにJC08モード)という燃費性能も実現している。

かつて北米のモータースポーツシーンをにぎわせた「アウディ90クワトロIMSA GTO」からインスピレーションを得たというエクステリアデザインは、RSモデル専用のシングルフレームグリルや大型エアインレット、専用の前後バンパー、リアディフューザーを採用し、スポーティーさを強調。「アウディ・クワトロ」を想起させるというブリスターフェンダーも特徴のひとつで、標準モデルの「A4アバント」よりも全幅が25mm拡大している。

水平基調のデザインとしたインテリアには、ファインナッパレザーのスポーツシートやフラットボトムタイプのRS革巻きマルチファンクションスポーツステアリングホイール、RS専用シフトゲート、イルミネーション付きドアシルトリムなどを採用。デジタルメーターパネルの「アウディバーチャルコックピット」も標準装備する。

このほか「アウディプレセンスシティ」(歩行者検知機能付き自動ブレーキ)をはじめとした、先進のアシスタンスシステムも搭載する。

ステアリング位置は左右とも選択可能で、価格は1196万円。

(webCG)

関連キーワード:
RS 4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ RS 4アバント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6アバント40 TDI Sトロニック(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.12.11 試乗記 アウディのアッパーミドルセダン/ワゴンである「A6」シリーズ。そのディーゼルモデル「40 TDI」に本国ドイツで試乗。日本にも導入される予定の2リッターディーゼルターボ搭載車は、現行A6の本命と呼ぶにふさわしいモデルに仕上がっていた。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • MINIクーパー クラブマン(FF/7AT)【試乗記】 2020.1.6 試乗記 MINIのボディーをストレッチして、後席と荷室をサイズアップしたエステートモデル「クラブマン」がマイナーチェンジ。新しい外観と、新しいトランスミッションが採用された最新モデルは、より上質で洗練されたクルマに進化していた。
ホームへ戻る