フォルクスワーゲン、「ポロ」に新エンジン搭載モデルを導入

2019.01.29 自動車ニュース
フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン
フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年1月29日、コンパクトカー「ポロ」に気筒休止機能付きの新エンジン“1.5 TSI Evo”を初搭載した新グレード「TSI Rライン」を追加設定し、同日より販売すると発表した。

最高出力150ps、最大トルク250Nmを発生する気筒休止機能付き1.5リッター直4ターボエンジンを日本販売モデルで初めて搭載している。
最高出力150ps、最大トルク250Nmを発生する気筒休止機能付き1.5リッター直4ターボエンジンを日本販売モデルで初めて搭載している。拡大
エナジェティックオレンジメタリックのボディーカラー(有償オプション)を選択すると、インテリアも同色でコーディネートされる。
エナジェティックオレンジメタリックのボディーカラー(有償オプション)を選択すると、インテリアも同色でコーディネートされる。拡大

日本販売モデルで初採用となる“1.5 TSI Evo”と呼ばれるエンジンは、1.5リッター直4ターボユニットで、最高出力150ps、最大トルク250Nmを発生。気筒休止機能のアクティブシリンダーマネージメント“ATC”とコモンレール直噴技術の採用によって、パワフルな走りをもたらすという。トランスミッションはデュアルクラッチ式の、7段DSGを組み合わせる。

エクステリアでは、専用17インチホイールやツインエキゾーストフィニッシャー、前後のスポイラーやサイドスカートなどを装備するRラインパッケージを採用。有償オプションボディーカラーのリーフブルーメタリックもしくはエナジェティックオレンジメタリックを選択した場合は、ダッシュパッドとセンターコンソールがボディーカラーと同色になり、シートファブリックにもボディーカラーと同色のアクセントラインが入る。

ポロTSI Rラインの価格は298万円。

(webCG)

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ヴェゼル ツーリング・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.15 試乗記 ホンダのベストセラーSUV「ヴェゼル」に高性能グレード「ツーリング」が追加された。コンパクトなボディーを最高出力172psの1.5リッターVTECターボエンジンで操るうちに見えてきた、同車にとって最大のライバルとは!?
  • BMWアルピナD4ビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.2.14 試乗記 実に700Nmもの最大トルクを発生する、3リッター直6ディーゼルエンジンを搭載した「BMWアルピナD4ビターボ クーペ」。よどみない加速と繊細な乗り味に浸りながら、アルピナという小さな自動車メーカーが長年にわたり愛され続ける理由を考えた。
  • メルセデス・ベンツA180スタイル(FF/7AT)【試乗記】 2019.2.13 試乗記 メルセデス・ベンツの新世代デザインをまとい、華々しいデビューを飾った新型「Aクラス」。金看板の自然対話式インターフェイス「MBUX」を武器に、強豪ひしめくCセグメントの新たな盟主となることはできるのだろうか。
  • 第123回:タイヘンな盲点 2019.2.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第123回は「タイヘンな盲点」。「エコでサステイナブル、しかもメチャクチャカッコいい」と筆者絶賛の「BMW i8ロードスター」、しかし……。買ってみてわかった! 元i8オーナーが語るザンネンな点とは? 
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
ホームへ戻る