フォルクスワーゲン、「ポロ」に新エンジン搭載モデルを導入

2019.01.29 自動車ニュース
フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン
フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年1月29日、コンパクトカー「ポロ」に気筒休止機能付きの新エンジン“1.5 TSI Evo”を初搭載した新グレード「TSI Rライン」を追加設定し、同日より販売すると発表した。

最高出力150ps、最大トルク250Nmを発生する気筒休止機能付き1.5リッター直4ターボエンジンを日本販売モデルで初めて搭載している。
最高出力150ps、最大トルク250Nmを発生する気筒休止機能付き1.5リッター直4ターボエンジンを日本販売モデルで初めて搭載している。拡大
エナジェティックオレンジメタリックのボディーカラー(有償オプション)を選択すると、インテリアも同色でコーディネートされる。
エナジェティックオレンジメタリックのボディーカラー(有償オプション)を選択すると、インテリアも同色でコーディネートされる。拡大

日本販売モデルで初採用となる“1.5 TSI Evo”と呼ばれるエンジンは、1.5リッター直4ターボユニットで、最高出力150ps、最大トルク250Nmを発生。気筒休止機能のアクティブシリンダーマネージメント“ATC”とコモンレール直噴技術の採用によって、パワフルな走りをもたらすという。トランスミッションはデュアルクラッチ式の、7段DSGを組み合わせる。

エクステリアでは、専用17インチホイールやツインエキゾーストフィニッシャー、前後のスポイラーやサイドスカートなどを装備するRラインパッケージを採用。有償オプションボディーカラーのリーフブルーメタリックもしくはエナジェティックオレンジメタリックを選択した場合は、ダッシュパッドとセンターコンソールがボディーカラーと同色になり、シートファブリックにもボディーカラーと同色のアクセントラインが入る。

ポロTSI Rラインの価格は298万円。

(webCG)

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ポロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.4.23 試乗記 新型「フォルクスワーゲン・ポロ」のモデルラインナップに、1.5リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「TSI Rライン」が加わった。気筒休止機構やコースティング機構など最新のテクノロジーを手にデビューした、中間グレードの出来栄えやいかに!?
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.2.18 試乗記 フォルクスワーゲンのBセグメントコンパクト「ポロ」に、新エンジン「1.5 TSI Evo」を搭載したスポーティーな新グレード「TSI Rライン」が登場。かむほどに味が出る、ジャーマンコンパクトならではの走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン、「ポロ」に新エンジン搭載モデルを導入 2019.1.29 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年1月29日、コンパクトカー「ポロ」に気筒休止機能付きの新エンジン“1.5 TSI Evo”を初搭載した新グレード「TSI Rライン」を追カ設定し、同日より販売すると発表した。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
ホームへ戻る