グローバルで躍進を続ける
ボルボデザインの次なる挑戦【前編】

2019.02.01 デイリーコラム

刷新の予告編は大胆に始まった

2018年6月にワールドプレミアされた新型「S60」。2019年後半に日本導入を予定しているこのモデルをもって、新世代ボルボのラインナップがほぼ完成する。ほぼ完成と紹介したのは、これまで発表されたコンセプトカーの中で、もう1台、市販化が公表されていないコンパクトセダンの「ボルボ・コンセプト40.2」があるからだが、その話題は、もしもまた別の機会があれば、あらためてご紹介したい。

現在日本を含む全世界で販売されているボルボ各車のデザインを振り返ってみれば、2013年9月のフランクフルトモーターショーで発表されたコンセプトカー「ボルボ・コンセプトクーペ」がすべての始まりだったことに気づく。

それに先立つ2012年春、フォルクスワーゲングループのデザインセンター所長だったトーマス・インゲンラート氏がボルボにヘッドハンティングされ、同社のデザイン担当副社長(当時)に就任。新世代デザインの構築に着手した。

そこからの動きはスピーディーだった。翌2013年9月に、新しいデザイン言語を採用したボルボ・コンセプトクーペが登場し、ボルボのデザインの刷新を予告した。前後してエンジンはディーゼル/ガソリンとも4気筒以下のものしか作らないこと、そのエンジンをベースに電化を進めること、新しいプラットフォームである「スケーラブルプロダクトアーキテクチャー(SPA)」の導入も発表された。

往年の「P1800」を現代流に解釈し直したといわれるボルボ・コンセプトクーペのデザインは、P1800が2ドアクーペであったことから、ビッグクーペの登場を連想しそうだが、これは新しい世代を象徴するモデルとしてトップバッターとなった「XC90」のプレビューであったのだ。SUVのデザインプレビューだからといって、そのままSUVスタイルのデザインスタディーを発表しないところにひねりが効いている。

ボルボ・カーズのデザイン部門上級副社長、ロビン・ペイジ氏。1971年生まれの英国人だ。
ボルボ・カーズのデザイン部門上級副社長、ロビン・ペイジ氏。1971年生まれの英国人だ。拡大
ロビン・ペイジ氏の報道陣向けデザインセミナーは、ボルボスタジオ青山で行われた。イタリアのミラノに次ぐ、世界2番目となるコンセプトストアだ。
ロビン・ペイジ氏の報道陣向けデザインセミナーは、ボルボスタジオ青山で行われた。イタリアのミラノに次ぐ、世界2番目となるコンセプトストアだ。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ボルボXC40 T4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.3 試乗記 好評を博しているボルボのコンパクトSUV「XC40」。豊富なラインナップの中から、今回はベーシックな190ps仕様の上級グレード「T4 AWDインスクリプション」に試乗。東京-愛知を往復するロングドライブを通して、その出来栄えを体感した。
  • マツダCX-30(FF/6MT)/CX-30(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.7.17 試乗記 「CX-3」と「CX-5」の間に割って入る、マツダの新型クロスオーバー「CX-30」。国内での発売に先駆けてドイツ・フランクフルトで試乗した筆者は、激戦のSUV市場でも輝ける完成度の高さを感じたのだった。
  • ボルボXC40 T4 AWDモメンタム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.21 試乗記 あっさり完売してしまった「ボルボXC40」の導入記念モデル「T5 AWD R-DESIGNファーストエディション」に続き、カタログモデルの「T4 AWDモメンタム」に試乗することができた。装備“マシマシ”の記念モデルに対して、こちらはいわば“素”のモデル。その仕上がりやいかに?
  • プジョー508SWアリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.30 試乗記 「プジョー508」のステーションワゴン版「SW」に試乗。新型ではプジョー車から一時失われつつあったフランス車らしい美点が復活! さらに、かつては望むべくもなかったフランス車らしからぬ(?)先進性までもが備わっていたのだった。
ホームへ戻る