クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

普通車用ガソリンエンジンながら20km/リッターを実現!
まだ見ぬVWのパワーユニットを知る

2019.02.11 デイリーコラム

見た目よりもエンジンに注目

先日発売された「ポロTSI Rライン」が気になっている。エアロパーツなどによってスポーティーなデザインに仕上げた「Rライン」が日本のポロに初採用された……ということ以上に興味があるのが、新エンジンの「1.5 TSI evo」が日本で初めて搭載されたことだ。

この1.5 TSI evoは、その名前からも想像がつくように、排気量1.5リッターの直列4気筒直噴ターボエンジンで、最高出力150ps、最大トルク250Nmを誇る。フォルクスワーゲンが「アクティブシリンダーマネジメント(ACT)」と呼ぶ気筒休止機構を搭載しており、エンジン回転が低く、負荷が低い状況などで、第2および第3シリンダーの吸排気バルブを閉じたままにする2気筒運転を行うことで、燃費向上に貢献する。

“evo”(=evolution:進化)というくらいだから、当然、元になるエンジンがあるわけで、それが「EA211」と呼ばれるシリーズである。日本では、現行「ゴルフ」に搭載される1.4リッターターボの「1.4 TSI」や、1.2リッターターボの「1.2 TSI」がこれにあたる。「ゴルフTSIハイライン」の1.4 TSIは、1394ccの排気量から最高出力140ps、最大トルク250Nmを発生。気筒休止機構のACTも採用済みだ。これに対して1.5 TSI evoは、排気量を1497ccにアップして最高出力を10ps上乗せ。さらに、燃料噴射の圧力を350barに高めたり、エンジン内部の機械損失を低めたり、エンジンの熱管理を向上させたりして、高効率化を図った。1.5 TSI evoよりも“EA211 TSI evo”といったほうがわかりやすいかもしれない。

2019年1月29日に発売された「フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン」。
2019年1月29日に発売された「フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン」。拡大
「ポロTSI Rライン」に搭載される「1.5TSI evo」エンジン。気筒休止機構やコモンレール直噴テクノロジーが採用されている。
「ポロTSI Rライン」に搭載される「1.5TSI evo」エンジン。気筒休止機構やコモンレール直噴テクノロジーが採用されている。拡大

もっとスゴイのがあるんです

実はこの1.5 TSI evoは、ヨーロッパではすでに現行ゴルフなどにも採用され、ガソリンエンジンの主力になりつつある。一方、日本ではEA211の1.4 TSIがそのまま継続採用されており、ゴルフへの搭載はフルモデルチェンジ後の“ゴルフ8”までお預けになりそう。そんな状況下で、話題性のある新エンジンを出し惜しみせず、先行してポロに採用してきたというのが、なんともフォルクスワーゲンらしいところである。

そうなると次の興味は、1.5 TSI evoのさらなるハイテク版がいつ日本に登場するか、ということになる。これが「1.5 TSI ACTブルーモーション」と呼ばれる新エンジンで、1.5 TSI evoにミラーサイクル燃焼方式や可変ジオメトリーターボ(VTG)を組み合わせることで燃費をさらに向上させている。ヨーロッパではすでにこのエンジンを搭載する「ゴルフ1.5 TSI ACTブルーモーション」が販売されていて、アクセルペダルを戻したときに惰力で走行を続けるコースティング時に、完全にエンジンをオフにする「エココースティング機構」を採用。その実現のために、12Vのリチウムイオンバッテリーを用いた「マイクロハイブリッド」を搭載するなど、徹底して燃費を追求するのがフォルクスワーゲンの“ブルーモーション”なのである。

1.5 TSI evoとともに、そのさらに上を行く1.5 TSI ACTブルーモーションが次期ゴルフに搭載されることをファンとしては期待したいところだが、これらの新しいガソリンエンジンに加えて、ディーゼルエンジンのTDIやプラグインハイブリッド、さらにはEVがラインナップされることだろう。パワートレインの選択がますます難しくなるのがうれしくもあり、悩ましくもある。

(文=生方 聡/写真=フォルクスワーゲン/編集=藤沢 勝)

本国ドイツではすでに販売されている「ゴルフ1.5 TSI ACTブルーモーション」。欧州複合モードの燃費値は5.0リッター/100km(20km/リッター)。コースティング中の電力をまかなうためのコンパクトなリチウムイオンバッテリーが搭載されている。
本国ドイツではすでに販売されている「ゴルフ1.5 TSI ACTブルーモーション」。欧州複合モードの燃費値は5.0リッター/100km(20km/リッター)。コースティング中の電力をまかなうためのコンパクトなリチウムイオンバッテリーが搭載されている。拡大
「1.5 TSI evo」のさらなる進化版といえる「1.5 TSI ACTブルーモーション」エンジンには、ミラーサイクル燃焼方式や可変ジオメトリーターボといった技術が採用されている、
「1.5 TSI evo」のさらなる進化版といえる「1.5 TSI ACTブルーモーション」エンジンには、ミラーサイクル燃焼方式や可変ジオメトリーターボといった技術が採用されている、拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フォルクスワーゲン の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。