ルノー・日産とWaymoが自動運転で提携!?
業界を揺るがすウワサ話から開発競争の今を読み解く

2019.02.13 デイリーコラム

突然湧いた巨大提携のウワサ

カルロス・ゴーン氏の逮捕から約3カ月、ルノー・日産アライアンスに関する報道は絶え間なく続いている。クーデター、解任、交渉難航、関係見直し、政府介入など愉快とは言い難い単語ばかりが並ぶが、突如として毛色の違う情報が飛び出した。

「Waymo(ウェイモ)と自動運転で提携か」

第一報が出たのは2019年2月5日。日経新聞をはじめ、各社報道によれば「提携に向けて協議」「来春にも発表」といったことのようだ。これは公式発表ではなく、広報担当者が否定したとの報道もあるが、逆境にいるルノー・日産が何とかして市場の空気を変えたいと思っていることは間違いないだろう。

ただ、この報道が真実ならば、自動運転を巡る攻防は新展開に入る。矢沢永吉が手放し運転するCMを放映するくらい自動運転に熱心な日産にとって、Waymoとの提携はどんな意味があるのだろうか。

渦中のWaymoとは、2009年に始まったグーグルの自動運転プロジェクトから誕生した企業だ。グーグルは2015年にアルファベットという持ち株会社を設立しており、現在はWaymoもグーグルもアルファベットの子会社という位置づけになる。

新興企業だけに軽く見られがちだが、技術的にはあなどれない。カリフォルニア自動車局が2016年に発表したデータによると、年間の総走行距離はWaymoが約64万マイル(約103万km)とダントツに長い。GMクルーズや日産はWaymoよりも2ケタ少なく、ダイムラーやBMWやフォードに至っては3ケタ違いの1000マイル未満であった。2017年のデータではWaymoが約35万マイルに減少し、GMクルーズが約13万マイルに急伸しているが、それでも差は大きい。

このあたりに開発思想の違いを感じる。自動車業界は安全を重んじて完成度を追求するが、IT業界ではアジャイル思考が強い。つまり、ある程度の完成度に達したら動かしてみて、運用しながら磨き上げていくという発想だ。ウェブサービスにβ版は珍しくない。

「ルノー・日産アライアンスと提携か」というスクープが報じられたWaymo。グーグルの自動運転プロジェクトから発展したアメリカの企業だ。
「ルノー・日産アライアンスと提携か」というスクープが報じられたWaymo。グーグルの自動運転プロジェクトから発展したアメリカの企業だ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事