チャンピオンシップとドライバーマーケットに見る
F1世界選手権“3強支配”の実情

2019.02.15 デイリーコラム

トップ3チームで「80%」という現実

「クラスB」、あるいは「ベスト・オブ・ザ・レスト」――2018年シーズンのF1でよく使われたキーワードだ。

メルセデスが5年連続ダブルタイトルを獲得し、ルイス・ハミルトンが史上3人目の5冠を達成。シーズン前半はフェラーリ&セバスチャン・ベッテルがシルバーアローを苦しめ、また後半になるとレッドブル&マックス・フェルスタッペンが息を吹き返した。そんな昨季のGPの一面として、これら3強とその他チームとの圧倒的な力の差があった。

全21レースを戦い、トップ3チームが獲得した合計ポイント数は「1645点」(メルセデス655点、フェラーリ571点、レッドブル419点)。対してコンストラクターズランキング4位のルノーから下、7チームすべてのポイントを足しても「417点」にしかならない。つまり、年間総ポイント数の80%近くを、3強が奪ってしまったことになる。

実際の戦績をみてもその傾向は明らか。3強以外で表彰台に立ったのは、第4戦アゼルバイジャンGPでセルジオ・ペレスのフォースインディアが記録した1回のみ。それ以前に同じく3強以外のウィナーが出たのは、キミ・ライコネンがロータスをドライブして勝利した2013年までさかのぼらなければならない。アクシデントやトラブルを抜きにしたら、表彰台はおろか、6位までの順位は3強の6台でほぼ占められてしまうと言っても過言ではなかった。

3強とその他の歴然たる格差は、スポーツカーレースのような「異なるクラス」が存在しているかのようにも見える。「クラスB」あるいは「ベスト・オブ・ザ・レスト」という言葉が、それを象徴していた。

F1ではおカネの話はタブーとされ、具体的な金額が世に出てくることはめったにないがゆえに、2017年12月に英国モータースポーツ専門誌『AUTOSPORT』電子版が伝えた、各チームの2017年の予算や分配金についての記事は貴重な手がかりとなる。同記事によると、パワーユニットを除く年間予算は最多のフェラーリで約500億円、最も少ないチームはフォースインディアで約140億円。メルセデス(写真)のスタッフは860人(パワーユニット部門を除く)、ハース225人、トロロッソ400人と、いずれも大きな開きがあることがわかる。F1のオーナーである米リバティ・メディアは、F1を商業的成功に導くために各陣営の競争力を接近させレースを盛り上げたいところで、2021年にはチーム予算に上限を設ける「バジェットキャップ」を導入する予定。しかし、打ち出された約165億円という支出上限額に対してトップチームからの同意を得るのはそう簡単ではなく、段階的導入に向けて協議が続けられている。(Photo=Mercedes)
F1ではおカネの話はタブーとされ、具体的な金額が世に出てくることはめったにないがゆえに、2017年12月に英国モータースポーツ専門誌『AUTOSPORT』電子版が伝えた、各チームの2017年の予算や分配金についての記事は貴重な手がかりとなる。同記事によると、パワーユニットを除く年間予算は最多のフェラーリで約500億円、最も少ないチームはフォースインディアで約140億円。メルセデス(写真)のスタッフは860人(パワーユニット部門を除く)、ハース225人、トロロッソ400人と、いずれも大きな開きがあることがわかる。F1のオーナーである米リバティ・メディアは、F1を商業的成功に導くために各陣営の競争力を接近させレースを盛り上げたいところで、2021年にはチーム予算に上限を設ける「バジェットキャップ」を導入する予定。しかし、打ち出された約165億円という支出上限額に対してトップチームからの同意を得るのはそう簡単ではなく、段階的導入に向けて協議が続けられている。(Photo=Mercedes)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事