大事なのは信頼関係の回復!
ヒビの入ったルノー・日産アライアンスの処方箋

2019.02.18 デイリーコラム

“ケンカ腰”はもうやめよう

2019年の2月14日と15日、ルノーのジャンドミニク・スナール新会長が来日し、日産自動車の西川廣人社長、三菱自動車の益子 修会長兼CEOらと会談を行った。スナール会長と西川社長が顔を合わせるのは、1月31日~2月1日にオランダ・アムステルダムで行われたアライアンスの定例会議に続き、これが2度目。具体的な内容については明らかにされていないが、建設的な話し合いとなったことを期待するばかりである。

20年にわたりルノー・日産アライアンスを主導していたカルロス・ゴーン氏が、金融商品取引法違反の容疑で逮捕されたのが2018年11月。当初は、ルノーがゴーン氏の会長兼CEO解任をしぶったり、日産が臨時株主総会の開催要請を拒否したりとツノを突き合わせていたが、ここに来てようやくその流れが変わってきた。拘留の長期化を理由に、ルノーがゴーン氏の職を解いたのがきっかけだ。最近では、ゴーン氏の退職金(約37億円だとか)を支払わない意向を示すなど、氏に対するルノーの態度もすっかり硬化。容疑が確定する前に、本人不在でこうした流れが決まっていく様にはそら寒いものを感じるが、ルノーと日産の間に矛を収め、足並みをそろえる雰囲気が出てきたことは歓迎すべきだろう。

そもそも、“アライアンス維持”の意向は両陣営で共通しているのだし、傲岸(ごうがん)不遜な態度は避けて、いいかげん「これからのこと、どないしましょ?」という話をすべきだ。風雲急を告げる自動車業界において、単独で生きていけるほどの力はどちらも持っていないのだから。

カルロス・ゴーン氏に代わってルノーの会長に就任したジャンドミニク・スナール氏。ミシュランのCEOなどを歴任してきた財界人である。
カルロス・ゴーン氏に代わってルノーの会長に就任したジャンドミニク・スナール氏。ミシュランのCEOなどを歴任してきた財界人である。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事