今度の7代目は買いなのか?
新型「スバル・レガシィ」に思うこと

2019.02.22 デイリーコラム

サイズとデザインは好印象

シカゴモーターショーでベールを脱いだ次期型7代目「レガシィ」(セダン)。現時点で分かっていることは限られているが、“スバリスト”目線の偏った(?)感想を述べさせていただく。

まずはエクステリア。基本的にはキープコンセプトなので違和感はなく、洗練度を増した印象を受ける。ボディーサイズは意外と肥大化しておらず、日本仕様の現行型「レガシィB4」と比べて、全長が40mm伸びただけだ。ホイールベースは2750mmで現行型と変わらず。前後のオーバーハングが伸びたということになるが、プラットフォームはもちろん新世代のSGP(スバルグローバルプラットフォーム)で、全面刷新。ボディー骨格を組み立ててからアウターパネルを溶接するフルインナーフレーム構造が初めて採用されるなど、これまでのSGP車から一歩踏み込んだものになっている。

歴代レガシィを乗り継いでいるユーザーからは、「フロントまわりからAピラーにかけてのデザインに名車の誉れ高い4代目モデルの面影がある」と評されるなど、筆者の知る範囲では、おおむね現行型より好評だ。リアビューについては「現行型『インプレッサG4』に酷似」との声もあるが、同じブランドのセダンのデザインが似たものになるのは世界的な傾向でもある。

レガシィは5代目モデルで肥大化と北米市場への傾注が明らかとなり、現行型の6代目では、レガシィの代名詞でもあった「ツーリングワゴン」が消滅。パワートレインからはターボエンジンとMTがなくなり、日本仕様は6気筒も設定されなくなったことで、「良くも悪くも4代目モデルまでのレガシィとは別のクルマになった」と認識するスバリストは多い。

レガシィに、昔のような過激な類いのスポーツ性を求める向きには「レヴォーグ」と「WRX S4」がその受け皿になっていることもあって、レガシィに対してある意味“諦めの境地”に達してしまったファンも少なくない。しかし、次期型はボディーサイズの拡大が最小限だったことと、デザインに4代目モデルを思い出させてくれる部分が見られるのは、サプライズともいえるうれしいポイントだ。

7代目となる新型「スバル・レガシィ」は2019年2月7日(現地時間)、シカゴモーターショーの会場で世界初公開された。
7代目となる新型「スバル・レガシィ」は2019年2月7日(現地時間)、シカゴモーターショーの会場で世界初公開された。拡大
六角形のグリルやコの字型のヘッドランプなど、これまでの意匠も引き継がれている。
六角形のグリルやコの字型のヘッドランプなど、これまでの意匠も引き継がれている。拡大
新型「レガシィ」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4840×1840×1500mm。全長が若干伸びた以外は従来モデルと変わらない。
新型「レガシィ」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4840×1840×1500mm。全長が若干伸びた以外は従来モデルと変わらない。拡大
こちらは、2003年にデビューした4代目「レガシィ」(セダン)。その面影が最新型にも見られるという声が聞かれるが、いかが?
こちらは、2003年にデビューした4代目「レガシィ」(セダン)。その面影が最新型にも見られるという声が聞かれるが、いかが?拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る