【ジュネーブショー2019】ランボが「ウラカンEVO」のオープントップモデルを初公開

2019.02.27 自動車ニュース
ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー
ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー拡大

伊ランボルギーニは2019年2月26日(現地時間)、第89回ジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日)で「ウラカンEVOスパイダー」を世界初公開すると発表した。

 
【ジュネーブショー2019】ランボが「ウラカンEVO」のオープントップモデルを初公開の画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】ランボが「ウラカンEVO」のオープントップモデルを初公開の画像拡大

ウラカンEVOスパイダーは「クーペ」に続く、ウラカンEVO第2のボディーバリエーションとなるオープントップモデルである。

電動油圧式の軽量ソフトトップは、センターコンソールのボタンで操作が可能となっており、開閉に要する時間はそれぞれ17秒。また、50km/h以下であれば、走行時にも操作が可能だ。オープン時にはボディーと同色のフィンがルーフケースからシートバックに向かって伸び、リアへとつながるラインを形成。車高の低い外観を強調するほか、フィン間に設けられたダクトが風の巻き込みを抑制する。

エアロダイナミクス性能の高さも自慢で、最大ダウンフォース量と空力効率は第1世代の「ウラカン・スパイダー」の5倍以上に向上。5倍以上という数字はオープン時でも変わらないと説明されている。

パワーユニットなどはウラカンEVOと同様で、搭載される5.2リッターV10自然吸気エンジンは最高出力640ps、最大トルク600Nmを発生。0-100km/h加速と0-200km/h加速に要する時間はそれぞれ3.1秒と9.3秒、最高速は325km/hと公表されている。

すでに日本でも先行受注が開始されており、価格は3282万7602円(税抜き)。

(webCG)

関連キーワード:
ウラカン スパイダー, ランボルギーニ, モーターショー, ジュネーブモーターショー2019, 自動車ニュース

ランボルギーニ ウラカン スパイダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.20 試乗記 モデルライフ半ばの改良が施された、イタリアンスーパースポーツ「ランボルギーニ・ウラカン」。最新型のオープンバージョンに試乗した筆者は、マイナーチェンジという言葉では言い尽くせない劇的な進化に驚かされたのだった。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー/アヴェンタドールSVJロードスター 2019.3.6 画像・写真 伊ランボルギーニは2019年3月5日(現地時間)、V10エンジン搭載の「ウラカンEVOスパイダー」とV12エンジン搭載の「アヴェンタドールSVJロードスター」を、ジュネーブモーターショー発表。それぞれを写真で紹介する。
  • 日産ノート オーラNISMOプロトタイプ(FF)【試乗記】 2021.8.17 試乗記 日産自慢の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「ノート オーラ」に「NISMO」バーションが登場。レースで培ったノウハウを注ぎ込み、匠(たくみ)と呼ばれる開発ドライバーが磨きをかけたというそのパフォーマンスを、同社のテストコースで確かめた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノM(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.21 試乗記 今や少数派となったリトラクタブルハードトップを採用する2+2シーター「フェラーリ・ポルトフィーノM」に試乗。マラネッロの開発陣が磨きをかけたパワートレインやシャシーの仕上がりを中心に、先代「ポルトフィーノ」からの進化を探ってみた。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー(前編) 2020.12.6 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー」に試乗。箱根のワインディングロードで感じ取ったその長所と短所を、余すところなく語りつくす!
ホームへ戻る