『CG classic』Vol.02発売!

2019.02.28 From Our Staff
『CG classic』Vol.02
『CG classic』Vol.02拡大

『CG classic』Vol.02発売!

ヒストリックカーの魅力に正面から向き合った渾身(こんしん)の一冊『CG classic』Vol.02の巻頭特集は「4気筒ポルシェが吠えた時代。」。ドイツのポルシェミュージアムから飛来した「550スパイダー」と第2回日本グランプリを制した「904カレラGTS」の、超豪華2台をリポートします。(カーグラフィック編集部)

-----------------------------------------------------------

『CG classic』Vol.02

発行:株式会社カーグラフィック
定価:2000円+税
A4変形/平とじ/132ページ

アマゾンで買う

-----------------------------------------------------------

巻頭特集は「4気筒ポルシェが吠えた時代。」。ドイツのポルシェミュージアムから飛来した「550 1500RS スパイダー」と第2回日本グランプリを制した「904カレラGTS」の超豪華競演。
巻頭特集は「4気筒ポルシェが吠えた時代。」。ドイツのポルシェミュージアムから飛来した「550 1500RS スパイダー」と第2回日本グランプリを制した「904カレラGTS」の超豪華競演。拡大
タルガ・フローリオに出走したアルピーヌ・ワークスの「A110ベルリネット プロトタイプ」とシャシーナンバー1番の「アルピーヌM63」という2台のフレンチロケットを丸一日存分に走らせた。
タルガ・フローリオに出走したアルピーヌ・ワークスの「A110ベルリネット プロトタイプ」とシャシーナンバー1番の「アルピーヌM63」という2台のフレンチロケットを丸一日存分に走らせた。拡大
カロッツェリア黄金期に誰よりも多くのデザインを供給しながら、今まであまり語られることのなかったジョヴァンニ・ミケロッティの人物像に迫ります。
カロッツェリア黄金期に誰よりも多くのデザインを供給しながら、今まであまり語られることのなかったジョヴァンニ・ミケロッティの人物像に迫ります。拡大
創刊号の『CG classic』。
創刊号の『CG classic』。拡大

『CG classic』という誌名をご存じだろうか?

株式会社カーグラフィックから出ているヒストリックカーのムック、いわば『CG』誌のクラシックカーバージョンで、現状、刊行は年1回。そのVol.02が2月26日、発売になった。Vol.01、つまり創刊号は1957年と61年の2台の「フェラーリ250GT」の記事がトップを飾っていたが、今号では1955年の550スパイダーと1964年の904カレラGTSという2台の4気筒レーシングポルシェのロードインプレッションとヒストリーを、16ページで取り上げている。

さらに、「A110」と「M63」から成るすこぶる歴史的価値の高いアルピーヌのサーキットをメインとした試乗、「MGB」「スパイダー デュエット」「フェアレディ2000」の3台による60年代のオープンスポーツ乗り比べ、さらにはアメリカンレーシングスピリット満載の「シェルビーGT350」をワインディングロードに駆り立てるなど、多彩な試乗記を掲載。

それに加えて、今年創立100年を迎えたシトロエンの歴史と魅力を探り、多作で知られるスタイリングデザイナー、ジョヴァンニ・ミケロッティの人物像に迫り、BMCミニと同時期に日本から登場した初代和製ミニ、「スズライトTL」の誕生秘話を取材。イタリアのルイジ・マカルーゾ・コレクションを訪ね、ヒストリックカーイベントのコッパ・ディ東京に出場するなど、読み物も豊富。

というわけで、1950~70年代のヒストリックカーに興味をお持ちの読者諸兄は、ぜひ『CG classic』を手に取ってみてください。

(CG classic編集長 吉田 匠)

あなたにおすすめの記事
新着記事