クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

開幕直前!
ジュネーブモーターショー2019の見どころは?

2019.03.04 デイリーコラム

例年以上に盛り上がる予感

2019年のジュネーブモーターショーは、3月5日のプレスデーにて開幕する。最近のモーターショーには、「メーカー側が参加するショーを吟味している」という傾向がある。つまり、すべてのモーターショーに均等に力を入れるのではなく、重要なところとそうでないところを選んでいるのだ。場合によっては参加を見合わせることもある。

例えば一昨年のフランクフルトショーは、日産と三菱、プジョー、FCAなどが欠席した。東京モーターショーからも、いくつかの海外ブランドの姿が見えなくなっているのが現状だ。また、昨年秋のパリモーターショーも、いまひとつ盛り上がりに欠けた。そうした中で、もともと高かった存在感が、相対的にさらに高まっているように思えるのがジュネーブモーターショーだ。ジュネーブのあるスイスには主だった自動車メーカーが存在しないため、ほとんどの自動車メーカーにとって、ホームではないけれど、アウェーでもない。いわば中立の地のモーターショーとなるのだ。つまり「欧州のモーターショー=ジュネーブモーターショー」ということで、「欧州マーケットにアピールするならジュネーブで!」という雰囲気になるのではないかと筆者は考えている。

実際に今年も、ドイツ勢にフランス勢、イタリア勢、日本勢が、満遍なく参加しており、しかも多くがワールドプレミアを用意している様子。今年のジュネーブモーターショーは、例年以上に盛り上がるのではないだろうか。

それでは、現時点で明らかになっている主な出展車両を紹介しよう。

一番張り切っているように見えるのがダイムラーで、多くのニューモデルを用意する。メルセデス・ベンツからは新型の「CLAシューティングブレーク」と「Vクラス」に加えて、電気自動車(EV)のコンセプトモデル「EQV」や改良型の「GLC」を出展。スマートからは「フォーイーズ+」を展示する。さらに、将来のフォーミュラE参戦をにらんだショーカーも発表するという。量産モデルにコンセプトカー、レーシングカーまでそろえたゴージャスな内容だ。

2018年のジュネーブモーターショーで世界初公開された「フェラーリ488ピスタ」。
2018年のジュネーブモーターショーで世界初公開された「フェラーリ488ピスタ」。拡大
2019年は「メルセデス・ベンツGLC」のマイナーチェンジモデルのお披露目が予告されている。
2019年は「メルセデス・ベンツGLC」のマイナーチェンジモデルのお披露目が予告されている。拡大
2020年には全車EV化されることが明らかになっているスマート。「フォーイーズ+」はその道筋を明確に示すというコンセプトモデルだ。
2020年には全車EV化されることが明らかになっているスマート。「フォーイーズ+」はその道筋を明確に示すというコンセプトモデルだ。拡大

スーパースポーツは欠かせない

アウディは「Q4 e-tron」を、フォルクスワーゲンは「デューンバギー」を出展。どちらも電動車のコンセプトだ。また、BMWはマイナーチェンジした「7シリーズ」を披露するという。ポルシェは「次世代『マカン』はEVになる」とアナウンスした直後だけに、何かしらのサプライズを期待したい。

フランス勢の目玉はプジョーの新型「208」だろう。日本でも「205」「206」などがヒットしたコンパクトプジョーだけに、その出来栄えに注目だ。シトロエンは、キュートなEVの「AMI ONEコンセプト」とキャンピングカーの「スペースツアラー シトロエニストコンセプト」を出品。どちらもシトロエンらしいユニークさが満点だ。また、ルノーの人気モデル「クリオ(日本名:ルーテシア)」の新世代モデルも登場する。208とクリオというベストセラーカーが同時にデビューするというのは興味深いところだ。

さらに、フェラーリはV8搭載モデルの新型車「F8トリブート」を、ランボルギーニは「ウラカンEVOスパイダー」をお披露目するとそれぞれ発表。やはりジュネーブにはスーパースポーツが欠かせない。

新型「プジョー208」もデビュー。先に登場した「508」と同様、ヘッドランプにライオンの爪あとをモチーフとした意匠が施されている。
新型「プジョー208」もデビュー。先に登場した「508」と同様、ヘッドランプにライオンの爪あとをモチーフとした意匠が施されている。拡大
日本では「ルーテシア」としておなじみの「ルノー・クリオ」も新型に。フロントマスクは現行「メガーヌ」とそっくり。
日本では「ルーテシア」としておなじみの「ルノー・クリオ」も新型に。フロントマスクは現行「メガーヌ」とそっくり。拡大
フェラーリの最新モデル「F8トリブート」もお披露目される。搭載される3.9リッターV8ツインターボエンジンの最高出力は720ps。
フェラーリの最新モデル「F8トリブート」もお披露目される。搭載される3.9リッターV8ツインターボエンジンの最高出力は720ps。拡大

日本勢も豪華ラインナップ

日本勢は、トヨタ、ホンダ、日産、マツダ、スバル、三菱がそれぞれワールドプレミアを用意する。海外で日系ブランドがこれほどそろって出品するのは、最近では珍しい。

トヨタはホットハッチの「カローラGRスポーツ」とクロスオーバーの「カローラ トレック」の2台を出品。ホンダは、新しいEV「ホンダe」のプロトタイプを、日産はクロスオーバーの「ニッサンIMQコンセプト」を持ち込む。マツダでは、新世代商品群第2弾となる新型SUVに注目だ。スバルは「ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」、三菱は「エンゲルベルク ツアラー」と、それぞれコンセプトカーを出品すると発表。量産モデルとコンセプトがそろう、華のあるラインナップだ。

開幕前にわかっているだけでも充実の内容である。しかも、開幕してみれば必ずサプライズがあるのがモーターショーの常。今年のジュネーブは、いつになく面白そうな予感が漂っている。

(文=鈴木ケンイチ/写真=ダイムラー、グループPSA、ルノー、フェラーリ、本田技研工業、スバル/編集=藤沢 勝)

2019年内に生産が始まるという「ホンダe」のプロトタイプモデルも登場。過去に披露されていたコンセプトモデルから、形がほとんど変わっていない。
2019年内に生産が始まるという「ホンダe」のプロトタイプモデルも登場。過去に披露されていたコンセプトモデルから、形がほとんど変わっていない。拡大
スバルのコンセプトカー「ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」。ティザー画像のシルエットからは、クーペタイプのように見える。
スバルのコンセプトカー「ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」。ティザー画像のシルエットからは、クーペタイプのように見える。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。