開幕直前!
ジュネーブモーターショー2019の見どころは?

2019.03.04 デイリーコラム

例年以上に盛り上がる予感

2019年のジュネーブモーターショーは、3月5日のプレスデーにて開幕する。最近のモーターショーには、「メーカー側が参加するショーを吟味している」という傾向がある。つまり、すべてのモーターショーに均等に力を入れるのではなく、重要なところとそうでないところを選んでいるのだ。場合によっては参加を見合わせることもある。

例えば一昨年のフランクフルトショーは、日産と三菱、プジョー、FCAなどが欠席した。東京モーターショーからも、いくつかの海外ブランドの姿が見えなくなっているのが現状だ。また、昨年秋のパリモーターショーも、いまひとつ盛り上がりに欠けた。そうした中で、もともと高かった存在感が、相対的にさらに高まっているように思えるのがジュネーブモーターショーだ。ジュネーブのあるスイスには主だった自動車メーカーが存在しないため、ほとんどの自動車メーカーにとって、ホームではないけれど、アウェーでもない。いわば中立の地のモーターショーとなるのだ。つまり「欧州のモーターショー=ジュネーブモーターショー」ということで、「欧州マーケットにアピールするならジュネーブで!」という雰囲気になるのではないかと筆者は考えている。

実際に今年も、ドイツ勢にフランス勢、イタリア勢、日本勢が、満遍なく参加しており、しかも多くがワールドプレミアを用意している様子。今年のジュネーブモーターショーは、例年以上に盛り上がるのではないだろうか。

それでは、現時点で明らかになっている主な出展車両を紹介しよう。

一番張り切っているように見えるのがダイムラーで、多くのニューモデルを用意する。メルセデス・ベンツからは新型の「CLAシューティングブレーク」と「Vクラス」に加えて、電気自動車(EV)のコンセプトモデル「EQV」や改良型の「GLC」を出展。スマートからは「フォーイーズ+」を展示する。さらに、将来のフォーミュラE参戦をにらんだショーカーも発表するという。量産モデルにコンセプトカー、レーシングカーまでそろえたゴージャスな内容だ。

2018年のジュネーブモーターショーで世界初公開された「フェラーリ488ピスタ」。
2018年のジュネーブモーターショーで世界初公開された「フェラーリ488ピスタ」。拡大
2019年は「メルセデス・ベンツGLC」のマイナーチェンジモデルのお披露目が予告されている。
2019年は「メルセデス・ベンツGLC」のマイナーチェンジモデルのお披露目が予告されている。拡大
2020年には全車EV化されることが明らかになっているスマート。「フォーイーズ+」はその道筋を明確に示すというコンセプトモデルだ。
2020年には全車EV化されることが明らかになっているスマート。「フォーイーズ+」はその道筋を明確に示すというコンセプトモデルだ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事