BMWアルピナD4ビターボ クーペ(前編)

2019.03.07 谷口信輝の新車試乗 ドイツの小さな自動車メーカー・アルピナが開発した、高性能ディーゼルモデル「BMWアルピナD4ビターボ クーペ」。今回初めて対面した谷口信輝には、どんな印象を与えたのか? 同社のヒストリーを交えつつリポートする。

知る人ぞ知る名門

「あれ、これなんて読むんですか?」

BMWアルピナD4ビターボを目の前にして、谷口信輝がそう尋ねた。私が「アルピナです」と応えると、「ああ、ちょっとアルピーヌと似ていますよね」と口にした。どうやら、谷口はあまりアルピナについて詳しくないようである。

アルピナ・ブルカルト・ボーフェンジーペン有限&合資会社(以下、アルピナ社と記す)が設立されたのは1965年のこと。社名にもあるブルカルト・ボーフェンジーペンが創業者であり、彼と息子のアンドレアスおよびフロリアンが株式を所有する家族会社でもあった。

ブルカルト・ボーフェンジーペンの父は事務機メーカーを営んでいたが、ブルカルトは「BMW 1500」のエンジンにウェーバーのツインチョークキャブレターを装着した仕様の開発に着手。このエンジンがBMWからも高く評価され、BMWの保証が適用されることになる。これに自信を得たブルカルトは前述のアルピナ社を設立。創業間もない頃に生まれたエンブレムには、ウェーバーのツインチョークを象徴する2本のエアファンネル、それに洗練されたサスペンションを意味するスプリングのイラストがあしらわれた。

アルピナの名が広く知られるようになったのはモータースポーツがきっかけで、1968年よりツーリングカーレースに参戦。デレック・ベル、ジェームズ・ハント、ジャッキー・イクス、ニキ・ラウダ、ハンス・シュトックといった当代一流のドライバーを起用し、1960年代後半から1970年代半ばまでに数々の成功をおさめた。1970年代後半にはコンプリートカーを次々と開発。中でも当時の「BMW 5シリーズ」をベースとした「B7ターボ」は最高出力300psのパワフルなエンジンを搭載する一方で、アルピナがチューンしたシャシーはスポーティーなハンドリングと洗練された乗り心地を両立しており、日本をはじめとして世界中に多くのファンを生み出すこととなった。

 
BMWアルピナD4ビターボ クーペ(前編)の画像拡大
 
BMWアルピナD4ビターボ クーペ(前編)の画像拡大
 
BMWアルピナD4ビターボ クーペ(前編)の画像拡大
 
BMWアルピナD4ビターボ クーペ(前編)の画像拡大

【BMWアルピナD4ビターボ クーペのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4640×1825×1370mm/ホイールベース:2810mm/車重:1680kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ディーゼル ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:350ps(257kW)/4000rpm/最大トルク:700Nm(71.4kgm)/1500-3000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y(後)265/35ZR19 98Y(ミシュラン・パイロットスポーツ2)/燃費:17.0km/リッター(JC08モード)/価格:1140万円

 

【取材時の燃費データ】
テスト距離:223.6km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:18.5リッター(軽油)/参考燃費:12.1km/リッター(満タン法)、12.7km/リッター(車載燃費計計測値)


	【BMWアルピナD4ビターボ クーペのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4640×1825×1370mm/ホイールベース:2810mm/車重:1680kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ディーゼル ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:350ps(257kW)/4000rpm/最大トルク:700Nm(71.4kgm)/1500-3000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y(後)265/35ZR19 98Y(ミシュラン・パイロットスポーツ2)/燃費:17.0km/リッター(JC08モード)/価格:1140万円

	 

	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:223.6km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:18.5リッター(軽油)/参考燃費:12.1km/リッター(満タン法)、12.7km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
D4, BMWアルピナ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD4ビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.2.14 試乗記 実に700Nmもの最大トルクを発生する、3リッター直6ディーゼルエンジンを搭載した「BMWアルピナD4ビターボ クーペ」。よどみない加速と繊細な乗り味に浸りながら、アルピナという小さな自動車メーカーが長年にわたり愛され続ける理由を考えた。
  • BMW X3 M40d(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.15 試乗記 最高出力326psの3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する「BMW X3 M40d」に試乗。BMW Mが手がけた高性能ディーゼルと、同社がスポーティーなチューンを施したというシャシーの組み合わせを味わってみた。
  • ボルボV60 T8 Twin Engine AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.2.19 試乗記 日本導入を間近に控えた「ボルボV60」の最上級モデル「T8 Twin Engine AWD」に、本国スウェーデンで試乗。前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動するパワフルなプラグインハイブリッド機構は、雪の上でどのような走りを見せるのか?
  • ランドローバー・ディスカバリーHSEラグジュアリー(ディーゼル)(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.14 試乗記 どんなに代を重ねようとも、出自はオフロード1丁目1番地。ブランド設立から四駆一筋70年もの歴史を持つランドローバー自慢の4WD性能を試すために、「ディスカバリー」のディーゼルモデルで冬の信州路を走った。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
ホームへ戻る