BMWアルピナD4ビターボ クーペ(後編)

2019.03.14 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が、「BMWアルピナD4ビターボ クーペ」に試乗。700Nmもの最大トルクを発生する高性能クーペといえど、“惜しいところ”があるという。その懸念点とは何なのか?

ポイントは差動装置

まずはアルピナの歴史を振り返るところから始まった「谷口信輝の新車試乗――BMWアルピナD4ビターボ クーペ編」。その後編では、いつものとおり箱根のワインディングロードで試乗した印象を詳しく語ってもらうことにしよう。
「ディーゼルにしては回転フィールが滑らかだし、いかにもディーゼルらしく低回転域からモリモリとトルクが湧いてきますね。でも、エンジンのパワーとトルクがすごいのに、ディファレンシャルギアがオープンだから、コーナリング中にパワーをかけるとリアの内輪がものすごい勢いで“内かき”する。つまり、せっかくのパワーが効率よく路面に伝えられていないんです。おかげで、そういう走りをすると電子デバイスが効きっぱなしになっちゃう。これだけパワーとトルクがあるのなら、最低でもビスカスカップリングかトルセンを使ったリミテッドスリップデフを搭載しないと、せっかくのトルクが生かされませんよ」

うーん、なるほど、そこか。実はアルピナ自身もそのことは気がついているようで、D4ビターボにもオプションでリミテッドスリップデフを用意している。もっとも、20年ほど前に創業者のブルカルト・ボーフェンジーペンをインタビューしたことのある私は、彼らが目指しているのはあくまでも「ハイパフォーマンスなラグジュアリーモデル」であって、「パフォーマンスを徹底追求したスポーツモデル」ではないことを知っている。リミテッドスリップデフを標準装備ではなく、あえてオプション設定としたのも、そうした背景があるからのように思えて仕方がない。

では、アルピナ自慢の乗り心地はどうだったのか? ちなみに試乗車は「ミシュラン・パイロットスポーツ2」(前:245/35ZR19、後:265/35ZR19)を装着していた。
「乗り心地は悪くないですよ。そんなにガチガチに固められているわけではないので。でもね……」

でも、なんだったのだろうか?
「足の動き方にどこか古さを感じちゃうんですよね。

 
BMWアルピナD4ビターボ クーペ(後編)の画像拡大
 
BMWアルピナD4ビターボ クーペ(後編)の画像拡大
 
BMWアルピナD4ビターボ クーペ(後編)の画像拡大
 
BMWアルピナD4ビターボ クーペ(後編)の画像拡大

【BMWアルピナD4ビターボ クーペのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4640×1825×1370mm/ホイールベース:2810mm/車重:1680kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ディーゼル ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:350ps(257kW)/4000rpm/最大トルク:700Nm(71.4kgm)/1500-3000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y(後)265/35ZR19 98Y(ミシュラン・パイロットスポーツ2)/燃費:17.0km/リッター(JC08モード)/価格:1140万円


【取材時の燃費データ】
テスト距離:223.6km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:18.5リッター(軽油)/参考燃費:12.1km/リッター(満タン法)、12.7km/リッター(車載燃費計計測値)


	【BMWアルピナD4ビターボ クーペのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4640×1825×1370mm/ホイールベース:2810mm/車重:1680kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ディーゼル ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:350ps(257kW)/4000rpm/最大トルク:700Nm(71.4kgm)/1500-3000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y(後)265/35ZR19 98Y(ミシュラン・パイロットスポーツ2)/燃費:17.0km/リッター(JC08モード)/価格:1140万円

	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:223.6km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:18.5リッター(軽油)/参考燃費:12.1km/リッター(満タン法)、12.7km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
D4, BMWアルピナ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD4ビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.2.14 試乗記 実に700Nmもの最大トルクを発生する、3リッター直6ディーゼルエンジンを搭載した「BMWアルピナD4ビターボ クーペ」。よどみない加速と繊細な乗り味に浸りながら、アルピナという小さな自動車メーカーが長年にわたり愛され続ける理由を考えた。
  • BMWアルピナXD3(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.21 試乗記 アルピナの商品群において、数少ないSUVの一台である「XD3」。控えめを旨とするアルピナが手がけると、ディーゼルエンジンを積むSUVはどのようなクルマに仕上がるのか? 最大トルク700Nmの豪快さと、繊細なドライブフィールが織り成す妙味を楽しんだ。
  • メルセデス・ベンツC200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.13 試乗記 大幅な改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」において、フラッグシップモデルとなるのが「C200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド」。新たなマイルドハイブリッド機構が搭載されたパワートレインは、どんな走りをもたらしたのか?
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • メルセデスAMG C63 S(FR/9AT)/AMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.17 試乗記 急速にラインナップを充実させつつある、メルセデスのハイパフォーマンスブランドAMG。その中核を占める2台のスーパーセダン「C63 S」「E63 S 4MATIC+」にサーキットでむちをあて、日常走行ではわからない実力に触れた。
ホームへ戻る