【ジュネーブショー2019】フォルクスワーゲンがバギータイプのEV「ID. BUGGY」を発表

2019.03.05 自動車ニュース
ID. BUGGY
ID. BUGGY拡大

独フォルクスワーゲンは2019年3月4日(現地時間)、スイス・ジュネーブで行われるジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日)の開催に合わせ、バギータイプの電動コンセプトモデル「ID. BUGGY(アイディーバギー)」を世界初公開した。

 
【ジュネーブショー2019】フォルクスワーゲンがバギータイプのEV「ID. BUGGY」を発表の画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】フォルクスワーゲンがバギータイプのEV「ID. BUGGY」を発表の画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】フォルクスワーゲンがバギータイプのEV「ID. BUGGY」を発表の画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】フォルクスワーゲンがバギータイプのEV「ID. BUGGY」を発表の画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】フォルクスワーゲンがバギータイプのEV「ID. BUGGY」を発表の画像拡大

モチーフは60年代の「デューンバギー」

ID. BUGGYは、フォルクスワーゲンの電気自動車(EV)用プラットフォーム「エレクトリックドライブマトリックス(MEB)」をベースとしたEVのコンセプトモデルであり、1960年代に米カリフォルニアで流行したビーチバギー「デューンバギー」をモチーフにした、ルーフもドアも持たないスタイリングを特徴としている。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4063×1890×1463mmで、ホイールベースは2650mm。240mmの最低地上高を確保しており、前後に18インチのBFグッドリッチ製ラフロードタイヤを装着している。

車両のフロアに搭載されるリチウムイオンバッテリーの容量は62kWhで、リアに搭載される最高出力204ps(150kW)、最大トルク310Nmの電動モーターを駆動。動力性能については、0-100km/h加速が7.2秒、最高速が160km/h(電子リミッター作動)とアナウンスされている。

一充電走行可能距離はWLTPモード計測で250km、4輪駆動を実現するため、フロントアクスルにも電気モーターを設置できるという。

(webCG)

関連キーワード:
フォルクスワーゲン, モーターショー, ジュネーブモーターショー2019, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事