【ジュネーブショー2019】新型コンパクトSUV「マツダCX-30」がデビュー

2019.03.06 自動車ニュース
マツダCX-30
マツダCX-30拡大

マツダは2019年3月5日(現地時間)、スイス・ジュネーブで開催中の第89回ジュネーブモーターショーにおいて、新型コンパクトクロスオーバーSUV「マツダCX-30」を世界初公開した。

 
【ジュネーブショー2019】新型コンパクトSUV「マツダCX-30」がデビューの画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】新型コンパクトSUV「マツダCX-30」がデビューの画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】新型コンパクトSUV「マツダCX-30」がデビューの画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】新型コンパクトSUV「マツダCX-30」がデビューの画像拡大

CX-30は、“魂動デザイン”と呼ばれるマツダのデザインテーマを具体化したスタイルと、SUVらしい力強さを融合させたという、新たなコンパクトクロスオーバー。「日々の生活の中で、大切な人と新しい発見や刺激を感じ、人生を豊かに過ごしてほしいとの思いを込めて開発した」という。

セリングポイントとしては、大人4人がゆったりと座れる空間と使い勝手の良いパッケージング、セダンやハッチバックよりも高い車高がもたらす視認性や乗降性の良さ、小回りが利くボディーサイズによる運転のしやすさなどが挙げられている。

メカニズムでは、マツダの車両構造技術「スカイアクティブビークルアーキテクチャー」や圧縮着火型ガソリンエンジン「スカイアクティブX」が見どころ。これら新世代技術の採用により、走る・曲がる・止まるといったクルマの基本性能を飛躍的に向上させたとアピールされる。

マツダの新たな基幹車種となるCX-30。2019年の夏以降、欧州を皮切りに、世界の市場で順次販売がスタートする。

(webCG)

「マツダCX-30」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
CX-30, マツダ, ジュネーブモーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ 2017.9.14 画像・写真 ナッパレザーのシートや本杢(ほんもく)の装飾パネル、2列目シートのセンターコンソールボックスなどで上質感を表現。「マツダCX-8」の上級グレード「XD Lパッケージ」のディテールを、写真でリポートする。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.6.3 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」に新たに設定された、新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデル。マツダが誇る最新のシャシーとエンジンの組み合わせは、どんな走りを見せるのか? 4WDモデルでその出来栄えを確かめた。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.3.30 試乗記 さらなる高みを目指し、発売後も惜しみなく製品の改良を続けるというマツダ。その基本方針と車両の進化を確かめるべく、3列シートSUV「CX-8」の最新モデルに試乗した。販売の半数以上を占めるというディーゼルモデルの印象を報告する。
  • ダイハツが小型トールワゴン「トール」をマイナーチェンジ 予防安全・運転支援装置を強化 2020.9.15 自動車ニュース ダイハツがトールワゴン型のコンパクトカー「トール」をマイナーチェンジ。内外装のデザインを変更したほか、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールや電動パーキングブレーキを採用するなど、機能・装備の強化を図っている。
ホームへ戻る