プジョー、「207」シリーズの仕様・装備を変更

2011.06.27 自動車ニュース

プジョー、「207」シリーズの仕様・装備を変更

プジョー・シトロエン・ジャポンは、「207」シリーズの仕様・装備を見直すとともにモデルラインナップを変更し、2011年7月1日に発売すると発表した。

2007年に日本に導入された「プジョー207」シリーズは、ハッチバック、ステーションワゴンの「SW」、クーペカブリオレの「CC」の3種類のボディバリエーションをもつ。このうち今回小変更を受けたのは、ハッチバックとSWの2モデルだ。

ハッチバックは、エントリーグレード「Style」の装備充実が注目のポイント。エクステリアには、アルミ調のフロントグリル、フォグランプ、ボディカラー同色のクロームストリップ入りサイドモールが、インテリアには革巻きステアリングホイールが新たに追加され、内外装の質感アップが図られた。ESPも標準搭載となる。価格は従来モデルから据え置きの設定。

また「Cielo」は、シート素材が従来のハーフレザーからファブリックと人工皮革を組み合わせた素材へと変更されたほか、パノラミックガラスルーフが新たに採用され、価格は従来モデル比20万円安に設定された。スポーティグレードの「GT」は、革巻きスポーツステアリングホイールを装備するほか、ホイールデザインなどを変更。価格は従来比6万円安の設定とされた。グレードは従来の「Premium」がなくなり、「Style」「Cielo」「GT」の3グレード構成となった。

SWには、新たにエントリーグレードの「Style」が追加された。上位グレードの「Premium」は、アルミ調のフロントグリル、ファブリック&人工皮革を組み合わせたシート素材が採用され、価格が従来モデルより9万円安く設定された。

なお、パワートレインに変更はなく、「GT」は1.6リッターターボ(156ps、24.5kgm)と6段MTが搭載され、その他のモデルでは、1.6リッターNA(120ps、16.3kgm)に4段ATが組み合わされる。

207シリーズの価格は、以下の通り。

・207 Style(ファブリック内装):199万円
・207 Cielo(ファブリック/人工皮革内装):229万円
・207GT(ファブリック/人工皮革内装):260万円
・207SW Style(ファブリック内装):225万円
・207SW Premium(ファブリック/人工皮革内装):245万円
・207CC Premium(ファブリック内装):299万円
・207CC Griffe(インテグラルレザー内装):334万円

(webCG 曽宮)

「プジョー207 Style」
「プジョー207 Style」 拡大
「プジョー207SW Style」
「207」シリーズのボディカラーは、新色の「オアシス・ブルー」、「モレロ・ブラック」を含む全9色が用意される。
「プジョー207SW Style」
「207」シリーズのボディカラーは、新色の「オアシス・ブルー」、「モレロ・ブラック」を含む全9色が用意される。
拡大

関連キーワード:
207, プジョー, 207シリーズ, 自動車ニュース

プジョー 207 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • プジョー308アリュールBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.3.6 試乗記 プジョーのハッチバック車「308」がマイナーチェンジ。1.5リッターディーゼルターボエンジンに8段ATを組み合わせた、新たなパワートレインを手にした。効率性と環境性能、そして高いドライバビリティーを追い求めたという、その出来栄えやいかに!?
  • ジュネーブショー2019の会場から(プジョー) 2019.3.13 画像・写真 プジョーは第89回ジュネーブモーターショーに、コンパクトハッチバック「208」の新型や、そのEVバージョン「e-208」、ワゴン「508SWハイブリッド」などを出展した。同ブランドのブースを写真で紹介する。
  • 【ジュネーブショー2019】プジョー、初公開2台を含む全展示車が電動化モデルに 2019.3.4 自動車ニュース 仏プジョーは、スイス・ジュネーブで開催されるジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日))において、新型「208」とプジョースポールの名を冠した「508」の新たな高性能電化スポーツコンセプトを世界初公開する。
  • BMW 118d(FF/8AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.7.22 試乗記 BMWのエントリーモデル「1シリーズ」が、FFのプラットフォームを用いた3代目にフルモデルチェンジ。駆動方式の変更に際してBMWがこだわったポイントとは? BMWの“おひざ元”であるドイツ・ミュンヘンで、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る