ベントレーが「コンチネンタルGT」にV8モデルを追加設定

2019.03.19 自動車ニュース
ベントレー・コンチネンタルGT V8(右)、同コンチネンタルGT V8コンバーチブル(左)
ベントレー・コンチネンタルGT V8(右)、同コンチネンタルGT V8コンバーチブル(左)拡大

英ベントレーは2019年3月18日(現地時間)、V8エンジンを搭載した第3世代の「コンチネンタルGT V8」(クーペ)と「コンチネンタルGT V8コンバーチブル」を発表した。

V8モデルは、フロントフェンダーに「V8」のエンブレムを装着している。
V8モデルは、フロントフェンダーに「V8」のエンブレムを装着している。拡大
「ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル」。左右デュアルの4本出しテールフィニッシャーを採用しているのがV8モデルの証しとなる。
「ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル」。左右デュアルの4本出しテールフィニッシャーを採用しているのがV8モデルの証しとなる。拡大
ベントレー・コンチネンタルGT V8(右)、同コンチネンタルGT V8コンバーチブル(左)
ベントレー・コンチネンタルGT V8(右)、同コンチネンタルGT V8コンバーチブル(左)拡大

両モデルとも搭載されるのは4リッターのV8ツインターボで、最高出力550ps、最大トルク770Nmを発生させる。停車時にエンジンを自動で停止/始動させるエンジンストップ/スタートテクノロジーのほか、低負荷走行時に4気筒を休止させ燃料消費を削減するシリンダー休止システムも採用。約804km(500マイル)の航続距離を確保しているとベントレーは説明している。

パフォーマンスは、クーペが0-100km/h加速4.0秒、コンバーチブルは同4.1秒となり、最高速度は両モデルとも318km/hという実力を持つ。

フロントフェンダーに「V8」のエンブレムが入り、左右デュアルの4本出しマフラーを採用。標準で20インチサイズのホイールを装着しているのが、6リッターW12エンジン搭載モデルとのエクステリア上の差異となる。

2019年第3四半期に北米市場でのデリバリーを開始し、その他の地域では2020年の第1四半期から順次納車を行う予定だという。

(webCG)

関連キーワード:
コンチネンタルGT, コンチネンタルGTコンバーチブル, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー コンチネンタルGT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.11.29 試乗記 新開発された「MSB」プラットフォームを採用する新型「ベントレー・コンチネンタルGT」の実力を探るべく、高速道~ワインディングロードへと連れ出した。一新されたシャシーと4WDシステムは、ラグジュアリー2ドアクーペにどんな走りをもたらすのか?
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.20 試乗記 3代目に生まれ変わった「ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル」に試乗。ブランド創立からの起伏に富んだ100年を乗り越えた、ベントレーの高度なエンジニアリングの神髄に触れた。
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.9 試乗記 新世代プラットフォームをもとに、一から新開発された3代目「ベントレー・コンチネンタルGT」が、いよいよデリバリー開始となった。日本導入を記念し設定された「ファーストエディション」から、その進化を確認していこう。
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.11.1 試乗記 ベントレーの4ドアサルーン「フライングスパー」がフルモデルチェンジ。豪華なグランドツアラーでありながら“スポーツセダン”を名乗る新型は、そのうたい文句では伝え切れないほどの楽しさを味わわせてくれた。
ホームへ戻る