ベントレーが「コンチネンタルGT」にV8モデルを追加設定

2019.03.19 自動車ニュース
ベントレー・コンチネンタルGT V8(右)、同コンチネンタルGT V8コンバーチブル(左)
ベントレー・コンチネンタルGT V8(右)、同コンチネンタルGT V8コンバーチブル(左)拡大

英ベントレーは2019年3月18日(現地時間)、V8エンジンを搭載した第3世代の「コンチネンタルGT V8」(クーペ)と「コンチネンタルGT V8コンバーチブル」を発表した。

V8モデルは、フロントフェンダーに「V8」のエンブレムを装着している。
V8モデルは、フロントフェンダーに「V8」のエンブレムを装着している。拡大
「ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル」。左右デュアルの4本出しテールフィニッシャーを採用しているのがV8モデルの証しとなる。
「ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル」。左右デュアルの4本出しテールフィニッシャーを採用しているのがV8モデルの証しとなる。拡大
ベントレー・コンチネンタルGT V8(右)、同コンチネンタルGT V8コンバーチブル(左)
ベントレー・コンチネンタルGT V8(右)、同コンチネンタルGT V8コンバーチブル(左)拡大

両モデルとも搭載されるのは4リッターのV8ツインターボで、最高出力550ps、最大トルク770Nmを発生させる。停車時にエンジンを自動で停止/始動させるエンジンストップ/スタートテクノロジーのほか、低負荷走行時に4気筒を休止させ燃料消費を削減するシリンダー休止システムも採用。約804km(500マイル)の航続距離を確保しているとベントレーは説明している。

パフォーマンスは、クーペが0-100km/h加速4.0秒、コンバーチブルは同4.1秒となり、最高速度は両モデルとも318km/hという実力を持つ。

フロントフェンダーに「V8」のエンブレムが入り、左右デュアルの4本出しマフラーを採用。標準で20インチサイズのホイールを装着しているのが、6リッターW12エンジン搭載モデルとのエクステリア上の差異となる。

2019年第3四半期に北米市場でのデリバリーを開始し、その他の地域では2020年の第1四半期から順次納車を行う予定だという。

(webCG)

関連キーワード:
コンチネンタルGT, コンチネンタルGTコンバーチブル, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー コンチネンタルGT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.11 試乗記 ベントレーの高性能グランドツアラー「コンチネンタルGT」に、V8エンジン搭載車が登場。その走りは、3代続いたこのモデルの成功をあらためて実感させるパフォーマンスに満ちていた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.11.29 試乗記 新開発された「MSB」プラットフォームを採用する新型「ベントレー・コンチネンタルGT」の実力を探るべく、高速道~ワインディングロードへと連れ出した。一新されたシャシーと4WDシステムは、ラグジュアリー2ドアクーペにどんな走りをもたらすのか?
  • 最高出力700PS! 「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド」の最新モデルが日本上陸 2020.10.20 自動車ニュース ポルシェジャパンは2020年10月20日、「パナメーラ」シリーズのプラグインハイブリッドモデル「パナメーラ ターボS Eハイブリッド」および「パナメーラ4 Eハイブリッド」のマイナーチェンジモデルの国内導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。
  • ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.24 試乗記 車両本体価格2408万円。「ポルシェ・カイエン」シリーズのトップに君臨するのが「カイエン ターボS Eハイブリッド」だ。4リッターのV8ツインターボエンジンをモーターが加勢する、強力無比なプラグインハイブリッドシステムの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る