第28回:アルファ・ロメオ・ステルヴィオ(前編)

2019.03.27 カーデザイナー明照寺彰の直言
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ拡大

イタリアの名門、アルファ・ロメオがリリースしたブランド初のSUV「ステルヴィオ」。そのデザインに込められたメーカーと市場の本音とは? ブランドの命運を賭けて送り出された新世代アルファのデザインを、現役の自動車デザイナーが語る。

ブランド初のSUVとして、2016年のロサンゼルスモーターショーで世界初公開された「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」。日本では2018年6月に販売が開始された。
ブランド初のSUVとして、2016年のロサンゼルスモーターショーで世界初公開された「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」。日本では2018年6月に販売が開始された。拡大
「ステルヴィオ」のサイドビュー。凹凸の組み合わせや、ショルダーラインの傾き具合など、そのデザインは「ジュリア」に準じたものだ。
「ステルヴィオ」のサイドビュー。凹凸の組み合わせや、ショルダーラインの傾き具合など、そのデザインは「ジュリア」に準じたものだ。拡大
「ステルヴィオ」より一足早くデビューしたFRセダンの「ジュリア」。ステルヴィオとは基本コンポーネンツを共有している。
「ステルヴィオ」より一足早くデビューしたFRセダンの「ジュリア」。ステルヴィオとは基本コンポーネンツを共有している。拡大
2012年に登場した「F30」こと6代目「BMW 3シリーズ」。
2012年に登場した「F30」こと6代目「BMW 3シリーズ」。拡大
ポルシェのラージサイズSUV「カイエン」。現在、同社のSUVやセダン、ワゴンは、いずれも「911」のモチーフを取り入れたデザインとなっている。
ポルシェのラージサイズSUV「カイエン」。現在、同社のSUVやセダン、ワゴンは、いずれも「911」のモチーフを取り入れたデザインとなっている。拡大

顔以外はいたってフツー

明照寺彰(以下、明照寺):アルファ・ロメオのステルヴィオですけれど、顔以外は“フツーのスポーティーなSUV”ですよね。

永福ランプ(以下、永福):そうなんですよ! アルファなのは顔だけで。

明照寺:実車を見ると、ショルダーのラインがやたら強くて、その下のドア面が多少弱いかなという気がしますが、それは確信犯的にやっているのかもしれません。「ジュリア」もそうですから。

永福:サイドのエッジの入れ方は、基本的にジュリアと同じですよね。というか、このエッジの形状は、非常にBMWっぽく見えるわけですが……。

明照寺:まあ、そうはいっても、破綻はないし、まとまってるのかなという感じです。リアシートもそれなりに余裕があるし、荷室も奥行きが結構あるので、使えそうに思えました。

永福:明照寺さん、アルファに対して「あんまり使えない」という先入観があるからじゃないですか(笑)。

明照寺:リアガラスの下端がめちゃめちゃ高いので、後方視界は最悪でしょうけど、「車庫入れのときはバックカメラを見て」ということなんでしょうね。それより問題だと感じるのは、デザインの主張というか、「これからのアルファ・ロメオってこうなるんだ」といった部分があまり感じられないことです。このクルマだけじゃなく、ジュリアもそうなんですけど。

永福:そう! アルファのアイデンティティーは顔だけに残して、あとは売れセンのデザインで行くぞ、というのが主張のように感じます。

明照寺:例えば、ジャガーは切り落とされたようなリアまわりのデザインを、全車種共通で採用しています。ポルシェの「マカン」や「カイエン」は、伝統的な「911」のモチーフを使っていますし、レクサスはグリルから始まる大胆な面構成がシャープで、ブランドのキャラクターを出しています。特にプレミアムブランドは、ブランドそのものの方向性がないと、なかなか認知が難しいわけです。

ほった:ステルヴィオはそれが弱いんですね。ジュリアも。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る