第37回:三菱eKクロス(前編)

2019.06.19 カーデザイナー明照寺彰の直言
三菱eKクロス
三菱eKクロス拡大

三菱最新のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」の採用により、当代きっての“ド迫力マスク”を手に入れた「三菱eKクロス」。そのデザインのキモに、兄弟車「日産デイズ」や同門のミニバン「三菱デリカD:5」との比較を通して迫る。

「eKクロス」は、日産・三菱連合が送り出した軽ハイトワゴン4兄弟の1台。現行型から設定された「三菱eK」シリーズの新顔で、SUV風のデザインが特徴となっている。
「eKクロス」は、日産・三菱連合が送り出した軽ハイトワゴン4兄弟の1台。現行型から設定された「三菱eK」シリーズの新顔で、SUV風のデザインが特徴となっている。拡大
明照寺:「今回の主役は『eKクロス』なんですね。標準車の『eKワゴン』じゃなくて」
永福:というか、『eKワゴン』のデザインって憶えてます?
ほった:こんなデザイン(写真参照)ですよ。
明照寺:「今回の主役は『eKクロス』なんですね。標準車の『eKワゴン』じゃなくて」
	永福:というか、『eKワゴン』のデザインって憶えてます?
	ほった:こんなデザイン(写真参照)ですよ。拡大
上から順に、「三菱eKクロス」「ダイハツ・ムーヴ カスタム」「スズキ・ワゴンR」「ホンダN-WGNカスタム」。
ほった:「『eKクロス』だけ写真だったり、『ワゴンR』だけカスタム仕様じゃないことはご容赦ください」
上から順に、「三菱eKクロス」「ダイハツ・ムーヴ カスタム」「スズキ・ワゴンR」「ホンダN-WGNカスタム」。
	ほった:「『eKクロス』だけ写真だったり、『ワゴンR』だけカスタム仕様じゃないことはご容赦ください」拡大

サイドビューに見るライバルとの違い

明照寺彰(以下、明照寺):今回は「eKワゴン」ではなく、eKクロスがテーマなんですよね?

ほった:はい。そっちのほうが盛り上がりそうなので(笑)。

永福ランプ(以下、永福):いやぁ、eKクロスはデザイン界の台風の目ですから!

明照寺:まあそうですよね(笑)。それぐらいeKクロスのインパクトが強いってことなんでしょうけど。

永福:超強烈です!

明照寺:このクルマが属する軽ハイトワゴンは、トールワゴンと並ぶ“軽の王道”で、各社が製品を投入していますよね。そこでライバルを横向きに並べてみたんですが……。

永福:うわっ、真横から見ると、どれがどれだかわからない。

ほった:そうですか? これが「ダイハツ・ムーヴ」で、これが「スズキ・ワゴンR」、これが「ホンダN-WGN」でしょ? N-WGNはもうすぐ新型になっちゃいますが。

永福:ほった君すごい! さすがはモテないカーマニア!

明照寺:まずは顔まわりではなく全体のフォルムの話をしますけど、このセグメントの中では、日産デイズとeKクロスは、結構スポーティーだというのが第一印象です。

永福:走りそうなフォルムですよね。

明照寺:デイズとeKシリーズにはクオーターガラスがない。それだけでスポーティーな印象になりますし、ムーヴやワゴンRに比べると、全体に豊かな形状をしています。特にリアフェンダーまわりは、このクラスの軽らしからぬ質感が出ています。でもリアシートのスライド量はすごくありますし、室内を非常に広く使える。造形と室内空間のバランスの取れた、優れたパッケージなんじゃないでしょうか。

ほった:なるほど。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

三菱 eKクロス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペース/eKクロス スペース 2020.2.6 画像・写真 三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」がフルモデルチェンジ。新たに設定されたクロスオーバータイプの「eKクロス スペース」も合わせて、その姿を写真で詳しく紹介する。
  • 三菱eKスペースG(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.13 試乗記 フルモデルチェンジで2代目に進化した、三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」に試乗。内外装の質感向上や装備の充実に加え、後席の居住性や利便性を追求したという新型の仕上がりを市街地と高速道路を舞台に確かめた。
  • 三菱eKクロス スペースT(FF/CVT)【試乗記】 2020.6.25 試乗記 三菱の新たな軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」に試乗。まずは迫力満点のフロントマスクに目が行ってしまうが、肝心の使い勝手はどうなのか。あれこれいじってみるとともに、ワインディングロードにも持ち込んでみた。
  • ダイハツ・タフトGターボ(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.29 試乗記 ダイハツが満を持して市場投入した新型軽クロスオーバー「タフト」。カクカクとしたデザインや開放的なガラスルーフなどが注目を集める同車だが、ライバルに対する真のアドバンテージはどこにあるのか? ターボ付きの最上級グレードに試乗し、その実力を確かめた。
  • 新型「三菱eKスペース/eKクロス スペース」登場! ところで最強のライバルに勝てるんですか? 2020.2.12 デイリーコラム 三菱の新型軽乗用車「eKスペース/eKクロス スペース」がデビュー。軽スーパーハイトワゴンカテゴリーを席巻するあのクルマに、果たして勝つことはできるのだろうか。三菱のスタッフを直撃した。
ホームへ戻る