第37回:三菱eKクロス(前編)

2019.06.19 カーデザイナー明照寺彰の直言
三菱eKクロス
三菱eKクロス拡大

三菱最新のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」の採用により、当代きっての“ド迫力マスク”を手に入れた「三菱eKクロス」。そのデザインのキモに、兄弟車「日産デイズ」や同門のミニバン「三菱デリカD:5」との比較を通して迫る。

「eKクロス」は、日産・三菱連合が送り出した軽ハイトワゴン4兄弟の1台。現行型から設定された「三菱eK」シリーズの新顔で、SUV風のデザインが特徴となっている。
「eKクロス」は、日産・三菱連合が送り出した軽ハイトワゴン4兄弟の1台。現行型から設定された「三菱eK」シリーズの新顔で、SUV風のデザインが特徴となっている。拡大
明照寺:「今回の主役は『eKクロス』なんですね。標準車の『eKワゴン』じゃなくて」
永福:というか、『eKワゴン』のデザインって憶えてます?
ほった:こんなデザイン(写真参照)ですよ。
明照寺:「今回の主役は『eKクロス』なんですね。標準車の『eKワゴン』じゃなくて」
	永福:というか、『eKワゴン』のデザインって憶えてます?
	ほった:こんなデザイン(写真参照)ですよ。拡大
上から順に、「三菱eKクロス」「ダイハツ・ムーヴ カスタム」「スズキ・ワゴンR」「ホンダN-WGNカスタム」。
ほった:「『eKクロス』だけ写真だったり、『ワゴンR』だけカスタム仕様じゃないことはご容赦ください」
上から順に、「三菱eKクロス」「ダイハツ・ムーヴ カスタム」「スズキ・ワゴンR」「ホンダN-WGNカスタム」。
	ほった:「『eKクロス』だけ写真だったり、『ワゴンR』だけカスタム仕様じゃないことはご容赦ください」拡大

サイドビューに見るライバルとの違い

明照寺彰(以下、明照寺):今回は「eKワゴン」ではなく、eKクロスがテーマなんですよね?

ほった:はい。そっちのほうが盛り上がりそうなので(笑)。

永福ランプ(以下、永福):いやぁ、eKクロスはデザイン界の台風の目ですから!

明照寺:まあそうですよね(笑)。それぐらいeKクロスのインパクトが強いってことなんでしょうけど。

永福:超強烈です!

明照寺:このクルマが属する軽ハイトワゴンは、トールワゴンと並ぶ“軽の王道”で、各社が製品を投入していますよね。そこでライバルを横向きに並べてみたんですが……。

永福:うわっ、真横から見ると、どれがどれだかわからない。

ほった:そうですか? これが「ダイハツ・ムーヴ」で、これが「スズキ・ワゴンR」、これが「ホンダN-WGN」でしょ? N-WGNはもうすぐ新型になっちゃいますが。

永福:ほった君すごい! さすがはモテないカーマニア!

明照寺:まずは顔まわりではなく全体のフォルムの話をしますけど、このセグメントの中では、日産デイズとeKクロスは、結構スポーティーだというのが第一印象です。

永福:走りそうなフォルムですよね。

明照寺:デイズとeKシリーズにはクオーターガラスがない。それだけでスポーティーな印象になりますし、ムーヴやワゴンRに比べると、全体に豊かな形状をしています。特にリアフェンダーまわりは、このクラスの軽らしからぬ質感が出ています。でもリアシートのスライド量はすごくありますし、室内を非常に広く使える。造形と室内空間のバランスの取れた、優れたパッケージなんじゃないでしょうか。

ほった:なるほど。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 第37回:三菱eKクロス(前編) 2019.6.19 カーデザイナー明照寺彰の直言 三菱最新のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」の採用により、当代きっての“ド迫力マスク”を手に入れた「三菱eKクロス」。そのデザインのキモに、兄弟車「日産デイズ」や同門のミニバン「三菱デリカD:5」との比較を通して迫る。
  • 三菱eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.5 試乗記 派手なフロントマスクにばかり目が行きがちだが、「三菱eKクロス」は中身にもそこかしこに配慮の行き届いた、使い勝手のいい軽乗用車だ。気になる走行性能や先進運転支援システムの出来栄えなどをリポートする。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • 第38回:三菱eKクロス(後編) 2019.6.26 カーデザイナー明照寺彰の直言 この“顔”はスポーツカーにもよく似合う!? SUV風のデザインが目を引く、三菱の新しい軽乗用車「eKクロス」。迫力満点のフロントマスク「ダイナミックシールド」の特徴とアドバンテージを、現役の自動車デザイナー明照寺彰が語る。
ホームへ戻る